今回ご紹介するのはSQUARE ROOTS(スクエアルーツ)シリーズのオススメのテーブル「NEXA DINING TABLE(ネクサ ダイニングテーブル)」です。 

 

SQUARE ROOTS(スクエアルーツ)は、塗装の様々な知識とテクニックを身につけたフィニシングの匠である「エドワード・ストッダート」と、木材についてありとあらゆる知識と経験を積んだ「ジャスティン・ウィートクロフト」のイギリス人2人によってSQUARE ROOTS/スクエアルーツは生まれました。

 

“自然とモダンの調和”をフィロソフィーに、ミッドセンチュリーの巨匠、「Hans J. Wegner」や「George Nakashima」の哲学をシンプルかつナチュラルに受け継いでいます。

無垢材のナチュラルなフォルムや木のぬくもりを生かすため、贅沢に幅の広い材を使用し、自然なカーブラインや木目、カラーを唯一無二のデザインとして表現しています。

 

SQUARE ROOTSの素材や仕上げについて

  • 木材

上質な木材の生産に適した森林と気候条件が整ったフランスの高地ブルゴーニュ地方で育ったフレンチオークを使用。独特の木目と美しい木色が特徴的です。

 

  • アイアン

脚部のアイアンは、リサイクルアイアンを使用。

古いエンジンや機械のリサイクル品から作られています。

熟練した鋳造技術により、再び機能的な製品として輝きます。

 

  • 仕上げ

木材に浸透しキズや汚れに強く、容易な補修にも対応。

使い込むほどに深い味わいを増し、常に色合いを変化させていきます。

 

 

ネクサ ダイニングテーブル

NEXA DINING TABLE(ネクサ ダイニングテーブル)は、木の自然なラインのエッジを活かした天板にリサイクルアイアンを組み合わせた、ヴィンテージ感のあるテーブルです。

 

天板に組み込まれているチョウチョ型のチギリは、本来は天板が割れるのを防ぐためですが、このテーブルに関してはデザインの一つとしても考えられています。

 

シンプルなデザインでありながら、チギリを絶妙なアクセントとしてデザインに組み込むことで他にはない風合いを醸し出しています。

※この「チギリ」は素材に合わせておりますので、1点ごとに数量や位置が異なります。

 

ネクサのダイニングテーブルは、天然木ならではの重厚感を活かし存在感のある雰囲気を演出してくれます。

 

ネクサダイニングテーブルをあなたの空間にこだわりとして追加してみませんか?

 

 

 

MULKAG