ネイティブの小学生レベルを目指す | 不動産金融・不動産ファンド業界に特化した転職エージェント
2018年05月25日

ネイティブの小学生レベルを目指す

テーマ:#不動産金融 #不動産ファンド #転職

長年英語と向き合ってきた結果、一つの仮説にたどり着きました。

 

【ネイティブの小学生レベルを目指せばいいのではないか?】

 

大学受験を経験すれば大抵の人は読み書きはある程度できます。

 

できないのは会話。

 

ネイティブの小学生は、日常会話はもちろんのことテレビ、映画を観ても大筋理解しています。

 

しかし、生を受けて10年ほどしか経っておらず、語彙の数はきっとしれているはずです。

 

ネイティブの会話の67%は100ほどの単語で構成されているといいます。

 

だから映画、ニュースなどの難しい教材を使って学習するのではなく、旅行会話程度の英語をひたすら聴いて話すということを繰り返せばいつかネイティブの小学生くらいの英語力は身に着けられるのではないでしょうか。

 

そしてネイティブの小学生と同じようにテレビや映画を楽しめるに違いありません。

 

それを達成してから次はいわゆるビジネスレベルの語彙や表現を肉付けしていくというのが正しいアプローチのような気がしてなりません。

 

この仮説に基づき昨年の4月から基礎英語1・2・3、ラジオ英会話を毎日聴いています。

 

予定では3年続けるつもりです。

 

この仮説の検証結果は、3年後皆さんにフィードバックさせていただきます。笑)

 

不動産金融・不動産ファンド業界に特化した転職エージェント

生命保険

モチベーションを最重要テーマとし、

不動産金融・不動産ファンド業界に携わる企業と人の「出会い」と「成長」を 転職エージェントという仕事を通じて実現していく。

梅小路 学さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス