うお座 ねえ、むっくん。私のお友達がネット上の掲示板にいろいろな悪口を書かれてるんだって。


ウサギ インターネットは便利な道具だし、掲示板という機能もとても有用な機能だよね。でも、ネットの匿名性に隠れて、そういった悪口を書き込む人も多いみたいだね。


うお座 あることないこと書かれてとても困っているんだって。基本的には無視すればいいんだろうけど、やっぱり書かれた本人からすれば気になるみたい。それに、それをたまたま見た人が信じちゃうかもしれないじゃない。


ウサギ そうだね。ネットは匿名性があるから、書く人もあんまり罪の意識がないままについ書き込みをしちゃう例が多いみたいだね。あと、人の顔が見えないから、ついつい書き込む内容も過激になりがちになっちゃう例が多いんだよ。


うお座 こういう場合はどうすればいいの?


ウサギ まずは、その掲示板を管理している運営者に連絡して、書き込みの削除を要請すればいいんだよ。


うお座 じゃあさ、運営者の連絡先がわからない場合はどうしたらいいの?


ウサギ そういうときには、その掲示板を提供しているプロバイダー(接続事業者)に連絡をして、書き込みの削除要請をするんだよ。


うお座 削除要請を出したらプロバイダーさんはきちんと対応してくれるの?


ウサギ うん。2002年にプロバイダー責任制限法という法律ができたからね。悪口を書かれた人かその代理人(弁護士等)が、書面(実印、印鑑証明が必要)等で削除請求をしたら、プロバイダーは、一定の手続きを経たのちに、自身の判断で書き込みを削除をすることができるんだ。


うお座 実際にプロバイダーさんは書き込みを削除してくれるもんなのかな?


ウサギ 最近は、書き込み内容を確認した上で、客観的に問題がある書き込みの場合には、積極的にプロバイダーが削除するようになってきたんだ。だから、まずは、迅速にプロバイダーに連絡をするのが一番だよね。


うお座 でもね、プロバイダーさんが削除しなかった場合はどうなるの?


ウサギ 仮に、プロバイダーが削除しなかった場合には、要件さえ整えば、プロバイダーに対しても損害賠償を請求できるぷーよ。


うお座 ふーん。すごいんだね。じゃあさ、そのプロバイダーさんに、書きこんだ人を教えてもらうことはできるの?


ウサギ うん。発信者情報の開示も請求できるよ。ただ、個人情報を伝えることになるから、裁判所の命令があるまではプロバイダーが開示してくれない場合も多いんだ。


うお座 たしかに、個人情報の扱いって結構むずかしいもんね。じゃあさ、それ以外に何かできないのかな?


ウサギ うん。書き込まれた内容にもよるけど、警察に相談に行くというの考えるべきだと思うよ。


うお座 でも、書いた人が誰か分からないのに相談できるの? 


ウサギ できるよ。それに、警察が捜査すればすぐにどのパソコンで書き込んだから分かるんだ。だから、犯人はすぐに逮捕されちゃうんだよ。実際に、2007年の1年間で、約9000件近くもこういった相談が警察にあったんだよ。


うお座 そうなんだ。じゃあ、安易にそういった書き込みをしちゃまずいよね。


ウサギ そうだよ。「絶対に警察にはばれる」、「変なことを書いたら逮捕される」という前提で、慎重に行為しなきゃいけないよね。そもそも、逮捕されるとかの問題以前に、悪口を書き込まれた人の気持ちを考えたら、安易な書き込みはできないはずだと思うけどね。


うお座 じゃあ、なんとかなりそうだね。


ウサギ うん。掲示板の管理者やプロバイダーなどがすぐに分からない場合には、調べる方法もあるから、心配しなくてもいいんじゃないかな。プロバイダーへの連絡や警察との連携など、事案によっていろいろな対処方法があるから、複雑な問題や迅速性が要求される場合には、一度は弁護士等の専門家に相談した方がいいと思うよ。


うお座 じゃあ、友達にはそう言っとくね。


ウサギ そういえば、僕も、この前、むくの木法律事務所で2番目にかわいいって書かれてたぷーよ


うお座 だって、一番は私なんだから当然でしょ合格


ウサギ ・・・・汗



むくの木法律事務所

何かお困りのことがありましたら、気楽にご相談ください。

皆様が夜も眠れずに困っているトラブルを弁護士が一緒に解決し,皆様がより楽しい人生を送ることができるように,全力でサポートしていきたいと考えております。ぜひ、積極的に法律(弁護士)事務所をご活用ください。


AD