至高の悟りへと自己を啓発する・・・ウッタラボディムドラ瞑想 | 魂レベルの治癒をめざして【人間力を高めるムドラ瞑想】

魂レベルの治癒をめざして【人間力を高めるムドラ瞑想】

古代インダスを起源に発展してきたムドラと瞑想のテクニックと、聖なる力を本質から伝え、今のあなた自身の状態に必要なムドラを使い、人生をよりよく生きるための瞑想テクニックを普及していくことが目的のブログです。

みなさん、こんにちは。

Masaです。

至高の悟りへと自己を啓発するための感覚を磨くウッタラボディムドラ瞑想法をご紹介します。

ウッタラボディムドラ瞑想・・・至高の悟りへと自己を啓発する
 

 

このウッタラボディムドラ瞑想は、覚醒・気づき・くつろぎ・霊的な直感などが、精神的・肉体的に必要なときに行います。

人生におけるワークの目的の本質は「神とつながる」ことです。
私たちの意識が、この人生の目的へ向かうためには、特に精神的な要素を強化する必要があります。

精神的な要素は、抑制系と興奮系の刺激によって生成される回路が、司令系の電気的な神経システムと直接的な関係があります。

これらはわたしたち人間が、周囲の世界と強くつながるために必要な、認識力を高める認知機能と深く関わる重要な経路です。

私たち生命の力には、外側から内部まで含まれている、自然界の各エレメントが、自然強制的に進化するようにプログラムされています。


この生命力のことをプラーナと呼びます。

このプラーナが正しく機能しなくなると精神的・肉体的にも健やかな人生を送ることが困難になってきます。

プラーナを正しく機能させるためには、内的な電気的貯蔵器(チャクラ)へ充電することでその役割を果たします。

このムドラは、例えるならば雷をひきつける避雷針のような働きがあり、日頃から頻繁に行なうようお勧めしています。


◆内的エネルギーを目覚めさせる:
人生におけるワークの目的の本質は、神とつながることです。
その前に、わたしたちは周囲の人々と強くつながることが必要であり、認識力を高めるための認知機能の発達が活性化する。
 
◆このムドラによるエネルギーと精神的な変化:
このムドラは心臓と肺の上部の肺域が拡がり、精神的に元気づけてくれます。
自我意識が、この人生の目的へ向かうために必要な精神的要素が強化されます。
 
◆生理学的に期待できる変化:
肺と大腸のエネルギーを活性化して、肺および心臓の循環機能を強化します。

◆手順:
胃の高さ、みぞおちの前で、両手の指を組みます。
左右それぞれの人さし指と親指を互いに合わせてください。  
人差し指を天へ、親指を床または胃の方へ差します。
仰向けになっている場合は、親指の先端は胸骨の下端へ向けています。

ウッタラボディムドラは、いつでもどこでも行うことができますので、必要とするだけ行ってください。

◆ビジュアライゼーション:
ハートチャクラから天へと向かい伸びてくる光の線をイメージして拡げていきます。
頭に浮かぶ思考の枠を超えて、無限の拡がりに心を委ねてみましょう。
    
現在のあなたの様々な望み、解決策、答え、治癒力、明晰力、その他望むこと全ては、全宇宙から発する光がこの線を通り、あなた自身の心へつながり入ってきます。

そのあたたかな光を感じると、あなたはあなた自身のことのように、仲間のために何かを望むことになります。

それから、あなたの心に、そして、周囲の人たちにこの光の行動(隔たりのない愛と調和の思考と行動)を示してください。

◆ハーバルレメディ:
シーバックソーン(スナジグミ)・・・体、心と魂をよみがえらせます。
天然ベリーの中でも特に栄養価の高いベリーです。
栄養素の種類も200種以上であり、豊富なビタミンCやビタミンE、食物繊維、また体に良い脂肪酸などが含まれている。
果実50gから平均的な大きさのオレンジ一個分のビタミンCを摂取することができる。
果実の全体の重さの4~7%は果肉、不飽和脂肪酸が含まれる油脂です。

◆アファメーション:
私と宇宙の無限の力との協同作業であらわれる光が、わたし自身の新しい人生の道を指し示す。




※ヨガは、人と人、人と自然、人と神とを結ぶ、聖なる神のエネルギーであり、ムドラはヨガ発祥と発展に貢献したテクニックであり、認知症予防をはじめ、人間関係の悩みなど、ご自身で制御しにくい心と身体を生涯を通して、自己を高めるサポートするものです。

 

ムドラ瞑想のオンラインレッスンのお知らせ

人間力を高めるために、人のみに与えられた「自我意識」を使ってムドラ瞑想を行なうと、人生がより善いものに変わります。

正しい方法と実践を行うことで、世界の認識力が変わり、様々な事象から生じる心的ストレスが、苦しみのための存在から歓びのための存在へと転換されていきます。

◆ムドラの基本的なしくみ
古代インダスを起源に、人間の身体に宿っている聖なる力、「意識」によって大脳と脳幹を含む中枢神経系が持つ性質のひとつ、反射のしくみを利用して発展してきたムドラ瞑想のテクニックです。

正しく実践することで脳内ネットワークを意図的に発達させて、より人間としての質を高めることができるツールです。

昨今、増加している認知症を予防するツールの一つとしても注目したいものです。

意識的に無意識領域を自己化することは、普段は使われることが少ない人間脳をより多く使い、高次認知機能を高めることになり、より人間らしい生き方ができるようになります。


◆今回のレッスン内容:

人間にだけ与えられた自我意識を司る人間脳を使った【人間力を高めるムドラ瞑想】で、心身の無知による様々な障害を、魂レベルからの治癒をめざしていくために必要な、その基礎編となる仕組みと実践における注意点などを説明していきます。

また、本格的な実践的レッスンをご案内いたします。


◆日時:

5月14日(火)20:30~22:00

5月21日(火)10:00~11:30

5月29日(水)20:30~22:00

※3回とも、ほぼ同じ内容です。


◆参加費:無料
◆場所:
オンライン会議システムのZOOMアプリを利用して行います。
開催日時に指定アドレスへアクセスするとイベント画面が開きます。
アドレス:https://zoom.us/j/3622834468

はじめてZOOMを使われる方は、事前にテストしてください。
開催時間の5分前にアクセスしてください。

ZOOMミーティングに参加する方法を読んでいただけるわかりやすいです。
https://zoomy.info/manuals/sanka/

 

 

レッスンイベントのご案内が届くようになります。

https://www.facebook.com/groups/917200408451782/

 

 

 


 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村