音はいのち いのちの音楽を奏でる即興ピアニスト有本紀

音はいのち いのちの音楽を奏でる即興ピアニスト有本紀

あなたのたましいのエネルギーを完全即興でヒーリングCD作品に
たましいが目覚めるいのちの音楽「パーソナルCD制作セッション」

水面に落ちる一滴のしずくが
波紋となる
鍵盤からこぼれ出た
一音からはじまる


魂の PIANO 物語


image

 

パーソナルCD制作について、よく聴かれる質問をQ&A形式にまとめました。

 

 

 

Q.レギュラーコースとアドバンスコースはどう違うの?

 

A.体験の豊かさ深さの違いです。より深く豊かな体験、より深い癒し・変容を求める方にはアドバンスコース(70分CD)をお勧めします。

 

一般に40分の演奏と聞くと、かなり長いと感じられる方が多いですが、パーソナルCDの演奏は違います。レギュラーコースの40分演奏はあっという間に終わってしまった、という印象を持たれる方が多くなっています。また、時間が長くなるほど、体験が深まる傾向にあります。

 

 

 

Q.演奏前後のカウンセリングの内容は?

 

A.演奏中に体験されることは、ほんらいの自分への氣づきにつながっています。

 

特にセッション後は深い意識状態に入っていますので、そのとき感じた本質的なメッセージをお伝えさせていただいています。

 

 

 

Q.録音するとき周りの雑音がCDに入ったりしないの?

 

A.専用のデジタルピアノから直接ライン録音するため、雑音は一切入りません。

 

市販のCDと同じハイレベルの音質に仕上がりますのでご安心ください。

 

 

 

Q.パーソナルCDはどんな時に聴けばいいの?

 

A.どんなシチュエーションでもBGMにできます。

 

医療・教育・専門家、エネルギーワーカーの皆さんからは、施術やセッションのBGMとして絶大な信頼を得ています。最高のパフォーマンスを引き出すリラックスした雰囲気が簡単に作れるので、ご家庭などプライベートはもちろん、サロン、イベント会場、職場などでもお使いください。ネガティブなエネルギーを寄せつけない安心感も得られます。

 

スマホに入れて通勤時や休憩中など、ちょっとした時間に聴く習慣をもつと、すぐに自分軸に戻れる感覚がわかるようになります。

 

疲れている時にパーソナルCDを聴くと、リラックスが深まり、眠くなる傾向がありますが、元気な時はCDを聴くことで逆に集中力が高まりますので、勉強や仕事、フィットネスなどのBGMとしても最適となります。

 

 

 

Q.パーソナルCDに依存しませんか?

 

パーソナルCDを聴くことは、あなた自身の本質エネルギーに触れる体験です。

 

感じる愛や安心感は、ほんらいのあなた自身のうちから湧いてきたものです。自信をもって繰り返し聴いてください。そのうち、聴く頻度が少なくなってくるかもしれませんが、それも順調なプロセスです。

 

 

 

Q.パーソナルCDはいつまで聴けるの?

 

個人差があります。

 

一定の間、非常に頻繁に聴く時期があり、その後しだいに聴く頻度が下がっていくという方が多く見受けられます。まったく聴かない期間が続いたのちに、ふたたび聴いて新たな気づきや体感が得られ、そこからまた聴き始められる方もいらっしゃいます。また、何年経っても変わらず聴き続けていらっしゃる方もいます。「たましいという変わらない本質」にアクセスするので、折に触れて聴き直してみることがお勧めです。

 

 

 

Q.以前、パーソナルCDセッションを受けたことがあります。2回目のセッションは1回目とは違うのですか?

 

A.何度受けても、まったく違った体験、音楽になります。

 

あなたは無限の存在です。いちどにフォーカスできるテーマは限られますが、必ずその時もっとも必要な体験に導かれます。一定期間、定期的に受けられることもたいへんおすすめです。10回以上受け、そしてパーソナルCDを卒業されていかれた方もいらっしゃいます。

 

 

 

Q.分割払いはできますか?

 

クレジットカードでの3回分割払いが可能です。

 

Paypalに登録していただく必要があります。Paypalについてはこちらをご参照ください。

 

 

 

Q.お申し込み後のキャンセルはできますか?

 

お申し込み時点からエネルギーが動き、癒しのプロセスが始まりますので、ご予約後のキャンセル・返金はできません。ご注意ください。

 

セッション日時の変更は可能な限り対応いたしますが、セッション当日に来られなくなった場合などは、後日遠隔セッションへの振替とさせていただくことがあります。

 

 

 

 

 

いのちのピアニスト有本紀です。

 

 

image

 

2021年があけましたね。

 

おめでとうございます。

 

元旦から北海道神宮にお参りし、地球の皆さんの幸せと平和をサポートしてくださるよう、神々の世界の皆さんにお祈りしてきました。

 

 

 

 

 

お祈りと言っても僕は基本的には、メッセージが聞こえたり、姿が見えたりはしないのですが、それは人間としての経験を楽しむためにあえて制限がかかっていると認識しており、それで不自由はありません。

 

 

不自由を自由に楽しませてもらっています。

 

 

おかげで、一見よくわからなそうな子どもが大人に面倒をみてもらうように、いろんな世界観の神々や宇宙存在のみなさんに、広く手厚く面倒をみてもらってきました。

 

 

 

 

 

たとえば、これまでの演奏の仕事でも、実際に滞在し学ばせてもらったインドのバガヴァンをはじめ、サイババ、OSHO、オリン、アシュタール、バシャール、神道関係、仏教関係、キリスト教関係、、、、、といったさまざまな主催チームにお世話になり、それぞれいい仕事をさせてもらってきました。

 

 

現場に行ってから、主催者が〇〇チームだったと知った時もありましたし、そこに導かれた伏線も「なーんだ」というようにあとで紐解かれたりしたこともあります。

 

 

どこへ行っても、フリーパスでウェルカムされ、ふつうはできないような貴重な体験をさせてもらったり、うちうちの話をたくさん聞かせてもらってもきました。

 

 

音楽のおかげさまさまですね。

 

 

 

 

 

 

音楽というものは、このようにというか、いうまでもありませんが、宗教や宗派や思想や人種など人間のこしらえた様々な垣根を簡単に超えます。

 

 

さらには見える世界と見えない世界との垣根も超えて届きます。

 

 

死者にも届くので、いわゆる「たましいを上にあげる」ために演奏をおこなうように導かれたことも、たびたびあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

このように音楽は本来、宇宙から人間に与えられたギフトであり、地球人の使い手の意識しだいでどこまでも垣根を超え、可能性を広げられる「魔法の杖」のようなものなのです。

 

 

ジャズのように、白と黒やいろんな色を、まじりあわせ、仲良くさせてくれるのが、音楽です。

 

 

 

 

 

しかし、これまで何百年もの間の教育的洗脳のおかげで、音楽はとても狭い常識の枠に押し込められていた、というのが実態です。

 

 

やれアートだ、自己表現だ、芸術だ、、、、音楽はそんな人間のつくった、ちっぽけな枠に押し込められるようなものでは、決してありません。

 

 

 

 

 

これまで人間の歴史の中で封印されてきた「音楽それ自体」を解放していくことも、僕に与えられた使命だと思って活動してきました。

 

 

なので、ピアノという人間世界では非常に古典的な楽器を与えられたのだと思っています。

 

 

ピアノという古典的な楽器を、クリスタルボウルなどの「ヒーリング楽器」「宇宙的な楽器」と同等か、場合によってはそれ以上にパワフルな音楽体験、癒し体験を導かせてもらってきました。(他と比べてどうだとかいう意図ではありません。)

 

 

 

 

 

 

 

このように音楽は、自律神経を調え、自分軸を調える、体調を調える、病気や怪我の改善に寄与する、能力をひらく、美しさをひらく、心をひらく、、、、、

 

 

などさまざまな、無限といえる潜在能力をもっており、フリーエネルギーを届ける優れた媒体です。

 

 

 

 

 

ところが音楽(という神)は、なにかのため(たとえば癒しのため)に利用しようとすると、途端にそっぽを向いてしまいます。

 

 

意味わかりますか?

 

 

 

 

 

つまり、心から純粋に音楽を愛する者、子ども(や動物や植物)のように無邪気な意識の存在に対しては、どこまでも素晴らしい体験をさせてくれますが、(おとなの)人間の都合で利用しようとすると、とたんに響かないものになり下がってしまいます。

 

 

多くのヒーリング音楽が、つまらないとか響かない、と言われるのは、音楽への純粋な愛よりも、上手い下手、音楽的価値、理論的正しさなどを優先させる「無意識のエゴのノイズ」が音楽に乗ってしまっているからです。

 

 

音楽を奏でる者が、理屈や正しさではなく、ただ音楽を信じ、音楽に委ねたとき、音楽はどこまでも人に寄り添ってくれ、気持ちをやわらげ、疲れをとり、心身を癒し、インスピレーションを与え、真実や愛に気づかせてくれます。

 

 

その音楽からのギフトを、僕がもっとも純度高くお届けできるのが「パーソナルCD」ということになりますが、時折オーダーを受ける、赤ちゃんやペットにも喜んでもらえることで、自分のつくる音楽のクオリティを確かめさせてもらっています。

 

 

このスタイルが、次の時代の音楽のひとつのスタンダードなあり方として確立されることも、視野に入れて創り続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年一発目の記事では、みなさんへ今年もよろしくおねがいします、という挨拶を、と思っていたのですが、書き出してみると思いのほか、深い話をお届けすることになってしまいました。

 

 

そして、ここまで読んでくださった皆さんには、新しい動画をプレゼントします。

 

image

今朝目覚めたとき、窓の外に広がるあまりに美しい光景に導かれて、近所の山の中に入ってきました。

 

 

新雪の輝く山の中で撮った動画や写真に、うちに帰ってから祈りを込めた即興演奏をのせて動画を制作し、YouTubeにアップししました。

 

 

2021年一作目の「紀さん夢紀行」をどうぞお楽しみください。

 

 

 

 

前回お伝えした、A.U.S-ist=Earth-ist のみんなで作った作品、聴いてもらえましたか?

 

「AWAの唄」リリース!

 

僕もピアニストとして参加している、11月から本格スタート中の「アーシストインレジデンス」の最初の作品が12/30にリリースされました。

 

CD販売等は未定ですが、こちら↓から高音質で聴け、ダウンロード販売もはじまっています。

 


 

 

YouTubeは音質は劣りますが、映像がステキなのでこちらもぜひ観てみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分をいかに信じられるか、とは、あらゆる神の世界への直通のポータル、つまり自分のハート、自分のたましいといかに共に生きるかと同義です。

 

 

最高のパワースポットは、自分の中にあり、すべての源泉は、自分の中にある。

 

 

 

 

 

ことしは、コロナとできるだけ関係なく、各地のみなさんのところにも出かけていきたいと思っていますので、ぜひお声かけしてくださいね。

 

 

2021年も有本紀とその音楽の応援、皆様よろしくおねがいいたします。

 

 

 

 

 

 

 

情報は無料メルマガでのご案内が優先となりますので、ご希望の方はこちらにご登録お願いします。

 

有本紀の情報は無料メルマガを中心に配信しています↓

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/33349

 

 

 

 

【各地でのパーソナルCD制作セッション】

 

1月初旬は札幌にいます。その後は未定ですが、東京関西はじめ、本州方面に1月中旬以降より動く雰囲気となっています。ご希望の方はメッセージください。また遠隔セッションは随時対応します。

 

 

 

 

パーソナルCDとは?

「あなたのいのち」が即興演奏で奏でられ、美しいピアノCD作品になります。世界的アーティストからも絶賛される音楽的クオリティの「たましいのあなたの作品」です。セッションでは、あなたのお話を聞かせていただき、生演奏体験でたましいの感覚をふに落とし、そして必要なメッセージをお伝えします。

♦︎「自分のいのちの音」は特別

いのちの音=たましいの音からは、他では決して得られない安心感が瞬時に得られます。その深い心地よさは、「言葉にできない!」と言われています。

 

♦︎毎日聴く音楽は、たましいのガイド

聴くだけで安心感が深まり、細胞が心地よさを記憶していきます。たましい本来の状態に癒され、人生がひらかれていきます。健康、能力、人間関係、状況が好転していくのを実感されるでしょう。

 

 

 

==================

いのちのピアニスト

有本紀(ありもと・とし)プロフィール

==================
image

 

直観による即興演奏を1対1で録音する「パーソナルCD」を8年間で累計1300枚制作する。 2007年、11年インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。たましいと繋がった「いのちの演奏」は、数々の奇跡体験を起こしてきた。またジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽など数々のコラボレーションを成功させてきたが、近年はスピリチュアルアートでの成果が目覚ましい。

 

 

1971年兵庫生まれ。うつ病で20代は8年間の投薬生活を経験、30歳で薬断ちに成功、玄米菜食の実践で20キロの減量とともに復活。30代はジャズピアニストとして活動するも挫折し「自分らしい在り方」を探求。インドで学んだのち、2011年より完全即興による、完全に独自のヒーリング演奏法に導かれる。圧倒的に高いリピート再生率を誇るたましいのパーソナルCDは、「愛に満たされ人生が変わった」と音楽CDとしては他に類を見ない成果を上げている。

 

 

また、YouTubeは累計80万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍するスピリチュアリスト、アーティスト、医師、施術家、教育など、幅広い支持層から支持されている。

 

========================

■公式HP

http://toshipiano.com

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

========================

 

 

 

いのちのピアニスト有本紀です。

 

 

image

 


昨夜の満月はいかがでしたか?

 

 

29日に札幌に帰ってきましたが、25日から28日にかけて、京都や岐阜で盛り沢山でした。

 

imageimage

imageimage

京都でのクリスタルボウルなーや&出口晴日さんとのセッション、岐阜では40数年ぶりに本格的にアーティストとして復帰されたシャンたんさんとの再会、宇佐美聖子&インド音楽の宮下節雄さんとのセッション、さらに京都でのセッション。(詳しくはまた報告できたらします。)

 

 

 

財産やお金、地位、名誉など人間のつくった価値観の上に発展してきた「地の時代」が終わり、宇宙的な価値観に基づく「風の時代」が本格的にはじまりました。

 

 

個人的には12月の初めから、出雲、札幌、東京、広島、福岡、久高、沖縄、京都、岐阜、札幌と動くことになり、完全に新しい時代の流れに沿って、物事が進んでいるのを感じる、とてもパワフルな1ヶ月間の体験となりました。

 

 

 

 

 

明日から新しい時代の新年ともいえる2021年がスタートします。

 

 

これまで変わらず「たましいセンサーで本来の自分を生きよう」「自分軸を調えよう」とくりかえしメッセージを発信し、自分軸を調えるための決定版「パーソナルCD」をつくらせてもらってきましたが、すべてはこの「風の時代」を生きるための準備だったようにも感じます。

 

 

過去の体験や過去世や御先祖などを含めた、背負ってきた「カルマ」に対して勇気をもって向き合い、浄化に取り組んできたみなさんにとっては、希望に満ちたワクワクした気持ちで新年を迎えることができているはずで、2020年はこれまでの苦労が報われた実感を持たれた一年だった方も多いのではないかと思います。

 

 

おめでとうございます!

 

 

志を同じくする仲間が周りに集まってきて、自然なカタチで信頼関係が深まっていく流れの中で、2021年はますます自分軸を精緻に調え、ほんらいの自分が120%生かされる自分軸中心の人生をお楽しみいただけますよう、あらためてお祈りします。

 

 

 

 

 

一方まだ、楽になってきた手応えの感じられない方、自分の歩む方向性がまだはっきり見えない方も、少なくないようですが、

 

 

焦りは禁物です。

 

 

いま本当の意味で、自分軸で生きる喜びを感じている人のほとんどの方が、どん底時代を経験し、自分の中にある醜い側面、暴力的な側面、エゴイスティックな側面、、、、と真摯に向き合い、受け入れてきた結果です。

 

 

 

 

はっきり言いますが、都合の良い浄化プロセスはありません。

 

人間社会の常識的な価値観に基づいた「〇〇からひどい仕打ちをうけた」などの被害者意識は通用しません。

 

どんな体験もすべて、たましいレベルで自分で望み、自分で引き寄せ、体験させてもらってきたという認識を徹底することが、楽になれるための唯一の方法であり、それが自分軸でいることです。

 

 

 

すべて宇宙的な力学に基づいて、ことは進行しています。

 

フラットな理解をじゃましているのは、人間の価値観です。

 

すべての体験をのみこんで、受け入れ続けていくと、かならず光が見えてきます。

 

 

 

自分軸にたち戻り続ける、そのたましいの拠り所を思い出し続け、身体中の細胞に覚え込ませるために、40分〜70分というパーソナルCDの時間の根拠があります。

 

「自分のすべてを深くを愛する体験」をパーソナルCD制作セッションで提供していますので、ご活用ください。

 

焦る必要はありませんが、原理を理解し、効率よくプロセスを進めていくことは可能です。

 

知識や頭の理解をはるかにこえた、深い意識レベルの体験は、何十時間の座学に勝ります。

 

 

 

くりかえし自分のバイブレーションに触れ続けることは、自分軸の生き方を身につける最短コースです。

 

 

 

 

 

「AWAの唄」リリース!

 

僕もピアニストとして参加している、11月から本格スタート中の「アーシストインレジデンス」の最初の作品が12/30にリリースされました。

 

CD販売等は未定ですが、こちら↓から高音質で聴け、ダウンロード販売もはじまっています。

 


 

 

YouTubeは音質は劣りますが、映像がステキなのでこちらもぜひ観てみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分をいかに信じられるか、とは、あらゆる神の世界への直通のポータル、つまり自分のハート、自分のたましいといかに共に生きるかと同義です。

 

 

最高のパワースポットは、自分の中にあり、すべての源泉は、自分の中にある。

 

 

 

 

 

2020年もたくさんの皆様にお世話になり、ここまで来ることができ、本当に感謝しています。

 

 

音楽を聴いてくださった皆様、セッションを通して素晴らしい体験を分かち合ってくださった多くの皆様、本当にありがとうございました。

 

 

新しい年もどうぞよろしくおねがいいたします。

 

 

皆様が良い新年をお迎えくださいますように心からお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

情報は無料メルマガでのご案内が優先となりますので、ご希望の方はこちらにご登録お願いします。

 

有本紀の情報は無料メルマガを中心に配信しています↓

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/33349

 

 

 

 

【各地でのパーソナルCD制作セッション】

 

1月初旬は札幌にいます。その後は未定ですが、東京関西はじめ、本州方面に1月中旬以降より動く雰囲気となっています。ご希望の方はメッセージください。また遠隔セッションは随時対応します。

 

 

 

 

パーソナルCDとは?

「あなたのいのち」が即興演奏で奏でられ、美しいピアノCD作品になります。世界的アーティストからも絶賛される音楽的クオリティの「たましいのあなたの作品」です。セッションでは、あなたのお話を聞かせていただき、生演奏体験でたましいの感覚をふに落とし、そして必要なメッセージをお伝えします。

♦︎「自分のいのちの音」は特別

いのちの音=たましいの音からは、他では決して得られない安心感が瞬時に得られます。その深い心地よさは、「言葉にできない!」と言われています。

 

♦︎毎日聴く音楽は、たましいのガイド

聴くだけで安心感が深まり、細胞が心地よさを記憶していきます。たましい本来の状態に癒され、人生がひらかれていきます。健康、能力、人間関係、状況が好転していくのを実感されるでしょう。

 

 

 

==================

いのちのピアニスト

有本紀(ありもと・とし)プロフィール

==================
image

 

直観による即興演奏を1対1で録音する「パーソナルCD」を8年間で累計1300枚制作する。 2007年、11年インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。たましいと繋がった「いのちの演奏」は、数々の奇跡体験を起こしてきた。またジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽など数々のコラボレーションを成功させてきたが、近年はスピリチュアルアートでの成果が目覚ましい。

 

 

1971年兵庫生まれ。うつ病で20代は8年間の投薬生活を経験、30歳で薬断ちに成功、玄米菜食の実践で20キロの減量とともに復活。30代はジャズピアニストとして活動するも挫折し「自分らしい在り方」を探求。インドで学んだのち、2011年より完全即興による、完全に独自のヒーリング演奏法に導かれる。圧倒的に高いリピート再生率を誇るたましいのパーソナルCDは、「愛に満たされ人生が変わった」と音楽CDとしては他に類を見ない成果を上げている。

 

 

また、YouTubeは累計80万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍するスピリチュアリスト、アーティスト、医師、施術家、教育など、幅広い支持層から支持されている。

 

========================

■公式HP

http://toshipiano.com

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

========================

 

 

 

いのちのピアニスト有本紀です。

 

image

 

冬至がきましたね。

 

久高島に4日間滞在し、沖縄本島中部の読谷村に滞在し、冬至を迎えました。

 

 

 

泊まった宿が、何も知らずに楽天トラベル見て良さそうだと思って予約した、残波岬の近くのmuchos vientos(ムチョス・ヴィエントス)というところ。

 

 

風の強い丘の上にあり、残波岬のほうの海が見渡せるロケーション。

 

 

そして「風が集まる小さなお宿」って、いまホームページを検索して、初めて知りました笑

 

 

風の時代を迎えるのにピッタリすぎる!

 

 

 

 

そして、行ってみると実はライアー奏者の池末みゆき先生や、クリスタルボウル奏者のなーやさんの常宿だということを宿のご主人から訊かされてびっくり。

 

 

なおかつ、なーやさんは現在京都で開催中の写真展の最終日の25日に会うことが、数日前に決まっていたという、、、、笑

 

 

 

(ということで、29日に札幌に帰ることになったので、パーソナルCD制作セッションは遠隔も含めて、年明けから行います)

 

 

 

特に10日から始まった今回の旅は、シンクロがピタっとハマる、予測不能なミラクル展開がほぼ毎日続いて、記事に書き切れないのですが、今朝は宿で急遽ミニライブと相成りました。

 

image

image

 

冬至お祝いのソロ演奏をみなさんに体験していただいた後に、泊まられていた神戸拠点に世界的に活動されている天久こゆ喜さんのトーニングとの初対面「ごあいさつ即興セッション」が、また気持ちよくキマッたので、来年はなにかご一緒することになるかもです。

 

 

 

 

image

 

久高島に渡る前に訪れた、世界遺産の斎場御嶽も訪れる人が少なく、本来の神聖な雰囲気を回復しているようでした。

 

 

 

 

 

ところで、明日22日はグレートコンジャンクションと言う、これまで250年続いた「地の時代」から「風の時代」への大きな切り替わりの節目だと言われています。

 

 

日本で言うと、これまでの250年とは、江戸後半、明治、大正、昭和、平成。

 

 

大きな流れとしてみると、「地の時代」は物質、経済中心主義が進み、その視点から見ると昭和の高度成長期をピークとして、平成は衰退期とも言えるかもしれません。

 

 

ではこれからの「風の時代」は、何を中心にして回っていく世界になるのでしょうか?

 

 

 

 

僕はもともと、いわゆるメッセージをおろしたりしないタイプなんですが、実は音楽の時と同様いまでは、特にこうやって書いたりセッションでお話ししてる時は、たましい経由で宇宙からのメッセージをお伝えするってのがデフォルトになっています。

 

 

ちなみにそれを信頼するかどうかは、みなさんにお任せします笑

 

 

では、僕にきているエネルギーを簡単に言語化して、シェアしますね。

 

 

 

 

ひとりひとりの意識が、それぞれの世界を築いていく

 

 

 

水が氷、水、水蒸気と、置かれた環境で形を変えるように、わたしたちも一緒にいる人、環境によって、表現の仕方を変えます。

 

 

たとえば僕は、パーソナルCDをつくりますが、相手が変われば、表現される音楽が変わります。

 

 

でも、表現は変わっても、僕や僕の音楽の本質は変わりません。

 

 

つまり、誰もの行動や表現をみていくと、実は置かれた人的環境、社会的環境によって、表現は自然に変わってくるということ。

 

 

表面が変わっても、たましい直通で表現行動できているとき、自分に不安はなく、確信しかありませんが、本来の自分とのつながりが弱い場合は、確信がもてずに、常時正解を外側に求めたり、確かめようとして「安全策」を選びがちです。

 

 

また、本質の部分でないところにフォーカスしやすい人との縁は、距離ができやすいようにも感じます。

 

 

本質にフォーカスする人とは初対面でも深い信頼関係を、短い時間で持つことができる。

 

 

これは、人によって違い、同じ種類のエネルギーが引き寄せ合います。

 

 

 

 

風の時代を生きるのに不可欠な意識

 

 

これまでの「地の時代」に通用していた、常識にフィットしやすい意識のまま、見える世界に信頼の基盤を持っていると苦しくなります。

 

 

お金や能力や肩書、保険、保証、、、、この世的な、人が決めた古い体制を基盤にしたものは、この先は信頼の基盤にはなりません。

 

 

あなたの創造する世界の源泉は、どこにあるのかを知り、確信し、それを信頼できるようになること。

 

 

すべての源泉は、自分であり、自分の中の神。

 

 

自分が自分の生きる世界を生み出している、と言う認識。

 

 

創造の循環の流れに意識がアジャストできれば、物質的にも経済的にも循環します。

 

 

これまでのような安定感とは異なる、自転車に乗って回り続けることで安定感は、その瞬間瞬間生まれ、永遠に続きます。

 

 

いま=永遠とは、このイメージです。

 

 

 

 

 

 

これからは、フリーエネルギーの時代です。

 

 

つまり、これからの風の時代は、完全に自分の意識が自分の体験する世界を作っていく時代になるので、すべては自分の意識次第。

 

 

自分がいかにしっかり自分と繋がって生きるかです。

 

 

根元神、創造主は自分の中にいます。

 

 

外側にはいません。

 

 

答えや解決策は外側にはありません。

 

 

どんな神的存在も、自分の中にいます。

 

 

他の人がなんと言おうと、すべて自分が体験するためのガイドに過ぎません。

 

 

僕が言ってるこの話も、あなたが自分の世界を認識するためのヒントに過ぎません。

 

 

 

 

そんな時代が本格的にスタートです。

 

 

自分を調えていくことに習熟していきましょう。

 

 

自分と深く繋がるためのツールとしてのパーソナルCDも、その存在価値が増してきたように感じています。

 

 

持っているけど最近聴いてなかった人は、ぜひ聴き直してみてください。

 

 

体験したことない人は、ぜひどうぞ。

 

 

YouTubeとは全然違う、別次元の、あなたの本質をエネルギーとして体験するのが、パーソナルCDです。

 

 

それを毎日繰り返し聴くことで、本来の自分のエネルギーを、細胞が思い出し、自然に本来の自分を生きるようになっていきます。

 

 

あなた固有の振動数が音楽に織り込まれているので、聴き続けるほどに、内側の本来の自分と、自分でない外側の情報、経験則による洗脳との違いに気づいていきます。

 

 

 

 

 

 

風の時代は、自分固有の振動数で生きる時代

 

 

自分をいかに信じられるか、とは、あらゆる神の世界への直通のポータル、つまり自分のハート、自分のたましいといかに共に生きるかと同義です。

 

 

最高のパワースポットは、自分の中にある。

 

 

すべての源泉は、自分の中にある。

 

 

風の時代は、自分固有の振動数、つまりは、たましいで生きる時代です。

 

 

 

 

 

 

自分らしく生きる時代、風の時代のスタートを祝して。

 

 

久高島は神の島、というのを今回も滞在中にガッチリ体験してきました。

 

 

その久高島の風とともに収録した即興演奏をみなさんにもプレゼントします。

 

 

 

 

2021年はますます流動的な動き方になりそうです。

 

 

お気軽にメッセージください。

 

 

これまでもそうでしたが、風の時代は誰かのメッセージや偶然に見える出会いから、次のスケジュールが決まっていくことがますます多くなるような感じがしています。

 

 

では、冬至と明日のグレートコンジャンクションをすてきにお過ごしくださいますように!

 

 

 

 

 

 

 

情報は無料メルマガでのご案内が優先となりますので、ご希望の方はこちらにご登録お願いします。

 

有本紀の情報は無料メルマガを中心に配信しています↓

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/33349

 

 

 

 

【各地でのパーソナルCD制作セッション】

 

1月初旬は札幌にいます。その後は未定ですので、ご希望の方はメッセージください。また遠隔セッションは随時対応します。

 

 

 

 

 

 

 

パーソナルCDとは?

「あなたのいのち」が即興演奏で奏でられ、美しいピアノCD作品になります。世界的アーティストからも絶賛される音楽的クオリティの「たましいのあなたの作品」です。セッションでは、あなたのお話を聞かせていただき、生演奏体験でたましいの感覚をふに落とし、そして必要なメッセージをお伝えします。

♦︎「自分のいのちの音」は特別

いのちの音=たましいの音からは、他では決して得られない安心感が瞬時に得られます。その深い心地よさは、「言葉にできない!」と言われています。

 

♦︎毎日聴く音楽は、たましいのガイド

聴くだけで安心感が深まり、細胞が心地よさを記憶していきます。たましい本来の状態に癒され、人生がひらかれていきます。健康、能力、人間関係、状況が好転していくのを実感されるでしょう。

 

 

 

==================

いのちのピアニスト

有本紀(ありもと・とし)プロフィール

==================
image

 

直観による即興演奏を1対1で録音する「パーソナルCD」を8年間で累計1300枚制作する。 2007年、11年インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。たましいと繋がった「いのちの演奏」は、数々の奇跡体験を起こしてきた。またジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽など数々のコラボレーションを成功させてきたが、近年はスピリチュアルアートでの成果が目覚ましい。

 

 

1971年兵庫生まれ。うつ病で20代は8年間の投薬生活を経験、30歳で薬断ちに成功、玄米菜食の実践で20キロの減量とともに復活。30代はジャズピアニストとして活動するも挫折し「自分らしい在り方」を探求。インドで学んだのち、2011年より完全即興による、完全に独自のヒーリング演奏法に導かれる。圧倒的に高いリピート再生率を誇るたましいのパーソナルCDは、「愛に満たされ人生が変わった」と音楽CDとしては他に類を見ない成果を上げている。

 

 

また、YouTubeは累計80万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍するスピリチュアリスト、アーティスト、医師、施術家、教育など、幅広い支持層から支持されている。

 

========================

■公式HP

http://toshipiano.com

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

========================

 

 

 

いのちのピアニスト有本紀です。

 

 

久高島でのパーソナルCD制作の募集は、明日12/9の午後8時から行います。

 

無料メルマガでのご案内が優先となりますので、ご希望の方はこちらにご登録お願いします。

 

有本紀の情報は無料メルマガを中心に配信しています↓

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/33349

 

 

 

 

長年あちこちを旅していると、地元民から「なんもないところでしょ」という言葉を聴かされることがよくあります。

 

 

「あー、わかる」って人も少なからずいると思うけど、個人も同じだよね、って今日はそんなお話です。

 

 

 

 

 

 

