うお座 むっくん、おはよぉ。


ウサギ おはよう。あいかわらず、朝はテンションが低いね。


うお座 もう~朝は苦手よ。眠いし・・・ぐぅぐぅ


ウサギ こらッ! 起きて、かおるん。ボスに見つかっちゃうよ(笑)


うお座 そうそう、昨日帰りながら思ったんだけど、ちなみに裁判員ってどうやってえらばれるの?


ウサギ 選挙権のある人の中から、翌年の裁判員候補者となる人を毎年くじで選び、裁判所ごとに裁判員候補者名簿をつくるんだよ。そして、事件ごとに、候補者名簿の中からくじでその事件の裁判員候補者を選ぶんだよ。その候補者の中からさらに裁判所で、手続されて裁判員が決まるんだ。


うお座 何人選ばれるの? まさか、一人ってことないよね?


ウサギ うん、それはないから大丈夫(笑)人数は裁判員は6人で裁判官が3人だよ。ただし、裁判員4人、裁判官1人の場合もあるみたい。


うお座 そうなんだ。もし、裁判員に選ばれたらどんなことするの?


ウサギ まずは、裁判官と一緒に、刑事事件の審理(公判というんだ。)に出席するんだよ。公判はできる限り連続して開かれるよ。


うお座 じゃあ、その数日間は全て出席しなきゃいけないんだ。結構、日数かかるの?


ウサギ 日数は事件の内容によって異なるけどね。多くは数日間で終わるように裁判官や検察官、弁護人が前もって打ち合わせし、審理計画を立てるみたいね。


うお座 なるほど。だから最近ボスはいつも以上に忙しそうなのね(笑)


ウサギ そうそう,公判では、証拠として提出された物や書類を取り調べるほか、証人や被告人に対する質問が行われるんだよ。しかも裁判員から、証人等に質問することもできるみたいだね。


うお座 ふーん。そのあとは?


ウサギ 昨日も言ったけど、非公開で有罪or無罪、有罪だとしたらどんな刑にするか裁判官と一緒に議論し(評議)、決定する(評決)んだよ。


うお座 そして、判決を言って終わりだね。


ウサギ そうだね。その際、気をつけなきゃいけないのが、裁判の最中も終わった後も、評議の内容や裁判員の仕事をする上で知った、事件と関係のない個人のプライバシーなどの秘密は守らなきゃいけないよ。


うお座 守秘義務ってことね。


ウサギ そう。これに反したら罰則があるからね,かおるん!!


うお座 なっ、なんで私の名前をいれるのよ。私は口堅いから大丈夫だもん。失礼ね。

もし、裁判員に選ばれたら仕事を休まなきゃいけなんだよね。辞退とかできるの?


ウサギ 裁判員となるために必要な休みをとることは法律で決められているんだよ。辞退は原則としてできないことになっているんだ。ただし、辞退できる場合もあるから問い合わせてみるといいよ。


うお座 うーん、避けることはできないものなのね。


うお座 でもさ、なんで今更その制度が必要なの?


ウサギ 国民が裁判に参加することによって、法律の専門家ではない人たちの感覚が、裁判の内容に反映されて、その結果、国民の司法に対する理解と信頼が深まることが期待されているんだよ。


うお座 そっかあ、裁判を人事のように思ってる人の司法に対する理解を深めるにはいい機会かもね。でも、やっぱり有罪のときの判決に対して責任感じちゃうし、気が重くなるなあ・・・。


ウサギ まあ、それはあるかもね。かといって裁判員に選ばれた以上は刑の重さについて真剣に考えて取り組まなきゃね。そのために法律のプロ(裁判官)もいるんだし、不安や疑問があればどんどん聞いちゃっていいと思うよ。


うお座 うん。そーだね。それにしてもいくら手当てがでるのかな目音譜


ウサギ それは分からないけど。かおるんの興味はそこだけなの!?

まったくしょうがないなあ。無駄遣いしないようにね!!


うお座 はーーーい!!



むくの木法律事務所


なにかお困りのことはございませんか?頭の中に悩みがあるとどうしてもゆっくりできませんよね?そんなときは相談してしまうのが一番です。一人で悩まず専門家に相談し、一緒に解決して行きましょう。そして、ゆったりとした日々を一緒に取り戻しましょう。



AD