こんにちは。

競馬ファンの皆様!

夢幻龍競馬塾です。

今週のG1オークスの検証

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        必見・オークス(G1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さぁ、今週は無敗の2冠馬誕生なるか!?オークス(G1)

デアリングタクトを含め3頭の無敗馬が出走。しかし…意外な結果が!?

予想の前に…この「検証リポート」は必見です!

本当にデアリングタクトで鉄板なのか?衝撃の検証結果が…

 

3歳牝馬の頂点を決めるオークス (G1、東京芝2400m)。

今年は3戦3勝で桜花賞を制したデアリングタクトに注目が集まります。

ズバリ、今回は「無敗馬は本当に買えるのか」を徹底検証。

オークスに出走してきた無敗馬の成績を洗ってみたところ……

衝撃の結果が浮かび上がってきました!

▼3戦無敗馬の成績(過去10年)
19年ラヴズオンリーユー 1着(1人気)
※3連勝以上していた重賞勝ち馬
18年アーモンドアイ 1着(1人気)
17年モズカッチャン 2着(6人気)
16年チェッキーノ 2着(2人気)

 

レースによって出走メンバーや馬場状態は異なります。

競馬において連勝するには能力はもちろん、どんな状況下でも

パフォーマンスを発揮でしなければなりません。

今年の3戦無敗馬デアリングタクトは2走前のエルフィンSを

良馬場で1分33秒6の好時計で4馬身差の大楽勝。

一転して重馬場の桜花賞でも後方から1頭だけ別次元の

末脚で差し切るなど、すでに高い適応力を示していますね。

無敗馬といえばフラワーC勝ち馬アブレイズ、スイートピーSを制した

デゼルも出走します。

2戦無敗の馬は対照的な結果が出ています。

▼2戦無敗馬の成績(過去10年)
18年ロサグラウカ 10着(8人気)
13年サクラプレジール 14着(6人気)
13年ティアーモ 6着(14人気)

2戦無敗馬の3頭はいずれも馬券外に沈みました。

このうち前走でフラワーCを勝っていたサクラプレジールも大敗。

「新馬→フラワーCの連勝」はアブレイズと同じローテです。

全出走馬が初経験となる東京芝2400mのオークス。

過去の傾向から分析すると『鉄板級データ』の後押しもある

デアリングタクトの相手探しが濃厚です。

 

【オークス】毎年来る!不変の好走条件をクリアした伏兵!

好走馬を見抜く「3つのキーワード」が存在します。

そのキーワードとは「1ハロン12秒5より速い時計」

「馬なりor強め」「騎手が乗った」です。

最終追い切りでこの3つの条件をクリアした馬が、以下のように

毎年好走しています。

▼3条件クリア馬の好走例(過去5年)
2019年1着 ラヴズオンリーユー
栗東坂路 12秒5 馬なり 坂井瑠騎手
2018年1着 アーモンドアイ
美浦南W 12秒0 馬なり ルメール騎手
2017年1着 ソウルスターリング
美浦南W 12秒4 馬なり ルメール騎手
2016年 2着チェッキーノ
美浦南W 12秒5 馬なり 戸崎騎手
2015年3着クルミナル
栗東坂路 12秒1 強め 池添騎手

本番さながらに騎手が乗って、余力を残しながら

ラスト1ハロンで確かな時計を出していることが、確かな

末脚が問われる東京芝2400mでの好結果につながるのでしょう。

今年「1ハロン12秒5より速い時計」「馬なりor強め」

「騎手が乗った」の3条件をクリアした馬は、

ウインマリリン  (11秒8 強め 横山武)
チェーンオブラブ (12秒4 馬なり 石橋脩)
マルターズディオサ(11秒8 強め 嶋田)
ミヤマザクラ   (11秒8 馬なり 武豊)
インターミッション(12秒0 強め 石川)

関東馬では自己ベストタイの時計をマークしたウインマリリン、

関西馬は11秒8を馬なりで出したミヤマザクラに要注目です!

 

乗るかそるかはあなた次第です。

 

東京都大田区東海5-5-5

夢幻龍競馬塾(C)

080-9533-5522

mugenryu1980@gmail.com