本日、購入申し込みをしていたマンションの本契約に行ってきました。


事前に手付け金として物件価格の10%を振り込み済み(10%と言っても物件価格の10%ですからかなりの大金、諸費用込み新車S2000が余裕で買えてしまう金額)。いざ、マンションパビリオンへ・・・



前半は、物件契約に関する書類(大量にあります・・・)の説明を受けサイン、捺印。

これだけでもけっこう疲れます。



後半は、金融機関の方から住宅ローンの説明。本日、借り入れ額を確定し本審査申し込みをしなければならないとの事。


嫁と「どのような住宅ローンを組むか?」については事前に相談して決めており、フラット35Sと金融機関住宅ローンを50:50の比率で組み合わせたものにしました。


このような住宅ローンにした理由は以下の通り。


■フラット35S分

・2010年中のフラット35S契約分は10年間、▲1.0%金利優遇

・固定金利なので金利上昇が起こっても安心


■デベ提携の金融機関住宅ローン分

・デベ提携特典で店頭金利から通期▲1.7%金利優遇

・変動金利はデベ提携の住宅ローンの中で最も金利が低かった

 (フラット35Sの金利優遇よりもはるかに安い金利)

・全借り入れ分のうち50%以上を金融機関住宅ローンとする事で、フラット35Sの金利優遇

・団信保険料(フラット35S分を除く)は金融機関側負担

・借り入れ額全額をフラット35Sにすると毎年発生する団信保険料の負担がけっこう大きい

・変動金利が現在のフラット35Sの金利並になるまではまだまだ時間がかかりそう(あくまで個人的予想)


金融機関住宅ローン分は変動金利タイプ/年金利固定タイプがありますが、そこの確定は本審査完了後でよいとの事でした。今のところ金融機関住宅ローン分は変動金利としてそちらを優先的に繰り上げ返済していく方向で考えています。


で、住宅ローン本申し込みに関する書類(これまた大量にあります・・・)の説明を受けサイン、捺印。

終わった時にはもう疲れ果てグッタリ状態。



とりあえず、本契約は無事終了。

次回6月中旬の内覧会の日程調整をして、本日は帰宅しました。



次回の内覧会でようやく自分が契約した物件を観る事ができるので、楽しみです。





都心7区の厳選した住まい情報とライフスタイルを提案する月刊誌【年間購読】都心に住む

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