自然と触れ合う時のマナー

テーマ:

ウサギ あっ!かおるん、おはよう。久しぶりだね。


うお座 おはよう、むっくん。おひさ~♪


ウサギ お休みは有意義に過ごせたかい?どこか出かけたの?


うお座 うん音譜北海道にね、行ってきたよ。楽しかったよお。


ウサギ (すごい満面の笑顔だ・・・)よかったね。で、北海道のどのあたりを放浪してきたの?


うお座 こら!流浪人じゃないんだから!ちゃんとなけなしのお金を払ってツアーで旅してきたわよ。ちなみに今回は道東方面に行ってきました。


ウサギ じゃあ、世界遺産の知床とか行ったんだ?


うお座 うん。野生のエゾシカがいっぱいいたキラキラ 知床あたりは人慣れしてるみたいで道路沿いでムシャムシャ草食べてたよ(笑) 最初は鹿を見つけるたびに興奮したんだけど、帰るころは見慣れちゃって「あっ!またいた。」って感じ(笑)


ウサギ ヒグマは見なかった?


うお座 残念ながらヒグマには出会わなかったよ。


ウサギ それは残念。かおるんのことだからそのバカ力で戦ってきたのかと思ったよ(笑)


うお座 むっくん、ひどーい!!金太郎じゃないんだからぷー(怒)


ウサギ あれ? 違ったっけ?


うお座 バキっパンチ!


ウサギ(イテテッ・・・調子に乗りすぎちゃった)


うお座 でもね、ヒグマの生息数が高い知床だからあちらこちらに熊出没注意の看板はあったね。

見えないからと言って安心はできないらしい。熊が近くにいるってことはずっと念頭においとかなきゃいけないんだって。


ウサギ そーなんだ。でも、熊のほうが人間を避けるんでしょ?


うお座 そう、熊の嗅覚や聴覚は優れているんだって。だから熊は人の気配に気付くと自分から避けてくれるみたいだけど、たまに気付かぬまま至近距離で出会うことがあるから注意が必要だって。


ウサギ なるほどね。


うお座 そうそう、自然センターの人が言ってたけど、鹿の死骸のそばはかなり危険らしいよ。ヒグマは鹿など大きい草食動物をすぐには完食できないから内蔵だけ食べて枯れ草などで獲物を隠す習慣があるらしい。でね、その獲物をとられないように近くにずっと居続けるんだって。だから、人間がもし近くにいたら容赦なく襲ってくるかもしれないって。


ウサギ うわー、それはこわいな。


うお座 むっくんは大丈夫よ。小型だから丸呑みよ!


ウサギ ひどいぷー!!


うお座 あとね、たまに野生の熊やキツネに餌付けしようとする無責任な人がいるんだって。


ウサギ それはいけないね。


うお座 でしょ!!人の食べ物の味を覚えた野生動物は本来の生き方が変わってしまうし、人間に近づいたことにより事故死したり最後は悲しい末路を辿ることになるんだよ。また、後から来る旅行者や地元の人にまで迷惑がかかるし、野生動物と人間のどちらにも良いことがないんだよ。


ウサギ うーん、動物園の感覚でいちゃダメだよねダウン


うお座 そう。人間も自分の家に知らない人が侵入してきたら嫌でしょ? 動物も同じだよ。

そこはその野生動物の棲んでいる場所なんだから人間もマナーを守らないとね。

そうして野生動物と共存し、人もより自然を楽しめるってことよ!


ウサギ おお!!今日はやけに真面目なかおるんだね。感心、感心。


うお座 たまには私も真面目になるよ!


ウサギ その真面目さを仕事にも活かしてくれるとありがたいんだけどな・・・。


うお座 うーん、それは難しい問題ね。


ウサギ ボスー!! かおるんが・・・


晴れ ん? なんだい?


うお座 むっくんあせる(慌)いっ、いえ。なんでもないですよお汗

あっ!ボス、これお土産です音譜


ウサギ(かおるんめ、ちゃっかりしてるんだから・・・)



むくの木法律事務所

何かお困りのことがあれば気楽にご連絡ください。トラブルは虫歯と同じです。早ければ早いほど簡単に解決できます。弁護士が介入することで、金融業者からの取立て行為もストップします。どうぞ、積極的にご活用ください。





AD