それが、冷えを悪化させている! | 魔法使いの弟子のブログ

魔法使いの弟子のブログ

横浜駅徒歩5分。MTS治療法で、患者さんの自然治癒力を高めて、笑顔をお届けしています。

こんにちは黒田治療室の黒田です。ここ最近、強い寒気により、広い範囲で日本海側の各地で雪の便りが届き、服装も冬のコートやダウンを着たりと、本格的に冬がやってきましたね。特に、朝と夜は気温がグンと下がる為、寝る時に足が冷たいからといって、靴下を履く方も多いと思います。ですが、良かれと思っていたこの行動が、実は冷えを悪化させているということをご存知ですか?

 


◆靴下を履いて眠るのはNG!
眠るときは心臓が、ゆっくりと動いている状態です。送り出される血液も最小限になるため、足先や手先のように毛細血管が多い部分には、十分な血液が届けられていないということになります。そのため、寝る前になるとだんだんと冷たくなっていくのです。靴下を履いて寝ることで、足が暖まり眠りやすいように感じますが、靴下の締めつけが血行不良を招くので、あまりオススメできません。

◆靴下なのに足を冷やしてしまう
寝ている間というのは、思っている以上に汗をかきます。靴下を履いていると、かいた汗が足の体温を吸収して外に逃がすため、温めるどころか反対に冷やすことになってしまうのです。そして、靴下を履く事で、布団の中ですでにこもっている熱の逃げ道を塞ぎ、体温調節がうまくいかなくなってきます。

◆オススメはレッグウォーマー
睡眠時には足が温かく、足の裏から汗をかくことで体から熱を放出し、心地よい眠りに入ることができます。そしてだんだんと足の熱も収まり、体全体の体温調節をしています。そのため、どうしても足元の冷えが気になるという方には、レッグウォーマーの着用がオススメです。

さらに、レッグウォーマーを身につけると「仕事の効率が上がる」ことが判明!

着用していない時に比べて「気持ちが明るくポジティブに」なります。また、前頭葉の血液量が増加し仕事効率を向上させる「記憶」、「判断」能力も向上するのだそうです。

是非、お試しください。

おカラダに関するご相談は黒田治療室へ

TEL:045-321-0565
お問合せフォームはこちら
$魔法使いの弟子のブログ

横浜駅西口より徒歩5分【黒田治療室】
MTS 脳・脊髄神経機能調整
黒田治療室webサイトはこちら(web予約24時間受付中!)
 

TEL:045-321-0565
住所:神奈川県横浜市西区北幸2-5-13西口幸ビル401