アパンヴァーユムドラ・・・心臓発作・心筋梗塞のため救命アイテム | - 聖なる力とムドラ - 人生をよりよく生きる

- 聖なる力とムドラ - 人生をよりよく生きる

古代インダスを起源に発展してきたムドラと瞑想のテクニックと、聖なる力を本質から伝え、今のあなた自身の状態に必要なムドラを使い、人生をよりよく生きるための瞑想テクニックを普及していくことが目的のブログです。


テーマ:

みなさん、こんにちは。

Masaです。

今日は、心臓発作・心筋梗塞のための応急処置で救命アイテムと言われるムドラ、アパンヴァーユムドラを紹介します。

 

 



◆内的エネルギーを目覚めさせる:
人さし指のエレメントは風で第4チャクラとなるハート(胸)に関連しています。
親指のエレメントは火であり太陽神経叢にあたる第3チャクラと関連しています。 
薬指のエレメントは地(土)で第1チャクラに関連されています。
 
◆このムドラによるエネルギーと精神的な変化:
様々な不安による動悸などの症状を和らげて、心を落ち着かせてくれます。
 
◆生理学的に期待できる変化:
これを行うことで心臓発作の兆候を感じたときに、救急的な効果を期待できます。

その他、多くの心臓合併症も整えてくれます。
緊急時には、ニトログリセリンをより即効性を高めることができます。
心臓発作ならびに慢性心不全を起こす人々は、ブルーカラーから出ることはあまりありません。
ホワイトカラーのライフスタイルを再考することが望ましいことを示しています。

心臓の一般的な治癒および強化のために使用することができます。
心臓病患者は多くの場合、外部から様々な「無意味」と思われるものも知覚することを余儀なくされ苦しんでいます。

◆手順:
人差し指を曲げ、その先端が親指の母指球にあてます。
中指と薬指の先端と、親指の先端をあわせます。同時に小指を真っ直ぐ伸ばします。
これを両手で行います。

必要に応じて効果を感じるまで行ない、一回15分を一日に3回行ないます。

◆ビジュアライゼーション:
心のなかで赤いバラのつぼみを想像してみてください。
息を吐くたびに花びら全体が完全に開くまでイメージしてみましょう。
息を吐くたびにその花びらが、胸全体を埋め尽くすくらい大きくなるまで続けましょう。
・あなたは、その花の重さを感じることができます。
・あなたの胸がリズミカルに上昇し、花も同様にあなたが息をしながら揺れ動き、あなたはバラの香りを想像することができます。

◆ハーバルレメディ:
小麦胚芽、マグネシウム、およびレモンバーム(メリッサ・オフィシナリスL.)におけるビタミンEは、心臓内のリラクゼーションを促進します。
 
◆アファメーション:
私には、美しさを見て静寂を楽しむための時間と余暇があります。




※ヨガは、人と人、人と自然、人と神とを結ぶ、聖なる神のエネルギーであり、ムドラはヨガ発祥と発展に貢献したテクニックであり、認知症予防をはじめ、人間関係の悩みなど、ご自身で制御しにくい心と身体を生涯を通して、自己を高めるサポートするものです。

Masaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス