ピアニスト 有本 紀 オフィシャルブログ

ピアニスト 有本 紀 オフィシャルブログ

Music Is A GIFT FROM HEAVEN.
自分のほんとうの姿を、映し出してくれる音楽

水面に落ちる一滴のしずくが
波紋となる
鍵盤からこぼれ出た
一音からはじまる


魂の PIANO 物語



テーマ:
有本紀です。

 

 

 

 

先日の群馬でのコンサートと

 

パーソナルCD制作で

 

たくさん聴かせてもらったシェアから

 

印象に残った言葉。

 

 

 

 

 

カラダの余分なチカラが抜け、

 

大地との繋がりが戻ってきた。

 

 

 

 

なにを大切に想い、

 

どういう在り方をするのか

 

 

 

 

頭を空っぽにして

 

魂からの声が聴こえてくるまで

 

じっくりゆっくり

 

答えを急がず過ごそうと思う…

 

 

 

人生観が変わってしまった…

 

 

 

 

 

 

 

頭を空っぽにして、、、

 

魂からの声が聴こえてくるまで、、、

 

答えを急がず、、、


 

 

 

 

 

 

 

 

学ぶこと、練習すること、

 

仕事することも大切だけど、

 

頭を空っぽにして、遊ぶことや、

 

愛とともに安心して休むことは、

 

人生のためには大切なことだと

 

知っていても、案外後回しにされがちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、自分のものの見方や感じ方の変化、

 

わからなかったことが腑に落ちる体験は、

 

実は一生懸命に勉強や仕事をしている時よりも、

 

ぼーっと休んでいる時や、

 

遊んでいる時に、自然に起こったりするものです。

 

 

 

 

 

 

 

また、しっかり休んだり遊んだりしないで、

 

仕事のパフォーマンスを上げるのも不可能です。

 

だから、休んだり遊んだりが

 

抵抗なくできるようになることは大切。

 

人間だもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも真面目に一生懸命やる

 

習慣がつきすぎている人には

 

自分を楽にして、

 

楽しませてあげることや、

 

遊び心の実践は、

 

案外チャレンジだったりします。

 

 

 

 

 

でも、遊び心で自分を楽しませることってすごく大切。

 

 

 

 

 

 

しっかり休んで

 

少し元気を取り戻したら、遊び心の出番。

 

遊び心で、ますます元気になれるよ。

 

うまくいかないことが出てきても

 

自分で自分を笑えるようになれたらOK!

 

 

 

 

 

思い切って、気になる人に連絡をとってみる。

 

行ったことのないところに行ってみる。

 

知らない人たちのお茶会や

 

ワークショップに一人で参加してみる。

 

などなども、小さな遊び心。

 

 

 

 

 

大切なのは、自分の意志でそれを選び、やってみること。

 

経験に失敗なんてないから。

 

どんな経験も大切にできる。

 

笑うこともできる。

 

 

 

 

 

また、自分を大切にするために

 

時間とお金と労力を使うことができた時、

 

意外と他の人のことも

 

大切に感じることができたりします。

 

 

 

 

 

自己犠牲が習慣になっている人は、

 

頭が固くなりがちなので、

 

ぜひ自分を大切にすることに

 

トライしてみてください。

 

 

 

 

休むこと、遊ぶことを

 

「贅沢しちゃったな〜(汗)」とか、

 

「無駄遣いしちゃったかな〜」

 

と後で想ってしまうのと、

 

「自分を大切にする体験にできて良かった!ありがたいなあ!」

 

で終わらせるのとでは、

 

同じお金と時間を使うのでも

 

全然違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとの意識の使い方次第で、

 

私たちはもっと自由になれます。

 

遊び心でやってみることが

 

あなたの突破口を開くこともあります。

 

 

 

Let's enjoy your life❤️

 

image

昨日は思い立って、高野山奥の院へ弘法大使に会いに。

 

 

 
 
 
パーソナルCD
はじめてのセルフセッション
衝撃と感動の体験記録!

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12385381098.html

 

パーソナルCDセッションは何度受けても、
毎回、まったく違った体験と音楽になります。
 

 

 

 

・8/1~3 仙人も酔いしれる仙酔島ヒーリング三昧ツアー

 

【11/2~4 久高島 有本紀&フォトクリエーターkumi 魂のリトリートセッション3日間】

 

 

 

 

 
・パーソナルCDの効果的な使い方
・ひとりごと(僕が演奏の仕事をはじめた頃)

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12387631692.html

 
 
 

●無料メルマガ

【魂がよろこぶお話】

 〜癒されて、確信が深まる〜 

登録はこちら↓↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/33349

 

【重要】

携帯の人はmail@toshipianoからの

メッセージを受けとれるよう

メール設定してください

 

 

 

 

====================

【有本紀(ありもと・とし)プロフィール】

ピアニスト&ハーモナイザー

(調和した場を生み出すピアニスト)

image

====================

 

個人の魂にアクセスし、直観による即興演奏を1対1のコンサート形式で録音する「パーソナルCD」を6年間で累計1000枚制作する。録音トータルでは500時間を軽く超える、他に類をみない圧倒的経験値を有する。 2007年に21日間、11年に28日間、インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、エネルギーワーク、インナーチャイルドワーク、過去世や未来と繋がるワーク、多種多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。「自分の本質と繋がる力」「潜在能力」を引き出す、スピリチュアル・ヒーリングピアニストとして高い評価を得ている。また、アーティスト・ピアニストとしても、ジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽などジャンルを超えてコラボ多数。

 

 

1971年兵庫生まれ。20代をうつ病ですごし、30代前半はジャズピアニストとして活動するも挫折、「自分らしい在り方とは何か」を探求。2011年より直観による完全即興で行なう独自のヒーリング演奏をはじめる。「半年以上リピートし続けている」「CD音源を常に持ち歩いている」など圧倒的に高いリピート再生率を誇る「パーソナルCD」は、「無条件の安心感を手に入れた」「愛に満たされる」と好評を博している。

 

 

また、YouTubeは累計60万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍する音楽家、アーティスト、スピリチュアルリーダーやヒーラー、施術家など、幅広い支持層から注目を集めている。

 

 

■公式HP

http://toshipiano.com

 

 

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

 

 

■ラジオ出演情報「その人らしく、花を咲かせる」

http://honmaru-radio.com/nadeshiko0008/

「ホンマルラジオ」北海道【ヤマトナデシコ実践塾】

 

 

 
 
 
 

 


テーマ:
有本紀です。



昨日は全国から人か集まる

奈良県の天河神社専属奏者の

shavdoさんと

初めてレコーディングしました。





一緒に演奏して早5年。

CD出す予定も何もないけど、

至宝の音を作品として残しておきたい。

まずは第一歩です。






気づきとは、

愛の流れる通り道をヒラクこと。






そして、それは、

やはり愛によってもたらされるもの。









自然、音楽、人、、、

 

あらゆる愛を通して、

 

気づきの体験はもたらされ、

 

あなたの中の愛の通り道はひらかれる。

 

 

 

 

 

 

 

深い癒しと気づき、変容はセットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の癒し体験で得られる

 

小さな気づきこそが、

 

大きな解放、変化と

 

豊かさをもたらします。

 

 

 

 

 

 

 

日々、一瞬を大切に生きたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

札幌、沖縄、東京、群馬、大阪

 

休みなく続いた演奏の日々を

 

いったん休んで、今日は、

 

自然の中でリセットしています。

 

 

 









 

 

 

 
・8/1~3 仙人も酔いしれる仙酔島ヒーリング三昧ツアー

 

【11/2~4 久高島 有本紀&フォトクリエーターkumi 魂のリトリートセッション3日間】

 

 

 
 
 
 
パーソナルCD
はじめてのセルフセッション
衝撃と感動の体験記録!

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12385381098.html

 

パーソナルCDセッションは何度受けても、
毎回、まったく違った体験と音楽になります。
 
 
・パーソナルCDの効果的な使い方
・ひとりごと(僕が演奏の仕事をはじめた頃)

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12387631692.html

 
 
 
 
 
 
 
 

●無料メルマガ

【魂がよろこぶお話】

 〜癒されて、確信が深まる〜 

登録はこちら↓↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/33349

 

【重要】

携帯の人はmail@toshipianoからの

メッセージを受けとれるよう

メール設定してください

 

 

 

 

====================

【有本紀(ありもと・とし)プロフィール】

ピアニスト&ハーモナイザー

(調和した場を生み出すピアニスト)

image

====================

 

個人の魂にアクセスし、直観による即興演奏を1対1のコンサート形式で録音する「パーソナルCD」を6年間で累計1000枚制作する。録音トータルでは500時間を軽く超える、他に類をみない圧倒的経験値を有する。 2007年に21日間、11年に28日間、インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、エネルギーワーク、インナーチャイルドワーク、過去世や未来と繋がるワーク、多種多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。「自分の本質と繋がる力」「潜在能力」を引き出す、スピリチュアル・ヒーリングピアニストとして高い評価を得ている。また、アーティスト・ピアニストとしても、ジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽などジャンルを超えてコラボ多数。

 

 

1971年兵庫生まれ。20代をうつ病ですごし、30代前半はジャズピアニストとして活動するも挫折、「自分らしい在り方とは何か」を探求。2011年より直観による完全即興で行なう独自のヒーリング演奏をはじめる。「半年以上リピートし続けている」「CD音源を常に持ち歩いている」など圧倒的に高いリピート再生率を誇る「パーソナルCD」は、「無条件の安心感を手に入れた」「愛に満たされる」と好評を博している。

 

 

また、YouTubeは累計60万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍する音楽家、アーティスト、スピリチュアルリーダーやヒーラー、施術家など、幅広い支持層から注目を集めている。

 

 

■公式HP

http://toshipiano.com

 

 

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

 

 

■ラジオ出演情報「その人らしく、花を咲かせる」

http://honmaru-radio.com/nadeshiko0008/

「ホンマルラジオ」北海道【ヤマトナデシコ実践塾】

 

 

 
 
 
 

 


テーマ:
有本紀です。
 

 

 

タイトル通りのお話なんだけどね。

 

 

 

人生には遊びが絶対必要!って話。

 

 

 

 

例えば音楽は遊びだから、遊びということは、

「習う」「教わる」という受け身より、

「自分で遊ぶ」という気持ちが先にないと楽しめないよね。

 

 

 

教わった通りにやる遊びは遊びじゃないよね?

親や先生に言われたことと違う、

自分の好きなことをやりたいのが遊びの世界。

 

 

 

自分独自の世界をやりたいのが遊びの世界。

 

 

 

だよね?

 

 

 

だから自分の遊び心をいつも優先させて、

それを自分で膨らませるために

教わったり、練習したり、という順序。

 

 

楽譜通りに演奏することだけを目指して

練習ばかりやってると、

遊びを忘れてしまいやすい。

 

 

音楽やるうえで即興演奏は、

遊び心、創作イメージを育てるには、

大切だと思う。まさに遊びだもの。

 

 

 

もしも自分が、

遊びの感覚を忘れた「大人」に

なりすぎてると思ったら、

 

 

 

音楽で子供時代の遊びの感覚を取り戻すのも良いかも。

 

 

 

それが人生を楽しむことに生かされるはず。
 

 

 

音楽でなくても良いけど、

本当の遊びが大人には特に大切だと思う。

自分の子供の頃を思い出してみて。

 

 

 

それは、誰にも邪魔されない、

自分だけの夢の世界だったり、

自分のための癒しの聖域にすることもできる。

しかも、誰かと分かち合うこともできる。

 

 

 

音楽を始める人には、

大人でも子供でも、

まだ見ぬ「自分の世界」を大切にしてほしい。

 

 

 

何かを習いに行くなら、

子どもに習わせようとするなら、

「あなたの世界」を大切にし、

引き出そうとしてくれる先生を見極めてほしい。

 

 

 

そして、音楽には人生のアプローチと同じ要素がたくさん含まれている。

 

 

 

 
・8/1~3 仙人も酔いしれる仙酔島ヒーリング三昧ツアー

 

【11/2~4 久高島 有本紀&フォトクリエーターkumi 魂のリトリートセッション3日間】

 

 

 
 
 
 
パーソナルCD
はじめてのセルフセッション
衝撃と感動の体験記録!

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12385381098.html

 

パーソナルCDセッションは何度受けても、
毎回、まったく違った体験と音楽になります。
 
 
・パーソナルCDの効果的な使い方
・ひとりごと(僕が演奏の仕事をはじめた頃)

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12387631692.html

 
 
 
 
 
 
 
 

●無料メルマガ

【魂がよろこぶお話】

 〜癒されて、確信が深まる〜 

登録はこちら↓↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/33349

 

【重要】

携帯の人はmail@toshipianoからの

メッセージを受けとれるよう

メール設定してください

 

 

 

 

====================

【有本紀(ありもと・とし)プロフィール】

ピアニスト&ハーモナイザー

(調和した場を生み出すピアニスト)

image

====================

 

個人の魂にアクセスし、直観による即興演奏を1対1のコンサート形式で録音する「パーソナルCD」を6年間で累計1000枚制作する。録音トータルでは500時間を軽く超える、他に類をみない圧倒的経験値を有する。 2007年に21日間、11年に28日間、インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、エネルギーワーク、インナーチャイルドワーク、過去世や未来と繋がるワーク、多種多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。「自分の本質と繋がる力」「潜在能力」を引き出す、スピリチュアル・ヒーリングピアニストとして高い評価を得ている。また、アーティスト・ピアニストとしても、ジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽などジャンルを超えてコラボ多数。

 

 

1971年兵庫生まれ。20代をうつ病ですごし、30代前半はジャズピアニストとして活動するも挫折、「自分らしい在り方とは何か」を探求。2011年より直観による完全即興で行なう独自のヒーリング演奏をはじめる。「半年以上リピートし続けている」「CD音源を常に持ち歩いている」など圧倒的に高いリピート再生率を誇る「パーソナルCD」は、「無条件の安心感を手に入れた」「愛に満たされる」と好評を博している。

 

 

また、YouTubeは累計60万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍する音楽家、アーティスト、スピリチュアルリーダーやヒーラー、施術家など、幅広い支持層から注目を集めている。

 

 

■公式HP

http://toshipiano.com

 

 

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

 

 

■ラジオ出演情報「その人らしく、花を咲かせる」

http://honmaru-radio.com/nadeshiko0008/

「ホンマルラジオ」北海道【ヤマトナデシコ実践塾】

 

 

 
 
 
 

 


テーマ:
有本紀です。
 

 

 

 

昨夜の「言の葉の夜」

 

詩と歌と演奏の

 

ハーフメディテーションコンサートでした。

 

 

 

 

 

3人でヒーリングワークと同じように

 

自我を脇に置いてパフォーマンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の音楽観は、一般的なこれまでの音楽の常識とは

 

だいぶ違うかもしれないけど、

 

そもそも僕自身、

 

パーソナルCD制作など、

 

即興演奏を中心とした

 

常識はずれのパフォーマンスを日常的に行なっているので、

 

その音楽観を語らせてもらうことも

 

少しは意味があると思うので

 

思い立ったら時々書き残しておこうと思う。

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、よかったら、

 

今日はすこしお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

 

では始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即興演奏はおしゃべり。

 

楽譜使って演奏するのは読み書き、朗読。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…だとしたら、

 

 

 

 

 

 

音楽を始めるにあたって

 

楽譜なんて使わずに、楽器と遊んで音と遊んで、

 

好きにお喋りしたり、鼻歌歌うところからはじめて、

 

ある程度喋れるようになったら、

 

それから読み書き(楽譜)に進むのが自然。

 

 

 

 

 

 

子どもはそうやって、だんだん喋れるようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、音楽は別の角度から見れば、スポーツみたいなもの。

 

たとえば野球とかサッカーとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ、投げ方、蹴り方、バットの持ち方とか

 

基本的なことを教える必要があっても、

 

教則本使わなくてもいい段階っていくらでもある。

 

遊びの段階。見よう見まねで覚える。

 

ルールとか教える前に、ボールと遊ぶのが面白い段階。

 

 

 

 

 

 

 

音楽で言えば、楽器の音を出したり、

 

声を出したり、それが面白い段階。

 

楽器の持ち方とか教えるのに、

 

音階弾く指使い教えるのに、

 

歌を覚えるのに、楽譜はいらない。

 

 

 

 

 

 

いきなり楽譜読んで、

 

かっこよく曲をやりたいってのは、

 

オトナのアタマから出た発想じゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現に歴史上に名を残す

 

昔のジャズとかブルースとかの巨人には、

 

即興演奏の達人だが、楽譜読めない人が多数いて、

 

何十年経っても、ファンがつく、

 

即興演奏の名演を無数に残している。

 

ポール・マッカートニーも楽譜はダメらしい。

 

 

 

 

 

 

楽譜読めない人が集まって、

 

素晴らしいアンサンブルを即興演奏で行なっている。

 

 

 

 

 

 

それは彼らが特殊な天才だから?

