ディクシャとは | 大分市マヤ暦・ディクシャ・レイキ 魂が喜ぶあなた本来の生き方へと導くお手伝い

大分市マヤ暦・ディクシャ・レイキ 魂が喜ぶあなた本来の生き方へと導くお手伝い

自分の使命を思い出し自分らしく生きて行くみちしるべとなりますように・・★ヒーリングルームブリエ★


テーマ:

私がご縁をいただきました


インドの聖者サイ・マー


サイマーは多くの民族の歴史的な教えやスピリチュアルな伝統を等しく受け入れるモーリシャス島に生まれ育ち、成長における環境の中でワンネス意識に基づく、愛と深い思いやりのメッセージに繋がり、サイマーの父親やインドの偉大なマスター達のもとで、人生の深い謎を探求することで、全ての信仰や伝統を尊重し、東洋古来の教えに現代の西洋技術の見識から、新たな洞察を加え吸収していきました。


21歳の時にフランスに移住し

その後、科学者と結婚、2児の母でもあります。


子育てをしながら、生まれ持ったヒーリング力と共に西洋医学を取り入れたセラピストとして診療所を運営し、政治の分野でも活躍。ヨーロッパ共同体の健康保険制度改革に努め、その時期に自分の師となるサイババに出会い、人生を大きく変える体験をし、それ以降、弟子としてサイババに仕え人道的活動を積極的にサポートしてきました。




インドの聖者にとって最も高い名誉とされる

「ジャガットグル」の称号をサイマーは世界最大の聖者の集まりであるクムバ・メーラの5千年の歴史の中で初めて女性として授与しています。



ディクシャは

サイマーが存在するずっと前から

インドやチベットのマスター達が自分の弟子にのみ伝授してきました。



サイ・マーのディクシャは、

純粋な光です。

創造主そのものの愛からきています。


サイ・マーは、地球のアセンション・プロセスを加速するため

このディクシャを世界中のみんなのためにと誰に対しても無償で行っています。



既成概念から解放し


世界規模の悟り、アセンション推進を目的としているのです。




このディクシャは

光を脳に投入することで人間のパターン

(今生や過去世から持ち続けているネガティブなパターン、カルマを含む)を、人生の経験の中で解消していくのではなく、これらをすぐに光へと変換してくれます。


時間の経過と共に、この変容はあなたの中で定着していき ます。この気づきの状態は、悟りへの第一歩ですが、永遠の道を進み出していることを示しているのです。



サイ・マーの使命とは、人類全体がマスターとしての自分に気付き、聖なる愛を行動に移し、愛と思いやりの一体感の中でみんなが生活できる世の中を築き上げていくことです。




サイ・マーは、こう言います。

「ディクシャも自分の中にあるモノ(悟り)

に気付く為のひとつのツールにすぎない」と。



「インナーパワー、自身の光(愛)に気付くことが大事なのだ」と。


                

              Om Jai Jai Sai Maa





サイマーについて

http://www.sai-maa.com/ja/about-sai-maa

サイマーの人道支援活動

http://www.sai-maa.com/ja/about-sai-maa/humanitarian

サイマーディクシャ

http://www.sai-maa.com/ja/blog/sai-maa-diksha



サイマーからのメッセージhttp://goo.gl/7xYmuy






時間は3分~5分ほど

モチロン、無料で行っています。

高次から降ろしたとても純粋な光。

脳やハートに入りやすくネガティブなものも

光へ変換。

低い波動のエネルギーを光へと変えていきます。
サイ・マーディクシャでぜひ、溢れる愛を感じてください。

自己の不要なモノをぜひ、光へ変換してください。
サロンにお越しの際、ご要望いただきました方に行っています。

遠隔も行います。

ご縁のある方々に届きますように♡

http://saimaajapan.com/





 

いつもポチッとありがとうございます♡

愛と調和のエネルギーが流れます。


ココロとカラダを整える
Healingroom briller
HPは
コチラhttp://0be-yourself0.wix.com/healingroom-briller

大分 福岡 宮崎 熊本 鹿児島

香川 愛媛 兵庫 京都 和歌山 

愛知 千葉 東京 宮城 北海道 ドイツ ハワイ

の方々からご依頼いただいております。
ありがとうございます
ayaラブラブ







*しん*さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス