2019年μリーグ第1節その2 | μむっくの「まーじゃん千転万倒」

μむっくの「まーじゃん千転万倒」

ミューのむっく、こと麻将連合むく大樹です。
2016/1/1付けで認定プロに。
主に公式戦の報告をメインに、麻雀のことを中心に。
たまには天鳳の事でも書こうかな。
週一ペースでの更新を目標に!


テーマ:

4回戦:藤原・黒澤・三上

 

東1局にいきなりこんな配牌

 

 

で、上家からいきなり

本来ルール的にドンジャラチンイツは不向きなので、鳴く箇所は厳選したい。

ただ、上家が踏み込んでくるタイプなら、

 

   

 

みたいな動きになっても不思議ではない、と思ってチー。

 

結局ツモが良く、あっという間に

 

 

 

となったが、うまくかわされてしまう。

 

東2局にお化け降臨

 

 

と、重なる直前に捨てられていたがポン出来て、後は山との勝負

 

   ツモ

 

4000/8000で好発進となる。

 

さらに東4局で三上からチートイツドラ2の9600をアガり、盤石かと思いきや、すぐに黒澤に同じチートイツドラ2の6400をお返ししてしまい、いやな雰囲気。

 

南1局で藤原がリーチの三上から12000をアガり、すぐそばまで迫られる。

 

冷や冷やしたが、その後大きな動きはなく、逃げ切りトップ。

+28.7/+42.4

 

5回戦:黒澤・三上・城島

東3局の親で微妙な手牌

 

 

4巡目くらいで、ドラが

手牌変化や三色を見て、ドラを引いたらフリテン覚悟でを選択。

結局ドラを引いてしまい

 

 

10巡目にこんな感じになり、予定通りフリテンリーチを敢行。

すぐにツモで2600オールの事なきを得る。

結果はどうやってもアガれたのだが、微妙な感じ。

 

その後オーラスまで大きなアガリは出ず、オーラスの親を迎えて2着の城島と10000点少しの差。

このまま流局狙いでも良いが、アガりさえすれば、次局から降着を気にせずに、稼ぎ処に出来るかも。

積極的に仕掛けて2900をアガリ、王様モード突入?

 

だが、手が入らないまま、4着三上からリーチ。

さすがにノーテンから押し返すのは損だと判断し、諦めることに。

すると黒澤がチンイツをメンゼンでツモ、3000/6000。

トップは維持できたが、少し目減りする。

+23.8/+66.2

 

少し降り過ぎな気もしたが、初日をかなり良いポイントで終えられた。

これなら今後、残留よりも決定戦を目指して戦える。

むっくさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