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけない、と思う。

 

歴史に残ってない無数の楽譜の読めない

 

「無学の」即興音楽家が何百倍といるはずだ。

 

 

 

 

 

 

クラシック音楽も素晴らしいけど、

 

楽譜を原書どおりに朗読(演奏)して感動させる音楽。

 

世界的、歴史的に見たら、

 

音楽全体から見たら、かなり特殊な世界だと思う。

 

 

 

 

 

 

それが音楽というものの中心にあることが、

 

不自然なことだと思うが、どうだろう。

 

 

 

 

 

 

 

世界の音楽の多くは楽譜を使わない。

 

またはあまり必要としない。

 

言葉で言えば日常会話の延長にある。

 

 

 

 

 

 

 

日常会話できない人が、

 

バッハやモーツァルト、、、古典の朗読は達人。

 

上手いだけでなく、深い感動を与えさえする。

 

そういう才能を受け入れる、

 

音楽というギフトのキャパシティの大きさは素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

でも、それは、普通のことじゃないと思う。

 

 

 

 

 

大昔に外国の人が書いた物語を

 

原書で上手に朗読して、感動させる。

 

楽譜の世界で多くの人を感動させる音楽家はすごい。

 

本当に特殊技能の世界だと思う。すごいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、一般的ではないと思う。

 

一般的でない発想が、

 

世間の常識的な音楽観になっている、と感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界的に見ても、歴史的にみても、

 

即興演奏は日常的。

 

楽譜を演奏するのは特殊技能。

 

 

 

 

 

 

 

即興演奏の方がずっと日常的だ。

 

みんな日常会話は即興で

 

当たり前のように行なっているでしょ。

 

「台本もなしに、どうやって言葉選んでるの?

 

台本なしに喋れるなんてすごいですね!」

 

って言われても困るよね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

即興演奏も同じなんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

人間ってすごいね。

 

何にもないところから、

 

言葉や音を使って即興で話できるんだから。

 

 

 

 

 

 

どうかな。これが僕の音楽観なんだけど、へんかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーリングやエネルギーワークの世界でもそうだが、

 

体験することで、これまでの常識が

 

どんどん自然体に戻って行く。

 

 

 

 

 

価値観が、時代が、大きく変わっていく中を生きている。

 

 

 

 

 

 

 
名ピアニストEroll Garnerも譜面の読み書きができなかった。
このジャズ史に残る名曲Mistyは、
飛行機の中で曲想を思いつき、譜面が書けなかったので、
ホテルに着いて忘れないように
テープレコーダーに録音して曲を残したという。
今ならボイスメモですね。
もちろん演奏は即興だから、演奏のたびにアレンジは異なるのだ。
 

 

 

 

 

 
・8/1~3 仙人も酔いしれる仙酔島ヒーリング三昧ツアー

 

【11/2~4 久高島 有本紀&フォトクリエーターkumi 魂のリトリートセッション3日間】

 

 

 
 
 
 
パーソナルCD
はじめてのセルフセッション
衝撃と感動の体験記録!

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12385381098.html

 

パーソナルCDセッションは何度受けても、
毎回、まったく違った体験と音楽になります。
 
 
・パーソナルCDの効果的な使い方
・ひとりごと(僕が演奏の仕事をはじめた頃)

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12387631692.html

 
 
 
 
 
 
 
 

●無料メルマガ

【魂がよろこぶお話】

 〜癒されて、確信が深まる〜 

登録はこちら↓↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/33349

 

【重要】

携帯の人はmail@toshipianoからの

メッセージを受けとれるよう

メール設定してください

 

 

 

 

====================

【有本紀(ありもと・とし)プロフィール】

ピアニスト&ハーモナイザー

(調和した場を生み出すピアニスト)

image

====================

 

個人の魂にアクセスし、直観による即興演奏を1対1のコンサート形式で録音する「パーソナルCD」を6年間で累計1000枚制作する。録音トータルでは500時間を軽く超える、他に類をみない圧倒的経験値を有する。 2007年に21日間、11年に28日間、インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、エネルギーワーク、インナーチャイルドワーク、過去世や未来と繋がるワーク、多種多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。「自分の本質と繋がる力」「潜在能力」を引き出す、スピリチュアル・ヒーリングピアニストとして高い評価を得ている。また、アーティスト・ピアニストとしても、ジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽などジャンルを超えてコラボ多数。

