少額訴訟の話

テーマ:

うお座 やっほービックリマークむっくん,元気してる?


ウサギ ううっ,なんとかね。でも暑いよ~あせる あいかわらずかおるんはいつも元気だね・・。


うお座 ああ,むっくん毛皮族だから厳しい季節だよね(かわいそうに・・)

でも負けずに今日もお勉強しましょ!


ウサギ 分かったプー,じゃあ、今日のお題は何がいいの?


うお座 この間の調停の勉強のときのテキストにちらっと載ってた少額訴訟についてお願いします。


ウサギ 少額訴訟ね,了解!ちなみにかおるんは少額訴訟はどんな訴訟なのか分かる?


うお座 うーん,少額っていうんだから裁判費用が安く済むってことかなっ?


ウサギ そーきたか。残念ながら不正解プー(笑)少額訴訟はね、少額の金銭の支払をめぐるトラブルを速やかに解決するための手続なんだよ。ちなみに裁判所は簡易裁判所になるよ。


うお座 なるほど。お得にできるってことじゃないのね。

ちなみに少額の金銭トラブルってどこまでの額ならその訴訟をできるの?


ウサギ 60万円以下の金銭の支払をめぐるトラブルに限って利用できるんだよ。ここは気をつけてね!60万円以下に限ってだからね!


うお座 はーい!


ウサギ さっき、速やかに解決できるって言ったけど、かおるんはどのくらいだと思う?


うお座 調停がだいたい2、3回の話合いの日があって3ヶ月以内で解決って言ってたから、同じくらい?


ウサギ 実は、少額訴訟の審理(裁判なのでこう呼ぶね)は1回だけで即判決が言渡されるんだ。ただし、相手方が希望する場合などは、通常の訴訟手続に移ることもあるんだ。


うお座 そうなんだぁ。話し合うその日に解決されるのか。それは確かに早いね。ということは証拠書類や証人もその場で調べなきゃいけないから出せるものが限られちゃうね。それに,その日に向けてしっかり準備しておかなきゃいけないんだね。


ウサギ そのとうり!呼出し手続きが必要になる証人に対する尋問、鑑定などはできないんだよ。

かおるん、今日は珍しく冴えてるね。


うお座 ・・・ありがと。

でも、むっくん,訴えるにはどうしたらいいの?


ウサギ 裁判所に受付窓口があるから訴えを起こす人も起こされた人もそこで相談できるようになっているから心配しないで大丈夫だよ。


うお座 分からないときは聞くにかぎるね!


ウサギ でも、かおるんは聞きすぎだからたまには自分で調べてみようね!


うお座 はーい,今日のむっくんは暑さにまいってるから厳しいね(笑)


ウサギ ・・・。


ウサギ そうそう、ほかにも少額訴訟の特徴としていくつかあるんだけど。

裁判所は、訴えを起こした人の請求を認める場合でも、訴えられた人の資力やその他の事情を考慮して分割払、支払猶予、遅延損害金免除の判決を言渡すことがあるんだ。

また、判決に対して不服がある場合は判決をした簡易裁判所に不服(異議)を申立てることができるんだ。ただし、地方裁判所での再度の審理を求めること(控訴)はできないようになってるんだ。


うお座 ねえ、むっくん,もし不服を申立てがあったときはどうなるの?


ウサギ さっきも言ったけど、審理前の状態に戻って、通常の手続きによる審理および裁判に移行されるんだよ。


うお座 じゃあ、通常の裁判だから証拠書類や証人の制限がなくなるんだね。


ウサギ 正解!ここは気をつけてほしいんだけど、通常の裁判になるけど場所はあくまでも簡易裁判所になるからね。


うお座 はーい!


ウサギ じゃあ、今日はもうここまで!!あせる


うお座 あれ、むっくん辛そうね。


ウサギ 暑いし、お腹すいたし。限界プー。


うお座 しょうがないなぁ、たまにはご褒美ににんじんでも持ってきてあげるか。


ウサギ わーい音譜楽しみにしてるね!


うお座 ボスに見つからないように食べてね。
AD