旅人の視点からすると、地元の人の言う「ここにはなにもない」という言葉ほど当てにならないものはない。

 

 

 

なので旅人や移住者はときに、地元民にとっての当たり前の中に、もっとも貴重なものがある、ということを気づくきっかけになる。

 

 

光るものは、たくさんの人を呼べる観光地とか名物とか、名の通った”売り”とは違ったところに、変わらず静かに存在しているものだ。

 

 

 

 

 

これは個人にも言える。

 

 

自分があたりまえにもっているものの魅力は、自分には当たり前すぎてなかなか自覚できないもの。

 

そこに、ほんとうの豊かさとか個性というものがあるのに、本人は頑なに気づこうとしなかったりさえする。

 

 

 

 

パーソナルCD制作も、旅人の視点のようなところがある。

 

 

本人の本質的な美しさを、音楽として本人に体感してもらったとき、はじめてありのままの自分の素晴らしさを自覚することがよくある。

 

 

 

 

 

ほんとうはむしろ、個性的でない、売りもない、「なにもない」方が、磨滅していない、手付かずの魅力、豊かさが保たれているのかもしれない。

 

 

 

 

 

ふと吉野川市での日々の印象をYouTubeに残しておきたくなって、動画にしてみた。

 

 

録音データを見ると202011月26日01:05となっていた。

 

 

つまり、吉野川の皆さんと初めて出会った夜、飲み語らった挙句の勢いで即興演奏を行ったときのものだ。

 

その日の夕方、ひとり吉野川の河原で夕焼けを見ながらコーヒーを淹れて良い気分になっていたその印象からの流れの演奏だった。

 

 

即興演奏は、作ろうと思って作らない演奏だ。

 

練習もしなければ、構想も練らない。

 

流れてくるものに任せるのが基本で、自分でも自分の奏でる音の美しさに演奏しながら驚いたり、感動することもあるほど、「僕の演奏であって、僕の演奏でない」。

 

 

 

 

写真も地元の人からすると、もっと良い写真にしてもらいたかったかもしれない。

 

iPhoneで撮った個人的なスナップ写真を並べただけだから。

 

 

 

でも、こういう意図しない日常の中にこそ豊かさがある、ということを、録音した演奏を聴いて教えてもらえた気がしたので、あえてそのままYouTubeにアップしてみました。

 

 

よかったら聴いてみてください。

 

 

 

 

 

 

【各地でのパーソナルCD制作セッション】

 

12/12~14  広島市内

12/16~22  久高島、沖縄本島などを予定

 

ご希望の方はメッセージください。

 

 

 

 

 

 

パーソナルCDとは?

「あなたのいのち」が即興演奏で奏でられ、美しいピアノCD作品になります。世界的アーティストからも絶賛される音楽的クオリティの「たましいのあなたの作品」です。セッションでは、あなたのお話を聞かせていただき、生演奏体験でたましいの感覚をふに落とし、そして必要なメッセージをお伝えします。

♦︎「自分のいのちの音」は特別

いのちの音=たましいの音からは、他では決して得られない安心感が瞬時に得られます。その深い心地よさは、「言葉にできない!」と言われています。

 

♦︎毎日聴く音楽は、たましいのガイド

聴くだけで安心感が深まり、細胞が心地よさを記憶していきます。たましい本来の状態に癒され、人生がひらかれていきます。健康、能力、人間関係、状況が好転していくのを実感されるでしょう。

 

 

 

==================

いのちのピアニスト

有本紀(ありもと・とし)プロフィール

==================
image

 

直観による即興演奏を1対1で録音する「パーソナルCD」を8年間で累計1300枚制作する。 2007年、11年インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。たましいと繋がった「いのちの演奏」は、数々の奇跡体験を起こしてきた。またジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽など数々のコラボレーションを成功させてきたが、近年はスピリチュアルアートでの成果が目覚ましい。

 

 

1971年兵庫生まれ。うつ病で20代は8年間の投薬生活を経験、30歳で薬断ちに成功、玄米菜食の実践で20キロの減量とともに復活。30代はジャズピアニストとして活動するも挫折し「自分らしい在り方」を探求。インドで学んだのち、2011年より完全即興による、完全に独自のヒーリング演奏法に導かれる。圧倒的に高いリピート再生率を誇るたましいのパーソナルCDは、「愛に満たされ人生が変わった」と音楽CDとしては他に類を見ない成果を上げている。

 

 

また、YouTubeは累計80万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍するスピリチュアリスト、アーティスト、医師、施術家、教育など、幅広い支持層から支持されている。

 

========================

■公式HP

http://toshipiano.com

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

========================