昨日が祝日だったからか、
今朝は弟をこども園に、孫娘をバスに乗せて送り出して真っ直ぐに訪れた近所の整形外科は、激混みでした 滝汗

元々、肘や手首を酷使する仕事をしていたこともあり、腱鞘炎とは昔からお友達のように付き合ってきましたタラーガーン
当時通っていた整形外科の先生には、
「仕事を辞めたら治るよ照れ上差し」と言われ、しょうがないので手首にテーピングをして働いていましたが、
急遽、孫娘のそばに来るために仕事を辞めなければならなくなって…
すると、先生が仰った通りすぐに痛くなくなりました 拍手ニヤニヤ

それから5年…
左手の親指の付け根の内側を押すと痛みが走り雷雷そのうち物を掴んだり、瓶の蓋を捻ったりができなくなりアセアセ
左手は握力が最弱になり、親指は内側に曲がったまま伸ばせなくなりました 滝汗

既に経験したことのある痛みなので腱鞘炎だということはわかっていましたが、ネットで調べると『ばね指』になっているようです ニヤニヤ
曲げ伸ばしをすると、カクッカクッハッと引っかかったような感じがします。
ホルモンの関係で、『私ぐらいの年齢の女性がよく罹る』と、整形外科の先生が仰っていました チーンタラー

良さげな市販の湿布はひと通り試しましたが、水を触る場所だからコスパは悪いし、とにかく効かないタラーガーンもやもや
100均の非伸縮のテーピングを巻いておくのが一番楽ですOK

注射💉 をすると痛みが引くのも知っているので、
痛みが強くなってきたら近くの整形外科に行き、すぐに注射を打ってもらいました。
しばらくすると痛みもなくなりましたが、それから3カ月も経つと、次は左の肘が痛くなって曲げ伸ばしが辛くなりましたゲッソリ
肘にも注射💉を打ってもらいました。 

そして、それからまた3カ月ほど経った今、左の肘と親指の付け根と右の肘までも痛みが出てきて 、
今朝のエコー検査で、
「右の肘も結構キズが入ってるねーキョロキョロ」と言われましたが、
麻酔がかかるから両方の腕は一度に打てないということで、今朝は左腕の肘と親指の付け根に打ってもらいました。
この関節に打つ注射💉が恐ろしく痛いんです 笑い泣きタラー

キシロカインが麻酔薬ですね💉 塗り薬もありますよね上差し

こんな薬や治療の明細をちゃんと見たり調べたりするようになったのは孫娘のそばに来てからです デレデレアセアセ
一度、入院中にデパケン(バルプロ酸ナトリウム)を飲んでるのに禁忌のメロペン(カルバペネム系抗生物質)を点滴に入れられて直ぐに止めてもらったことがあります ゲローゲロー

チャイルドシートやカーシートに乗せるたびに抵抗してくるパワフル孫娘と5年間格闘し続けて、現在21キロの孫娘 にやり
そしてイヤイヤ期が続く13キロの弟 チュー
日々何度も車とバギーの乗せおろしを繰り返すうちに
ばぁばの腕も悲鳴を上げ始めたようです 滝汗アセアセ

それで、そんな話をしていた時に、ドラベっ子ママ仲間から聞いた『訪問看護は ウインク??』という一言 ハッ
とりあえず市役所で話を聞いてみましたが、
残念ながら孫娘の送迎に使える福祉サービスは市にはないということで、
『訪問看護のサービスを使いたいなら病院で主治医に意見書を書いて貰って、可能なら申請できる上差し』ことを教えてもらいました。

身体手帳1級、療育手帳A判定の孫娘にやり 移動支援は受けられないのかな🙄💦
移動に困難があるのは、孫娘じゃなくてばぁばだからかなもやもやガーン

早速、次の診察の時に主治医にその話をすると話がトントン拍子に進み 拍手キラキラ
先日かかりつけのソーシャルワーカーから訪問看護の事業所 (週一程度)とファミリーサポートセンター (有料)を紹介してもらいました キラキラ
ファミサポの利用を始めるために講習を受けないと契約ができないらしいのですが、そんなことも全く知らなかったばぁば デレデレアセアセ

今はまだ治療でどうにかなるので、サービスを使うかはまだ家族とも決めてはいませんが、
自分がどうしようもなくなったいざという時に頼れる所があるのは、本当に心強いと思います デレデレグッ
とりあえず契約だけでも済ませておいて、容赦なく迫ってくる老いに立ち向かう準備をしておこうと思うばぁばですOK ウインク

お昼寝しなかったから晩ご飯を食べたら即撃沈ですzzzzzzzzz