ワンちゃんも大事な家族

テーマ:

うお座 むっく~ん!!


ウサギ ドキッ!朝から大声でどうしたのよかおるん??


うお座 うちの犬が車にぶつけられちゃったの!


ウサギ エッそうだったの!具合はどうなの?


うお座 ありがとう。幸い大事には至らなかったから、しばらく包帯巻いていれば治るって。


ウサギ それはよかったね! …それにしては怒ってるね。


うお座 そりゃそうよ!

だってさ、車を運転してた相手と話し合いの場を持とうとしたら、「飼い主がちゃんと見てないのが悪いんだろ。それに人間はぜんぜんケガをしてないんだから、慰謝料なんて払わないぞ」って言って、ぜんぜん取り合わないんだよ!


ウサギ うーん。ぶつけた方としてはあんまり誠意のある対応とはいいにくいかも。


うお座 そうでしょー。

私達家族にとっては、犬だっていっても大事な家族には違いないんだよ。それをさ、そんな慰謝料にも値しないようないわれ方をされたら頭にきちゃうよ!

むっくんさあ、ペットの犬がケガをさせられたら、ちゃんと慰謝料の請求だってできるよね?


ウサギ うん、具体的な状況にも関わってくると思うけど、もし相手に落ち度があったり、わざとやったりっていう場合なら、ちゃんと請求できると思うよ。


うお座 やっぱりそうだよね~。それをきいて安心した。

じゃあケガをしたのはワンちゃんだから、ワンちゃんに慰謝料請求させようかな。


ウサギ あ、えっとねかおるん、ワンちゃん自身は慰謝料請求できないんだ。


うお座 そうなの? なんで?


ウサギ それはね、法律上、犬は人間のように生き物として捉えられてないからなんだ。

あくまで、犬は民法でいうと、「動産」、つまり「モノ」にすぎないんだよ。


うお座 ワンちゃんがモノ…全然しっくりこないよ。


ウサギ うーん、ワンちゃんも家族だと思えばそれが自然だよね。ただ、あくまで法律は人間のためにつくられたものだから、それ以外の生き物については、どうしてもそういう捉え方になっちゃうんだ。

その代わりに、そう捉えることで、結果的には相手に慰謝料請求することができるようになるんだよ。


うお座 ふーん。それはどういうことなの?


ウサギ それはね、かおるんはそのワンちゃんを家族のように大事にしてるでしょ。今回みたいにケガをさせられたら、もう心配で心配でたまらなかったでしょ。


うお座 もう心配で夜眠れなかったよ~。


ウサギ うんうん。

そうするとね、ワンちゃん自身は「モノ」だから慰謝料請求はできないとしても、飼い主のかおるんが大事な「モノ」を傷つけられたことによって、精神的な痛み・苦しみを受けたわけでしょ。だから、そのことについて、かおるんが相手に慰謝料請求することができるんだ。

もちろん、さっきも言ったとおり、請求が認められるにはケガについて相手に落ち度(過失)があったか、わざとやったか(故意)っていう事情が必要だよ。


うお座 それはあるハズだよ。だって私達はちゃんと歩道を歩いてたのに、向こうが勝手に突っ込んできたんだもん。


ウサギ そっか。それなら相手に落ち度はありそうだから、多分かおるんの慰謝料請求は認められると思うよ。

ただ、たとえばかおるんがワンちゃんにヒモをつけてなかったとかの事情があった場合には、こっち側にも一定の落ち度があるってことで、慰謝料の額が減ることがある(過失相殺)から、気をつけてね。


うお座 うんわかった!

さっそく相手に連絡してみるよ。もしこっちの言い分を全く聞かないようだったら、家族と相談して弁護士にお願いするかも。ありがとうむっくん。


ウサギ ペットでも、飼い主にとっては大事な家族だから、その身に何かあったら大変だよね。体に異変があったら動物病院に行くように、もしペットをめぐってトラブルが起きたら、気軽に弁護士に相談してみてね。



むくの木法律事務所

こんなこと相談しちゃっていいのかな?大丈夫かしら?と悩む前にお気軽にご相談ください。皆様が夜も眠れずに困っているトラブルを一緒に解決していきましょう。

AD

うお座 ……。


ウサギ どうしたのかおるん?


うお座 それがね、友達が住んでるマンションの中に、暴力団の人が引っ越してくるかもしれないんだって。だから住民の管理団体が協議してるみたいなんだけど、どうしたらいいかって考えても、やっぱり詳しくないからうまい方法がわからないんだよね。


ウサギ 暴力団員の入居問題は、最近よく話題になるようになってきてるね。


うお座 むっくんさあ、こういう場合ってどういう対処をしたらいいのかな?


ウサギ うん。

よくあるのは、マンションや団地に入居する際に、あらかじめ誓約書や条件をとる方法があるよね。


うお座 誓約させたり条件をとったりっていうことは、もし入居したい人がこの決まりを守るつもりがないなら、入居をお断りするってことになるのかな。


ウサギ うん。マンション管理会社もこういう問題があることは知ってるはずだから、この形をとっているところはけっこう多いと思うよ。


うお座 そっか。

じゃあさ、もし入居済みだったらどういう方法があるの?


ウサギ 入居済みだったら、たとえば、暴力団員がマンションの中で変な行為をしてたら、住民側が団結して、住民の「共同の利益に反する行為」をするな、って、裁判所にやめさせるように訴えることができるよ。


うお座 悪さするなっていうことかしら。じゃあ、出て行ってもらうことは?


ウサギ うん。

たとえば、契約の際に、もともと暴力団員お断りっていう規約をつくってあれば、その規約に基づいて、裁判所に退去命令を出してもらうことはできるよ。

ただ、そういう規約がなければ、暴力団員だっていうだけで出て行かせるのは、なかなか簡単ではないんじゃないかな。

そういうこともあって、あらかじめほかの方法をとっている自治体がでてきてるんだよ。


うお座 そうなんだ。それってどういう方法なの?


ウサギ さっき言ったような、入居の際に誓約書や条件をつけるっていう方法は、あくまで個別のケースで対応していくものだよね。

そうじゃなくて、自治体が独自で条例をつくって、公営住居について、「暴力団員の入居はお断り」っていうふうにするんだ。


うお座 へえ~!そんな条例ができてるんだ?知らなかった。


ウサギ うん。前、東京の町田っていうところで暴力団組員がアパートにたてこもる事件があったでしょ。住民からするとたまったもんじゃないよね。

そういう事件が起きないようにしたい、っていう自治体側の思いがあるんじゃないかな。


うお座 あの事件はTV中継で見たよ。もし自分の家の近くで起きたらどうしようって思っちゃったよ。

じゃあさ、もしそういう条例があるところで、もう暴力団の人が入居してる場合はどうするの?


ウサギ まずは、自治体側が退去するように勧告するってことはするね。ただ、あくまで勧告っていうお願いのようなものだから、強制力はないよね。

だから、条例に基づいて、裁判所に明け渡しを訴えたりする方法もとりうるんだよ。

つい最近も、条例に基づいて、暴力団の人に「出て行って」って求めた事件で、裁判所が自治体側の言い分を認めてる例もあるんだよ。


うお座 そっかー。そういうふうに、いろいろ対処できるようになってきてるんだね!


ウサギ そういうこと。


うお座 それなら、もし私の家の近くで入居問題が起きたときでも、条例があればひと安心だね。


ウサギ うーん。ただね…。


うお座 ただ?


ウサギ 実はね、この動きって、法的な問題がないわけじゃないんだ。


うお座 そうなの?どういうこと?


ウサギ うん。

かおるんも中学のときに公民で習ったと思うけど、憲法には基本的人権っていうものがいろいろ定められているのね。


うお座 やったかしら(笑)。


ウサギ たぶんやったんだけど(笑)。暴力団員っていっても、みんなと同じように憲法の基本的人権が保障されるのね。


うお座 それはそうかも。それで?


ウサギ それで、暴力団の人が引っ越してくる、暴力団って何かやりそうだしこわい、こわいからそれじゃあ入居制限しちゃおう、って考えたとするでしょ。でも、あまりにも簡単に認めすぎると、憲法違反になりかねないんだよ。


うお座 ふーん。そういうものなのかな?


ウサギ うん。ボクが考えただけでも、

・自分が住みたいところに住む自由を奪われた(居住移転の自由の侵害)とか、

・住まいも見つからず、最低限のまともな生活すらできない(生存権の侵害)とか、

・不合理な差別を受けた(法の下の平等に反する)

って問題があげられるよ。


うお座 むずかしい言葉がちらほら…。まあ、簡単にいうと、慎重になれってことかしら


ウサギ 簡単にいうとね

入居を規制するのが、国の法律じゃなくて自治体の条例レベルにとどまってるのは、こういう問題が背景にあるのかもしれないね。

国交省の調査(2007年5月26日)だと、こういう条例を定めているのは、全自治体の2.6%にとどまってるし。だから、かおるんの住んでる自治体が同じような条例をつくってるかはわからないよ。


うお座 そうなのかー。でもさあ、もし自分の隣にそういう人が引っ越してきて、どんどんこわい人たちが出入りするようになったら、何かあったら困るって思っちゃうよ。


ウサギ そうなんだよ。

暴力団同士の抗争になって、一般の人が巻き込まれる事件だってあるから、不安になる気持ちは当然だよね。

だから、厳格な条件をつけることによって、なんとか条例が憲法に反しないっていうことになるかもしれないね。このへんはまだ最高裁判所の判断がないから確実じゃないけどね。


うお座 ふだんの生活だと憲法の話ってあんまり聞かないけど、今日の話を聞いたら身近なところで関係してくるってわかったよ。

何にしても、もし自分が同じような立場になったら、住民や自治体と一緒になって交渉していくべきっていうのがわかったよ。


ウサギ うん。それと、憲法だけじゃなくて、建物区分所有法とかいろいろ細かい法律の話も出てくるだろうから、ちゃんと間に弁護士に入ってもらうといいと思うよ。

デリケートな問題があるだけに、みんなで協力して解決していく姿勢が大事だと思うから、もし何か困ったことがあったら弁護士に相談してみてね。



むくの木法律事務所

何かお困りのことはございませんか?

法律問題は虫歯と同じようなもので,早ければ早いほど,簡単に治療が
ききます。まずは,ご気軽に法律相談の予約をいれてください。

皆様の悩みを一緒に解決しましょう。


AD

うお座 刑事裁判って、弁護士はもちろんだけど、検察官や裁判官も仕事たいへんそうだね…。


ウサギ そうだね。特に、刑事事件で徹底的に争うような場合だと、一般の人だけじゃなくて法律家でも見解が分かれるからね。

たとえば、岐阜県中津川市で家族5人を殺した事件の判決がつい最近出たんだけど(平成21年1月13日)、死刑の求刑に対して無期懲役の判決だったんだよ。


うお座 被害者が5人でしょ?ものすごい数だよ。


ウサギ そうだね。しかも、判決では、弁護士の主張をしりぞけて、事件当時、被告人は「責任能力はあった」、かんたんにいえば、罪に問えるくらいの状態だったって認定したんだよ。


うお座 えー、それなら尚更わからなくなるな。

5人も殺して、しかも精神的にも問題ないっていえるなら、なんで無期懲役になったの?


ウサギ 気になるところだよね。その前にひとつ大事なことを話しておくね。

刑事事件の裁判で、死刑判決になるかどうか争われるときには、永山事件の最高裁の判断が参考にされるんだよ。かおるん、永山事件ってきいたことある?


うお座 ううん、わからないなあ。どんな事件だったの?


ウサギ この事件はね、当時19歳だった犯人が、1ヶ月弱の間に4人もの人を銃で殺したっていうものだよ。

重大事件だから、未成年だけど実名で報道がされたりしたみたいだよ。かおるんの親くらいの年齢の人なら絶対に知ってると思う。


うお座 へえー、それくらいすごい事件なら、今起きても話題になりそうだね。


ウサギ それでね、この事件で最高裁はね、死刑判決を出す基準を示したんだよ。

覚えなくてもいいけど、参考のためにいちおう言うね。

最高裁は、

①犯行の罪質、②動機、③犯行の態様(特に殺害の手段や方法が執拗か残虐か)、④結果の重大性(特に殺害された被害者の数)、⑤遺族の被害感情、⑥社会的影響、⑦犯人の年齢、⑧前科、⑨犯行後の情状、

などを考慮して、その責任がものすごく重大で、極刑もやむを得ないといえるような場合に、死刑の選択も許される、ってしたんだよ。


うお座 長―い!


ウサギ だから覚えなくてもいいっていったじゃないかプー。

死刑は、人の命を国が強制的に奪う究極の刑罰だから、慎重に判断しようと考えたんだと思うよ。


うお座 慎重っていうことは、死刑判決がそんなに簡単には出ないってこと?


ウサギ うん。かおるんもニュースや新聞でいっぱい事件を見聞きしてきたと思うけど、1人を殺した事件で死刑判決が出ることっていうのは、なかなかなかったっていえると思うよ。


うお座 あれ?でも、2年くらい前に少女を誘拐して殺した犯人に死刑判決が出たって聞いた気がするよ。


ウサギ さすがかおるん、よく覚えてるね(奈良県少女誘拐殺人事件)。

最近、厳罰化の流れになりつつあるから、昔と比べると、1人でも死刑判決が出やすいような状況になってきてるんじゃないかな。

ただ、死刑制度自体もいろいろ批判があるところだしね。

いろいろな事情があって、ここ最近では、無期懲役判決が増えた反面、死刑判決の数はちょっと減りつつあるみたいだよ。


うお座 へえー、厳罰化なのに、むしろ死刑判決は減ってきてるんだね。意外だな。

でもさ、中津川の事件では5人もの人の命が奪われてるんだよ。なんで裁判所は死刑判決にしなかったの?


ウサギ まだ判決文が出回ってないから、いろいろな報道をもとに考えるしかないんだけど、当然裁判長も永山事件の基準を頭に置いて、事件がいかに重大かってことを考えているはずだよ。

その上で、

・私利私欲に基づく犯行でないことは明らか

・一方的な逆恨みでもない

・母の嫌がらせで苦しみ自殺も図った

・精神的に追いつめられての一家心中で、再犯の可能性もあるとは言えない

などの理由から、動機には一抹の酌量の余地があるって考えて、無期懲役判決にとどめたみたいだよ。


うお座 うーん…。納得いくようないかないような…。個人的には5人っていう数字がどうしても頭から離れないな。


ウサギ そう考える人は少なくないみたいだよ。実際、新聞記事を読んでると、法律家からも賛否両論出てるらしいし。たぶん検察も控訴するんじゃないかな。


うお座 そうじゃないと一般の人から批判の声も出そうだね。

もし、この裁判が裁判員制度のもとで行われていたら、ものすごく評価が分かれそうだね。


ウサギ そうなんだよ。裁判員制度は殺人などの重大な事件が対象だから、今後の裁判員制度のことを考える上でも、この裁判はすごく重要なんじゃないかって思うよ。

結論はどうあれ、みんなもすこしの時間でいいから、この事件のことを考えてみてね。



AD

法律用語ってむずかしい?

テーマ:

うお座 あのねむっくん。

突然だけど、だんだんブログの効果がでてきたよ。


ウサギ ホントに突然だなあ^^どういうこと?


うお座 最近、ニュースで「被害者参加の制度が始まります」ってことを話してたのね。前だったらむずかしそうだなあ~って思っておしまいだったけど、むっくんから話を聞いてたから(http://ameblo.jp/mukunoki-blog/day-20080829.html )、ちょっと内容がわかったよ。


ウサギ おーそれは話したかいがあったプー。よかったプーよ。


うお座 それと、あとは、通知が送られて話題になってる裁判員制度も

http://ameblo.jp/mukunoki-blog/day-20080916.html

http://ameblo.jp/mukunoki-blog/day-20080919.html )。

友達からも、「通知がきちゃったどうしよう!」ってメールが来たよ。


ウサギ あーそうかもね。全国平均だと、352人に1人は通知が来る計算になるみたいだプー。


うお座 前はさ、サイバンインコって何なのよ?くらいにか思わなかったけど、友達のところにも通知がくると、本当にもうすこしすると始まるんだなーって思ってきたよ。


ウサギ 法律家にとっても、重大な刑事裁判はやり方がものすごい変わってくるしね。

ボスも裁判員制度スタートにむけて、ちゃくちゃくと準備をしてるとこだプー。


うお座 いつも夜遅くまでがんばってるもんね。一般の人にとっては、法律ってむずかしいイメージがあるから、わかりやすい言葉を使ってくれたり、図を見せてくれたりするととっつきやすいかも。


ウサギ そうだね。みんなどうやったらもっとわかりやすくなるか、四苦八苦してると思うよ。

じゃあ、かおるんに質問。

「悪意」ってどういう意味かわかる?


