クベーラムドラ・・・富と財宝の神の力で幸せな人生を生きる | - 聖なる力とムドラ - 人生をよりよく生きる

- 聖なる力とムドラ - 人生をよりよく生きる

古代インダスを起源に発展してきたムドラと瞑想のテクニックと、聖なる力を本質から伝え、今のあなた自身の状態に必要なムドラを使い、人生をよりよく生きるための瞑想テクニックを普及していくことが目的のブログです。


テーマ:

みなさん、こんにちは。

Masaです。

 

今日は、人生における富と財宝を獲得して、幸せな日々を過ごすことをサポートするムドラ、クベーラムドラを紹介します。 

クベーラとは、インド神話における富と財宝を司る神の名です。

 

中心にあるのは、72の魔法陣で、縦横斜めそれぞれの和が72になるようにできています。

 

72という数字には、以下のような意味があります。

 

「私は私のためだけという欲望を浄化し、私は友と愛とエネルギーを分かち合います。
相手の欲するものを自分のものよりも優先させます。
私の熱い願いがすべての存在を高めるようサポートするために、私は自身の霊的エネルギーを昇華させます。
過去の利己的な欲求のために失われた聖なる光を、私は再び満たします。」


ムドラは、バイオフィードバックの見地においても、脳波をアルファ波状態に導く方法のひとつ『三つ指のテクニック』としてメンタルトレーニングプログラムに取り入れられています。

またクベーラムドラは様々な種類と性質の問題を解決するために利用します。

人々は多かれ少なかれ、常にあらゆる目標に達したいと思い、達することで満たされたいという強い願望を持っています。

疑念を持ちながらではなく、将来の計画を実現したいという強い意識を持ちながら行うことがとても重要で、このムドラはその準備段階として行なう瞑想プログラムです。


◆内的エネルギーを目覚めさせる:
アストロロジーの観点から、親指、人差し指、中指を見てみましょう。

親指は火星の力強さ、人差し指は木星のあふれるような輝く喜び、中指は土星の強い執着から解放する扉で、これらの要素が合わさることによって、特別な何かが起こるような気がすると思いませんか?

 
◆このムドラによるエネルギーと精神的な変化:
生活のなかに、このムドラを行うことは、未来に向けて日々を楽しく過ごすことができます。

その結果、外部的な要因の変化でなく、内面的な心の休息・信頼・落ち着きなどといった変化を与えてくれます。
 
◆生理学的に期待できる変化:
このムドラを行ないながら、息を吸いながら上方を意識的に花の香りを感じるようにイメージすると、額近くの副鼻腔が開き浄化作用を促します。

◆手順:
親指、人さし指と中指の指腹をあわせます。
残りの小指と薬指は曲げて指頭を手のひら中央におきます。
これを両手で行います。

合わせた3本の指先の押し合う力が、一点に集中する度合いが強いほど、その効果は期待できます。

◆ビジュアライゼーション:
明確に視覚化された将来の目標、または特別な願望による世界は、すべてあなたの感覚の中にあります。

その感覚を通して、まるでそれがすでに現実であるかのように感じます。

思考は、新たな命を創造の父であり、感覚は、それら命に授与された喜びを受け取る母です。

大きな樹木が満開を成し遂げるために、より長い年月が必要であるように、私たちの目標や願望も同様なのです。

樹木のしくみと同じく、私たちは、私たち自身へ貢献しなければならないというプロセスの必要性を明らかに感じはじめます。

心の中であなたの実現させたい目標(願望)を明確にイメージし、言葉として声に出してみましょう。

その目標(願望)はあなたにとって、よいものなのか?
それによってあなたの周りの世界を豊かにすることになるのかを心に尋ねてみましょう。

すぐに、3回声に出して目標を言い、次にポジティブな方向であなたの願望を言い表してください。

その間は3本の指(親指、人差し指、中指)を一点集中的に押してください。

この瞑想と確認作業は、数日あるいは数週間の間毎日1~3回しなければなりません。

このムドラは意識を直接的に変化を与えるため、驚くべき成果を収めることができます。
 
◆アファメーション:
私は最善を尽くし、残りは私に与えられたものです。
そして、私自身に休息を与えられる。



※ヨガは、人と人、人と自然、人と神とを結ぶ、聖なる神のエネルギーであり、ムドラはヨガ発祥と発展に貢献したテクニックであり、認知症予防をはじめ、人間関係の悩みなど、ご自身で制御しにくい心と身体を生涯を通して、自己を高めるサポートするものです。
 

Masaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス