あわれあわれ。。。 | 夢幻界裡の覚醒

夢幻界裡の覚醒

     ~ 僧侶の毒舌ブログ ~
浄土真宗親鸞会 高森顕徹先生に感謝します。


テーマ:


これまでの記事を御覧になれば明らかなように、

飛●氏のブログの内容は、浄土真宗とは名ばかりである。



飛●氏には、

真宗の肝要、他力の信心、二種深信に誤解があり、

異安心確定である。



また、「宿善」について、

「過去の行善を真宗では宿善と言わない」という「珍説」、

「機の善悪が往生に関係する」という「珍説」を述べている。



そして、御恩報謝の香りが全く感じられない。
ブログの内容は、感覚が鋭敏な方がお読みになれば、
おそらく、愚痴めいていることがお判りになるであろう。



おまけに、真宗界の文化も知らない。


加えて、私を親鸞会の者だと決めつける非常識さもある。


ちなみに、「さよなら親鸞会」というサイトを運営している
東本願寺の僧侶も、私を親鸞会の一員だと断定なさる。
事実無根の虚偽を載せる常識のない人間であることを、
僧侶でありながら自ら堂々と公開なさっている。
これが、私に丁寧なメッセージを送った本人と書いてあるから、
あのような文面とはあまりにもかけ離れた姿に残念至極である。

また、

「少なくとも東西本願寺の一員として布教使をしている人ならば、
 残念ながら真宗大谷派の住職を
 『東本願寺の住職』とは決して言わないのです。」

などと、おかしなコメントをなさっている。

とんでもない。相手に応じて色々な言い方をするものである。
ブログならば、読者の立場に立つ。当たり前のこと。
それが出来なければ、大人とは言えない。


何度でも言うが、私は、断じて親鸞会の会員でもなければ講師でもない。


教義の理解も根本的に誤り、

真宗の文化も知らずに真宗界を知ったかぶり、

事実無根の断言を繰り返す。

それらの大きな誤りを省みることもない。

飛●氏が、そんな人物であることは、
客観的事実として明らかになっている。



その分際で、

今を煌めく浄土真宗親鸞会を相手に非難していること自体、

客観的に見て滑稽至極なのである。



私は、浄土真宗親鸞会が、現代における真宗界を

本当の意味で復興させる唯一の団体だと確信せざるを得ない。


高森顕徹先生の説かれる宗祖の一流は、まさに弥陀の直説。

本当に身を捨てて御布教なさっている。

御恩報謝の妙えなる香りが漂っている。

飛●氏とは、まったく、正反対である。



飛●氏を支持する立場のブログも、飛●氏と同程度で、

所詮、とるにたらぬ愚痴である。

お聖教のお言葉が並べられていても、

意味もわからず誤釈している観念のお遊びであることがよく判る。



他力金剛の信心を獲得したとは口ばかりで、

異安心に陥っている飛●氏のような者は、

自損損他の咎が実に恐ろしい。


後生は大変である。真実は甘くはない。



 あわれあわれ存命のうちに

 みなみな信心決定あれかしと朝夕思いはんべり。

 まことに宿善まかせとはいいながら、

 述懐のこころしばらくもやむことなし。




 蓮師のご述懐のまま躍動してくださる。



  南無阿弥陀仏


  南無阿弥陀仏




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村