パーソナルカラー講座③ 準備と診断方法 | 印象学イメージコンサルティングで「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」【東京(目黒)】

印象学イメージコンサルティングで「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」【東京(目黒)】

国際イメージコンサルタント・印象学者akoによるブログ。2008年より口コミだけで全国からお客様が集まり続ける人気コンサルタント。印象アップの秘訣や養成講座スクール情報の他、自由な海外生活などのプライベート情報もお届けしています。


テーマ:

今回は、パーソナルカラー診断方法についてです。
どんな風に診断をするのか興味のある方は、
是非参考になさって下さいね。


診断の条件

①明るい部屋で診断することが条件です。
その為、日中の診断をオススメしておりますが、
夜間の場合には特殊な照明を使用し診断します。

②ノーメイクでの診断がベストです。

③メガネやお顔周りのアクセサリーは外して頂きます。

④カラーコンタクトは外して頂きます。

⑤白いケープを着用して頂きます。


「なりたい自分」になるための印象学レッスン


診断ツール

各シーズン5枚ずつ(赤・緑・ピンク・青・黄色)
合計20枚のドレープが基本です。

これをテストカラーと呼びます。
診断時間や診断内容により、
最大120枚のドレープを使用します。


「なりたい自分」になるための印象学レッスン


診断方法

ドレープを実際にお顔の近くに当て、
お客様のお顔に与える細かい変化を見ていきます。

「かわいい」「かっこいい」「素敵」
といった色自体のイメージの変化ではなく、
主に目に見えるポイントを基準に診断する手法である為、
お客様ご自身でも、その変化を確認して頂くことができます。

まずは4シーズンのうち2シーズン、
例えば春と冬を選びます。

2シーズンそれぞれのテストカラーから、
春の赤と冬の赤、春の緑と冬の緑・・・というように
順番にお客様の顔の下に当てて比較していき、
春冬のいずれかを選びます。

仮に春の方が似合うと診断したとした場合には、
春を残して更に別のシーズン(夏秋)と比較します。

このように4シーズンを勝ち抜き戦のように比較し、
最終的にメインの1のシーズンを選びます。

単純に似合う枚数が多かったシーズンが
似合うとは限りません。

それぞれの色に対し、特定の四つの視点から
肌へ与える影響を分析し診断しており、
これこそがプロの診断ならではのポイントとなります。

診断についての四つの視点に関しては、
引き続き次回お話したいと思います。


エミュ・デザインHP

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座HP




■私がパーソナルカラーを学んだきっかけ

■パーソナルカラー講座①4シーズン分類

■パーソナルカラー講座②春夏秋冬

■パーソナルカラー講座③準備と診断方法

■パーソナルカラー講座④イエローベースとブルーベース

■パーソナルカラー講座⑤ベースが肌に与える影響

■パーソナルカラー講座⑥肌ベースとパーソナルカラー

■パーソナルカラー講座⑦トーン

■パーソナルカラー講座⑧清色と濁色の違い

■パーソナルカラー講座⑨清色と濁色がお顔に与える影響

■パーソナルカラー講座⑩彩度

■パーソナルカラー講座⑪彩度がお肌に与える影響

■パーソナルカラー講座⑫明度

国際イメージコンサルタント・印象学者® akoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント