「21世紀の経営者として基本中の基本の考え方」 | 尾形幸弘ブログ「楽しいが幸せ」

尾形幸弘ブログ「楽しいが幸せ」

毎週木曜日の朝7時にブログをあげてます。




ちょっとタイトルがマジメジメジメですが(笑)
今週もよろしくお願いします(^o^)






しあわせ経営塾をスタートしてます。

(順番に連絡してますので、メールをチェックしてくださいね)




その中で、ほとんどの経営者の方から相談されることがあります。




それは「人の問題」です。




「従業員がなかなかやる気を出してくれない……」




「従業員が辞めていく……」




「若い従業員が言うことを聞いてくれない……」




などなど。




相談を受けていると、ほとんどの経営者が、人のことでものすごく悩んでいると改めて思いました。




私も人のことでものすごく悩んでいた時期があったので、気持ちがよく分かります。辛いですよね。




これは一人さんの話ですが、

「20世紀」と「21世紀」では、人の魂レベルが違ってきてるから、古い考えの経営者は苦労が続くんだよ。




21世紀からは「魂の時代にふさわしい考え方」をしていない経営者は、苦労が続くと一人さんは教えてくれてるんですね。




会社は「人の苦労=お金の苦労」ですから、人の苦労が続くと、結局資金がショートして会社を存続していくことができなくなります。



大切なので何度も言いますが、

これからの21世紀の時代は、とにかく古い考えを改めていく。そして時代錯誤の経営者にならないようにすれば、楽しく幸せに会社経営が出来るようになると、一人さんは言っています。




続きは、また水曜日です!



明日ではなくて水曜日です(^_-)



突然ですが、今週から、
月曜日、水曜日、金曜日をBlogの日にしました。



Facebookの投稿を少し増やしていくので、もしFacebookでつながってない方は「お友達申請」をよろしくお願いしますね(^_-)
素敵な一日を………
また水曜日にお会いしましょう(^^)