公安は他国の諜報機関と組んでいる。一般的に、各国の諜報機関同士は連携関係があり、お互いを同盟国だと認識している場合にはその関係は密になる。日本の場合はカウンターパートとなれる諜報機関がないため、公安がその役割を担っているが、公安の役割は他国の諜報機関とは多少異なる。

日本の公安が他国でどのような活動をしているかは分からないが、警察組織の予算と公安組織の構成上それが大きな部分を占めることはまずない。国内における諜報活動が基本である。

一方で、公安のカウンターパートである諜報機関も日本国内で活動し、公安と連絡を持っている。在外大使館に勤務をしている公安畑の警察職員もいるので、彼らを通して諜報機関とコンタクトできるが、彼らは在外勤務をしているだけであり、諜報活動が主たる活動ではないので、彼らが自らの能力で獲得する情報は限られており、彼らは情報を交換するというよりは情報を受け取るだけの立場にある。

そうなると、公安は日本国内にある情報を他国の諜報機関に提供し、見返りとして海外の治安情報を得る。それは他国の諜報機関の情報がタダで手に入れられないからであり、ギブアンドテイクとして何かの情報を渡す必要がある。

ただし、日本国内の治安情報には限度があり、その情報が海外で利用できるケースは限られている。結果として、公安は日本国内において他国の諜報機関と共同オペレーションをするか、あるいは他国の諜報機関の日本国内における犯罪的問題を見過ごす。

ギブアンドテイクの考え方自体は真実を含んでいるが、それによって日本はより多くを失っている。公安はギブアンドテイクの名の下、国民の生命ですら他国に売っている。諜報機関が日本人を殺してもギブアンドテイクという名目で他国のスパイは訴追から逃れられる。それでは本質的には治安が悪化する。

しかし、治安のために一部の国民が犠牲になることは問題がないと公安が考えているからこそ、多くの国民が犠牲になっている。ここまで来ると、公安が考えている治安はどういう内実があり、どのような権利を守るために公安が存在しているかが分からなくなる。

 警察はそういう問題に直面する度に取り締まる方法がないと言うが、それは真実ではない。スパイを微罪で抑えるのは他国では一般的に行われており、それが諜報活動を抑制する端緒になる。日本でスパイの問題が起こる際は北朝鮮の問題であることが多いが、それは北朝鮮の問題が多いからであると同時に、CIAの問題が表に出ないからでもある。

そして、警察はその両方の諜報活動に対して自らの行動に制限を掛けている。それはギブアンドテイクのためであり、あるいは犯罪者を泳がせるためである。ただし、それがギブアンドテイクになっているかどうかは怪しく、何十年も泳がせるのは泳がせているのではなく、自由にさせているのと変わらないが、それを泳がせていると呼べば、警察はちゃんと仕事をしていることになる。

 このギブアンドテイクはもっとひどい結果をも生み出す。例えば、暗殺が起こったとする。日本でも暗殺は十分に起こっているが、それがうまく嵌まればほぼ事故にしか見えず、誰かの責任を問うのは難しい。しかし、それでも警察はそれが事故でないことを知っていたりする。とは言え、表面上は事故であり、暗殺の計画実行を正確に追究しない限りは、それを犯罪として挙げるのは難しい。その意味では警察の言い分にも一理あり、しっかりとした法律がないから暗殺が起こるとなる。

 ただし、それは警察が他国の諜報機関を自由にさせた結果でもある。警察はそこにスパイがいるのを最初から知っており、彼らの中に暗殺の能力を持つ人がいるのを知っており、にも関わらず、彼らの言い分は暗殺だと正確に究明できないところに問題があるとなる。

その考え方は間違っている。スパイの活動を抑制できる。言い訳をするよりも難しいが、スパイを抑えるのが不可能なはずがない。それが不可能であれば、公安はそもそも存在している理由がない。警察がギブアンドテイクできるのであれば、ごたごた言わずに、犯罪を起こしたスパイを引き渡してもらえば良い。実際そういうことは世界中である。

本当の問題はCIAを中心として、日本における諜報活動が野放しすぎるところにある。彼らの活動に問題がなければ良いが、国民の自由が抑制される場合が少なからずある。それだけでなく、彼らの活動は暗殺も政治的陰謀も含んでいる。それが何であったかは触れないが、それは存在する。

 はっきり言えることは、他国で暗殺や政治的陰謀があるのに、日本では起こらないと考えるのは間違っている。日本でも問題は起こっているが、警察はそれを抑えようとしない。

それは公安がスパイを抑える側ではなく、問題を起こす側にいるからである。