離婚についての話

テーマ:


うお座 むっくん,この間離婚トラブルは家庭裁判所で行うって言ってたけど裁判になることって多いの?


ウサギ まずね、離婚の方法から説明するね。

離婚するには大きく分けて3つの方法があるんだよ。夫婦同士で話し合いによる離婚(協議離婚)・家庭裁判所における話し合いによる離婚(調停離婚)・裁判によって認められる離婚(裁判離婚)があるんだ。


うお座 つまり、まずは当事者間で話し合いをして,それでだめな場合には,裁判所で話し合いをして,それでもだめなら,裁判になるってことだね。


ウサギ そーだね。ただ、日本ではここ30年近く、協議離婚が約90.5%で調停離婚が8.5%、残りの1%が裁判離婚という割合が変わっていないんだ。だから夫婦同士の合意で離婚が成立することがほとんどだね。


うお座 ふーん、そーなんだ。でもさ、いざ離婚しますって言っても離婚届に判を押すだけでいいの?


ウサギ おお、いいところに気が付くね。やっぱり話し合いの離婚にしても決めておかなければならないことはあるよね。ポイントは「子ども」「金銭」「戸籍」の3つかな。


うお座 じゃあ、今日は軽く「子ども」について教えて!


ウサギ 了解!


ウサギ ちなみにかおるんは離婚するときに子どもについて決めておくことってわかる?


うお座 未成年の子どものときは親権を決めなきゃいけないんだっけ?あとは・・・。


ウサギ 他にも父親と母親どちらと住むのか、子どもの戸籍と姓はどうするのか?とかあるんだよ。


うお座 確かにそこは決めないと家なき子になってしまうね!



ウサギ なつかしいね。そんなドラマがあったよね。ってかおるん!!


うお座 ごめん、ごめん。まじめになるって(笑)。

でも親権者ってなかなか決まらない場合があると思うんだよね~だからとりあえずどっちかの名前を書いてだして後から変更しますってできるの?


ウサギ それはそんな簡単に変更はできないんだよ。家庭裁判所の許可が必要なんだ。


うお座 そーなんだ。いちいち家庭裁判所に許可もらわないといけないのか。それは大変だね。


ウサギ そーなんだプー。だから、どちらが親権者になるかについては、おたがいに慎重に慎重に協議する必要があるよね。そして住むのは親権者になったほうとだいたい一緒になるよね。


うお座 そうそう、それも大事だけどやっぱり養育費も決めとかないと大事だよね。


ウサギ そーだね、決めておかないと後のトラブルの元になりやすいからね。

養育費はね、未成年の子に対する親の扶養義務を根拠として請求するものだから財産分与や慰謝料とは性質がことなるんだよ。


うお座 ふーん。


ウサギ 親権を得て、子どもと一緒に生活するほうの親はもちろんなんだけど、離婚して親権を失い、同居しなかったとしても、親として子どもに対する扶養義務は続くんだよ。


うお座 確かに、両親は離婚したら赤の他人になるけど子どもにとっては一緒に住んでいてもいなくても親には変わりないもんね。


うお座 ということは、一緒に住んでいない親は普段は子どもと会っていないんだから、子どもとの面会についても決めておかなきゃいけないのか・・・。


ウサギ そうだね。子どもを引き取らなかったほうの親が子どもに会う権利のことを「面会交流権」っていうんだけど、ただ、これは離婚届の提出時に決める必要はないよ。でも、「いつ、どこで、どれくらいの時間会うのか、どのような方法で連絡をとるのか」くらいは離婚と同時に決めておいたほうがいいよね。


うお座 なんで?


ウサギ 離婚後の子どもの生活の安定のために重要な要素になるからだよ。離婚は、夫婦の間の問題だけど、その影響は子どもにも大きく及ぶことは忘れちゃいけないよ。


うお座 はーい!

う~ん、今日はなかなか考えさせられる勉強だったよ。頭が重くなってきた・・ZZ


ウサギ 空なのに?


うお座 むっくん!!むかっ
AD