「食べ過ぎ」が「冷え」の原因!? | 魔法使いの弟子のブログ

魔法使いの弟子のブログ

横浜駅徒歩5分。MTS治療法で、患者さんの自然治癒力を高めて、笑顔をお届けしています。

今年も早いもので、松の内も過ぎて11日ですね。年末から忘年会、新年お正月、新年会とイベントが盛りだくさん。楽しい気分と反対に、あなたの胃腸はお疲れではないですか?

「食べ過ぎ」は肥満のもと。それはよく知られていると思います。

「食べ過ぎ」が「冷え」の原因ということは、ご存知でしょうか?

 

冷えの原因の中には、意外にも「食べ過ぎ」がある。冷えと食べ過ぎは一見、関係ないように見えるが、実は「なぜ手足の先端が冷えやすいのか」の理由につながっているのだ。食べ過ぎることにより、胃腸などの消化吸収活動に、熱がより多く使われるため、体の中央に血流が集まりやすくなる。よって、手足などの末端に向かう血液量が減少し、冷えにつながるのだ

 

それでは食べ過ぎを防ぐにはどうすればいいのか、まずはよく噛んで食べることがポイント!!。噛むことにより早期に満足感を得られ、食べる量を減らすことができる。また、噛むことは、胃腸などに与える負担がかかりにくくなるため、消化吸収に集中する血液量も低下するというメリットもある。

 

しかし、慢性的な「冷え」を回避するためには、まず一般的な冷え対策が必要だ。温かい服装をして、冷たいものは避け、できるだけ温かい食べものを選ぶようにしたい。また、運動習慣も重要だ。

 

おカラダに関するご相談は黒田治療室へ

TEL:045-321-0565
お問合せフォームはこちら



横浜駅西口より徒歩5分【黒田治療室】
MTS 脳・脊髄神経機能調整
黒田治療室webサイトはこちら(web予約24時間受付中!)
 

TEL:045-321-0565
住所:神奈川県横浜市西区北幸2-5-13西口幸ビル401