どっちがいいかはお好みしだいだと思います。 | 向原総合法律事務所/福岡の家電弁護士のブログ

向原総合法律事務所/福岡の家電弁護士のブログ

福岡の中心部・天神駅真上の場所にある法律事務所の弁護士です!
日常の法律問題や、弁護士業界のネタ、その他をつらつらと書こうと思います。


テーマ:
最近、東京の、CM等をよくやってる電話一本系事務所に債務整理を依頼したのだが、
1 どうなってるのかよくわからん、という相談や、
2 依頼していいものかというご相談が、きわめて多いです。

そもそも、弁護士に依頼しているのに、依頼している弁護士の説明が不十分であるために、別の弁護士に(セカンド・オピニオンというわけでもなく、依頼者が不安に感じて他の弁護士に)尋ねること自体、特別な事情がない限り、あってはならないと思うのですが・・・

私の対応ですが、
1については、
・その事務所に電話すること
・弁護士を出すよう伝えること
・出てきている者が、弁護士なのか事務員なのかをはっきりさせること
・弁護士が出てこない場合、弁護士会に苦情として届け出ること
をアドバイスすることにしました。

また、2については、依頼するかどうかは相談者の好みの問題だと思うのですが、
・電話一本系事務所は、きちんと弁護士が対応してくれるかどうかはわからないこと
・委任契約については、弁護士の面談が必須であること
・何かあったときに、面談ができる事務所でないと、意思疎通は難しいというのが私の経験則であること、
・そのうえで選んでくださいということ
をアドバイスすることにしています。

電話一本系事務所は、気軽に頼めるというメリットがありますが、意思疎通が難しいという難点があります。
費用については、遠方にわざわざ出張してきたり、CMしたりするぐらいだから、その分高いなという印象です。
着手金ゼロといいながら、着手金に相応する金額をあとで回収するので、依頼者の経済的負担としては、着手金を取られたのと同じです(とすると、着手金ゼロという表示は、有利誤認表示スレスレだと思ったりしています)。
なお、うちの事務所は、債務整理でも着手金はいただきます(着手金を回収時の後払いにする、ということはさせていただいています)。

メリットとデメリットを比較衡量して、事務所を選ぶのがよいでしょうね。

弁護士HARRIERさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス