コロナ感染が再拡大する中、あらためて、企業における働き方の見直しが加速するだろうと思います。

その中で、私がカギになるだろうと思っているのは、

「どのように働くか」です。

 

そのうえで決めることが

「どこで働くか」

です。

 

一番大切なのは、どのように働くのかということです。

どのようにというのは、働く意味、働くとは何かをきちんと考えるということです。

ここがはっきりしていないのに、どこで働くのかを考えても仕方がないからです。

 

いま進む働き方の見直しは、どうしても、どんな場所で働くのかが優先されがちです。

二拠点居住するならここ とか、地方移住するならここ といった話。

それは仕事の中身によって違いますし、どんな価値ある仕事ができるのかによって場所は決まります。

 

つまり、その会社が求める質、アウトプットすべき仕事の成果をだせるのなら、働く場所はどこでもいいというのがこれからの時代です。

沖縄でもできる、海外でもできる、自分の実家でもできる、離れ小島でもできる ということなら自分の選んだその場所で働くのがいい、ということです。

 

大切なのは仕事の質を落とさないこと。

できれば仕事の質を向上させられること。

それを担保できるような働く場所、働くところを選ぶということがこれからのニューノーマルの働き方と言えます。

オフィスという概念は完全に変わっていくのかもしれません。

 

Zホールディングス傘下のヤフーは、すべての社員が全国どこでも自由に居住できる制度に4月から買えることを発表しました。全国どこでもOKというのは今まで聞いたことがありません。

かなり大胆な改革です。

 

改革の概要は次の通り。

 

・4月1日からは時間制限を撤廃。11時までにオフィスに出社という時間制限なし

・交通費支給は一日あたり片道6500円の上限をなくす。月に15万までの上限とする。

・これによって月に1回、飛行機での通勤も可能にする

・通信環境の整備などにあててもらうため、在宅勤務補助金を月に1万円と、1000円増額

・希望する社員にはタブレット端末の無償貸与

・社員同士の懇親会費用を一人当たり月間5千円補助する

 

(写真 biz spa フレッシュより)

 

ヤフーはこれまでもさまざまな働き方改革を進めてきた会社の一つ。

基本方針として、

「居住地に左右されない、多様な価値観にあわせた働き方を選択できるダイバーシティを推進する」

というものがあります。

IT系の企業ですからネットワーク環境さえあれは、どこでも仕事ができる職種であることもこのような意思決定ができる理由です。

 

しかし、それ以上に大切なのは、自社の社員が「どのように働くか」を考えている点です。

 

同社の川辺社長は

「前例や正解がないニューノーマルの時代における新しい働き方を開拓する意思を示す」

としています。

 

答えのない時代には、社員の限りない自由な発想力が求められます。

それを引き出すためにはお金も制度もできるだけ社員にあわせていくというのが今回の働き方改革の肝と言えるでしょう。

 

ここまで自由な働き方になったら社員が働かなくなるという想像しかできない会社は、このような改革に踏み切らないことです。

自社の社員であれば、自由にすればするほど、よりスキルを磨いて、さらにいい成果を会社にもたらしてくれるかもしれないという自信がある会社はここまでチャレンジすべきかもしれません。

 

会社と社員の関係が重要になってきます。

 

どこで働くかよりも、どのように働くか。

これからすべての会社、そして私たち個人個人が考えるべき内容です。

 

今日も働き方を考えていけるいける!!