 

 

1971年兵庫生まれ。20代をうつ病ですごし、30代前半はジャズピアニストとして活動するも挫折、「自分らしい在り方とは何か」を探求。2011年より直観による完全即興で行なう独自のヒーリング演奏をはじめる。「半年以上リピートし続けている」「CD音源を常に持ち歩いている」など圧倒的に高いリピート再生率を誇る「パーソナルCD」は、「無条件の安心感を手に入れた」「愛に満たされる」と好評を博している。

 

 

また、YouTubeは累計60万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍する音楽家、アーティスト、スピリチュアルリーダーやヒーラー、施術家など、幅広い支持層から注目を集めている。

 

 

■公式HP

http://toshipiano.com

 

 

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

 

 

■ラジオ出演情報「その人らしく、花を咲かせる」

http://honmaru-radio.com/nadeshiko0008/

「ホンマルラジオ」北海道【ヤマトナデシコ実践塾】

 

 

 
 
 
 

 


テーマ:
有本紀です。
 

 

 

 

 

 

群馬コンサートの余韻冷めやらぬ間に、

 

昨日の午後は新大阪のB-tech Japanで

 

「パーソナルCD制作体験コンサート」。

 

 

 

 

 

 

3日の沖縄入り以来、

 

沖縄、東京、群馬、大阪と、

 

ほぼ休みなく連日導管に徹して、

 

宇宙采配による音楽と

 

皆さんとの交流を楽しんでます。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

連日の演奏ですが、

 

僕には音楽が中心にあり、

 

その音楽をどう捉えるかが、

 

連日のパフォーマンスの

 

クオリティを支えています。

 

 

 

 

 

 

クオリティを支えている

 

僕に成功しかもたらさない

 

演奏の考え方があり、

 

それをお伝えします。

 

 

 

この考え方は演奏に限らず使えるので、

 

ぜひ自分の分野に置き換えて

 

確かめてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

料理でたとえて話を進めるので

 

想像しやすくなるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はメロディとか曲とか楽譜の前に

 

一音のエネルギーのチカラを

 

大切に思って意識しています。

 

 

 

 

 

 

 

料理でいえば、素材重視。

 

 

 

 

 

 

 

美味しいジャガイモで作ったジャガバタ。

 

美味しいお米を美味しく炊いて、

 

心をこめて握ったおむすび。

 

 

 

 

 

 

シンプルです。

 

誰でも作ろうと思えばカタチは作れます。

 

僕の演奏のほとんどは、

 

もし楽譜に書いたら

 

カタチは小学生でも練習すれば弾けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べたら、また食べたい!

 

って思ってもらえるような

 

美味しさがしっかり伝わる料理を

 

音楽でつくりたい。

 

 

 

 

 

 

 

自分で美味しいと思えないものは出したくない。

 

 

 

 

ジャガバタ、おにぎりでもいい、

 

でも美味しく食べたい。

 

 

 

 

 

感動させてくれる料理は

 

どれだけ料理人が素材を愛するか

 

料理を愛するか

 

食べる人のことを想うかに

 

かかってると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな料理の方が、

 

素材の美味しさが伝わりやすいよね。

 

お刺身、寿司、おむすび、、、、、

 

 

 

 

 

 

食べる側も同じ。

 

思い入れを持って一口一口大切に食べる。

 

受け取れるものがぜんぜん違うよね。

 


 

 

 

 

 

僕自身が音楽の素材、

 

持ってるスキル、楽器、聴き手、環境、

 

ぜんぶ料理の素材。

 

 

 

 

 

あるものは変えられない。

 

その中で、素材を生かして美味しく料理して食べよう。

 

おむすびに何を込め、どう味わってもらうか。

 

 

 

 

 

 

 

群馬ライブ&セッション会場、

 

七五三でのランチでは、

 

佐藤初女さん直伝のおむすびが。

 

 

高崎のセッション会場のアイカフェさんでは

 

丁寧なオーガニックランチが。

 

食べる僕に、

 

真心の幸せ、感動を導いてくれました。

 

image

 

 

 

おむすびで伝えることもできる。

 

音楽で伝える事もできる。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

料理を愛すれば、

 

音と音楽をすなおに愛すれば、

 

好きな事をとことん愛すれば、

 

限りない情報量を

 

発信することも

 

受け取る事もできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が音楽に素直な分だけ、

 

みんなが素直に

 

受け取ってくれるのではないかと。

 

 

 

 

 

 


僕にとっては音楽。

 

あなたにとってはなんですか?

 

 

 

 

あなたは何が好きですか?

 

あなたは何を通して

 

何を伝えていますか?

 

何を伝えてみたいですか?

 

 




 

 

 

昨日のコンサート

 

サウンドヒーリングの専門家による詳しいレポートです!

 

 

 

 

 

 

 

 




昨日はコンサートのあとは、

 

14日の「言の葉の夜」のリハーサル。

 

 

 

 

詩の朗読×歌×演奏、初顔合わせのリハなのに、

 

純度が高く、

 

音と言葉がずしっと魂に響く内容になり、

 

僕自身が深く癒されてしまいました


 

 


 
あす14日「言の葉の夜」は、17時から、

 

会場は梅田の泉の広場の近く

 

「めだか2号店」の隣のビルです。

 
 

 

 

7/14 ハーフメディテーションコンサート@大阪

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12387649825.html

 

 
・8/1~3 仙人も酔いしれる仙酔島ヒーリング三昧ツアー

 

【11/2~4 久高島 有本紀&フォトクリエーターkumi 魂のリトリートセッション3日間】

 

 

 
 
 
 
 
パーソナルCD
はじめてのセルフセッション
衝撃と感動の体験記録!

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12385381098.html

 

パーソナルCDセッションは何度受けても、
毎回、まったく違った体験と音楽になります。
 
 
・パーソナルCDの効果的な使い方
・ひとりごと(僕が演奏の仕事をはじめた頃)

https://ameblo.jp/mukobu-1ness/entry-12387631692.html

 
 
 
 
 
 
 
 

●無料メルマガ

【魂がよろこぶお話】

 〜癒されて、確信が深まる〜 

登録はこちら↓↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/33349

 

【重要】

携帯の人はmail@toshipianoからの

メッセージを受けとれるよう

メール設定してください

 

 

 

 

====================

【有本紀(ありもと・とし)プロフィール】

ピアニスト&ハーモナイザー

(調和した場を生み出すピアニスト)

image

====================

 

個人の魂にアクセスし、直観による即興演奏を1対1のコンサート形式で録音する「パーソナルCD」を6年間で累計1000枚制作する。録音トータルでは500時間を軽く超える、他に類をみない圧倒的経験値を有する。 2007年に21日間、11年に28日間、インド・ワンネスユニバーシティ(現O&Oアカデミー)に滞在し、エネルギーワーク、インナーチャイルドワーク、過去世や未来と繋がるワーク、多種多様な瞑想、宇宙の法則など総合的に体験を深めた。「自分の本質と繋がる力」「潜在能力」を引き出す、スピリチュアル・ヒーリングピアニストとして高い評価を得ている。また、アーティスト・ピアニストとしても、ジャズ、クラシック、民俗音楽、劇音楽などジャンルを超えてコラボ多数。

 

 

1971年兵庫生まれ。20代をうつ病ですごし、30代前半はジャズピアニストとして活動するも挫折、「自分らしい在り方とは何か」を探求。2011年より直観による完全即興で行なう独自のヒーリング演奏をはじめる。「半年以上リピートし続けている」「CD音源を常に持ち歩いている」など圧倒的に高いリピート再生率を誇る「パーソナルCD」は、「無条件の安心感を手に入れた」「愛に満たされる」と好評を博している。

 

 

また、YouTubeは累計60万アクセスを超え、制作に全面的に関わったFUMITO&LICA CD『YES!の魔法』(キングレコード)がAmazon部門ランキング1位を獲得するなど、全国・世界で活躍する音楽家、アーティスト、スピリチュアルリーダーやヒーラー、施術家など、幅広い支持層から注目を集めている。

 

 

■公式HP

http://toshipiano.com

 

 

■youtube

http://www.youtube.com/user/tosh211/videos?view=0

 

 

■ラジオ出演情報「その人らしく、花を咲かせる」

http://honmaru-radio.com/nadeshiko0008/

「ホンマルラジオ」北海道【ヤマトナデシコ実践塾】