パーソナルカラー講座⑧ 清色と濁色の違い | 印象学イメージコンサルティングで「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」【東京(目黒)】

印象学イメージコンサルティングで「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」【東京(目黒)】

国際イメージコンサルタント・印象学者akoによるブログ。2008年より口コミだけで全国からお客様が集まり続ける人気コンサルタント。印象アップの秘訣や養成講座スクール情報の他、自由な海外生活などのプライベート情報もお届けしています。


テーマ:

今回も、前回に引き続き「トーン」のお話です。
この図は、「色相環」と呼ばれ、
こんな風に最も鮮やかな色を「純色」と呼びます。


「なりたい自分」になるための印象学レッスン


まず、この「純色」の赤に白を足してみると、
ピンクになります。


「なりたい自分」になるための印象学レッスン-redpink


次にこの「純色」の赤に黒を足すと、
ワインレッドのような色になりました。


「なりたい自分」になるための印象学レッスン-redwine


どちらも色は澄んでいるまま、
色の調子だけが変化したのが感じられますね。

「純色」に白もしくは黒を一方を足した場合は、
澄んだ色「清色」となります。

続いて「純色」に明るいグレーを足してみましょう。


「なりたい自分」になるための印象学レッスン-redsmorkey


次に、「純色」に暗いグレーを足してみましょう。


「なりたい自分」になるための印象学レッスン-redazuki


今度は、どちらも濁った調子に
色が変化したのが感じられますね。

このように、「純色」にグレーを足した色は、
濁った色「濁色」となります。

皆様もご存知の通り、
グレーは黒+白でできています。

グレーは黒+白の二色の特徴を
併せ持っているのです。

その為、グレーは色が混ざり合ったような
どこか複雑な色のニュアンスを持っており、
純色に混ぜると濁ったように見えるのです。

次回は、この「清色」と「濁色」が
お肌に与える影響についてお話したいと思います。


エミュ・デザインHP

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座HP




■私がパーソナルカラーを学んだきっかけ

■パーソナルカラー講座①4シーズン分類

■パーソナルカラー講座②春夏秋冬

■パーソナルカラー講座③準備と診断方法

■パーソナルカラー講座④イエローベースとブルーベース

■パーソナルカラー講座⑤ベースが肌に与える影響

■パーソナルカラー講座⑥肌ベースとパーソナルカラー

■パーソナルカラー講座⑦トーン

■パーソナルカラー講座⑧清色と濁色の違い

■パーソナルカラー講座⑨清色と濁色がお顔に与える影響

■パーソナルカラー講座⑩彩度

■パーソナルカラー講座⑪彩度がお肌に与える影響

■パーソナルカラー講座⑫明度

国際イメージコンサルタント・印象学者® akoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント