うお座 あーおもしろかった。


ウサギ 何が?


うお座 刑事もののTVドラマだよ。15年前に殺人事件があって、犯人は変装してず~っと逃げてたんだけど、とうとう時効1ヶ月前に捕まったんだよ。刑事さんが追いつめるシーンはドキドキしちゃった!


ウサギ そうなんだー。


うお座 あれ? むっくんノリわるいね。どうしたの?


ウサギ まさかかおるんも昔…。


うお座 するわけないでしょ!

まあ未来のことは誰にもわからないけど(笑)。


ウサギ そこはちゃんとわかってほしいな(笑)。でも、もし将来かおるんがTVドラマの主役になったとしたら、もう15年じゃなくなっちゃうんだよ。


うお座 エッ!!。どうして??


ウサギ 実はね、ちょっと前に法律が改正されたんだよ。刑事訴訟法って法律に、昔は殺人の時効は15年って書いてあったんだけど、一気に25年にのびたんだよ。

だから、もし万一かおるんがTVドラマの主役になったとしたら、今までよりも10年長く逃げないといけないんだよ。


うお座 いや~そんな長いと逃げる自信ないわ~。でもなんでのびたんだろう?


ウサギ それはね、時効制度の意味が変わってきてるからじゃないのかな。時効制度ができたのは、ざっくりいうと2つの理由があるんだって。一つは、長い間犯人が捕まらないうちに、社会からその事件の記憶とか影響が薄れてくるせいで、処罰しなきゃ!っていう必要が減るからだって。

もう一つは、長い間犯人が捕まらないと、その間に証拠が捨てられたりいろいろして、証拠がなくなっちゃうから、たとえ犯人を捕まえることができても、裁判で有罪にすることが難しくなっちゃうからだって。


うお座 へえ~。時効ってことばはよくきくけど、そんな理由があるってのは知らなかったよ。それでそれで?


ウサギ でね、この2つの理由が、法律ができた時と比べて今はちがうんじゃないの??っていう意見がでてきてたんだって。

たとえば、一つめの理由だと、オウムのサリン事件なんてほんとに大事件だったから、15年くらいで社会や被害者のご家族が「処罰してよ」って思う気持ちはぜんぜん変わらないかもしれないよね。

もう一つの理由だって、科学技術がどんどん進歩してきたから、たとえばDNA鑑定とかを使えば、昔なら証拠不明で未解決になっちゃったような事件でも、十分解決することが可能になってきたんだよ。

   

うお座 そういわれるとそうだよね~。私も7年前に食後の楽しみにとっておいたチョコレートをお兄ちゃんに食べられたのまだ怒ってるもん。


ウサギ 当たってるようなちがうような…(笑)。


うお座 だから改正されたのかな?


ウサギ それもあると思うよ。あとは、やっぱりわるいことはしちゃだめだから、厳しく取り締まってよ~っていう要望が強いのもあるんじゃないかな。誰だって平和な社会のほうがいいもんね。


うお座 そうだね。


ウサギ あ、ちなみに時効が長くなったのは殺人だけじゃないからね。だから、たとえば出来心で窃盗をしたばっかりに、そのあと何年も逃げるなんて結局ソンなんじゃないかな。


うお座 わかった! じゃあお兄ちゃんもつかまえてもらうね!


ウサギ だからそれはちがうビックリマーク

AD