うお座 それくらいわかるよ~。すごいイジワルなことをいうんでしょ。


ウサギ ところが、これがプー!なんだよ。


うお座 えっなんで!?だってふだんだって出てくる言葉でしょ。


ウサギ たしかにそうなんだけど、法律上は、「悪意」っていうのは、あることを「知っている」っていう意味にすぎないんだプーよ(逆に、「知らない」のは「善意」)。


うお座 そうなの??ややこしいなあ。ふだんの言葉づかいといっしょにすればいいじゃないのよ。


ウサギ それをボクにいわれても…。

ちなみに、すごい意地悪なことは、場合によって「背信的悪意」とか、「故意」っていういい方になるんだプー。


うお座 いやー、私がもし裁判員になったら絶対まちがえるな…。


ウサギ いまのは民事裁判でよく出てくる言葉だけど、刑事裁判でも、そういうふうに一般の人がわからなかったり、勘違いしたりする言葉があると思うよ。

そもそも、「故意」(こい)っていう言葉じたい、ふだんの生活で使わない人からしたら、いきなり裁判員になってそんな言葉が出てきたらあせっちゃうと思うんだよね。


うお座 それはそうかもね。ドラマとか映画ならきくけど、ふだん生活してて故意がどうとかっていわないもんね。


ウサギ そうだね。専門の仕事じゃないかぎり、一家団らんでそんな言葉は出てこないでしょ。だから、裁判所や検察だけじゃなくて、弁護士だって、もっと言葉づかいに気をつける必要があるんだよ。

たとえば、さっきの「故意」でいうと、「わざと」って言いかえたりとかね。


うお座 そっちのほうが断然わかりやすい!


ウサギ でしょ。日弁連も、前からわかりやすい言葉を使うための研究をしたり、いろいろとりくんでるんだよ。

だからね、もし自分が裁判員に選ばれたりとか、たとえそうじゃなくても自分や知り合いが裁判に関わることになったら、わからない言葉や内容はどんどん質問していいと思うんだ。

それは、自分たちがわるいんじゃなくて、むしろ自分たちにわかりやすい説明もできないプロが非難されるべきなんだと思うよ。


うお座 そうか、そういってもらえるなら、一般の人も気持ちがちょっと楽になるんじゃないかな。じゃあさ、もしもうちょっと勉強してから裁判に臨みたいっていう人がいたら、どうすればいいかな?


ウサギ いきなり手当たり次第に法律書を買い込んだりはしなくていいと思うよ。たとえば、学者の本はぶ厚くて難解なものも少なくないし、読破っていうよりも辞書代わりの意味あいもあったりするから。

それよりも、裁判員の通知が来た人だったら、裁判員制度のガイドブックを読んでおいたほうが参考になるんじゃないかな。


うお座 インターネットで言葉を検索するのもいいかもね。


ウサギ 手っ取り早いからね。ただ、インターネットは正しくない情報も入ってるから、ウソを頭に入れないように注意してね。

大事なことは、法律用語や法律ってとっつきにくいイメージがあるかもしれないけど、国民のために作られたものだから、まずは法律家がわかりやすい裁判をよりいっそう心がけること。そして、かんたんな範囲でいいから、裁判に関わる人をはじめ、一般の人もすこしニュースや本で法律のことを気にかけてみることかな。


うお座 わかった。じゃあ、使い勝手もいいし、私はこれからもむっくん辞書をいっぱい使うね!


ウサギ 前にも同じようなことを言われたような…。



むくの木法律事務所

皆様、明けましておめでとうございます。遅くなりましたが、今年初のブログを更新いたしました。今年もできるだけ定期的に更新できるよう頑張っていきますので宜しくお願いいたします。晴れウサギうお座音譜

2009年がはじまりました。

あらためてあけましておめでとうございます。


ありきたりですが、トヨタの赤字決算にはじまり、多くの派遣切りの報道が続き、何かと暗いニュースが多いですが、考え方次第でなんとかなるのが世の中だと思っています。


何事もあきらめず、常に前を向いてがんばっていきたいですね。

私の好きな格言にこんなものがあります。


やる気のあるやつは手段を考える。やる気のないやつはいいわけを考える。


いつも、そのとおりだな、と思いながら自省する毎日です。

来週から、今まで同様にブログの更新を始めますので、今後ともよろしくお願いいたします星