ご存知ですか?「気象病」 | 魔法使いの弟子のブログ

魔法使いの弟子のブログ

横浜駅徒歩5分。MTS治療法で、患者さんの自然治癒力を高めて、笑顔をお届けしています。

暦の上では秋ですが、残暑は厳しいですね。さらに、猛烈な豪雨に天候不順で、カラダの不調を訴えていませんか?

そんな時に、「頭が痛い」っというと「風邪かな..?」って思いますよね。まずは、鎮痛薬を飲んでひとまずやり過ごす。でもね、これには気圧と頭痛の意外な関係があるのです。
$魔法使いの弟子のブログ-台風ー頭痛

実は、『気圧』がカラダに大きな影響を与えるチカラを握っているのです。

日本では、あまり馴染みがないですが、「気圧予報」をロシアのお天気ではテレビで放送しているそうです。

代表的なのは、「台風が近づくと気圧の急激な低下が頭痛の原因になる」というのです。

気圧は、気分や体調だけでなく、免疫力や自律神経にも大きな影響があります。顕著にあらわれる症状は「頭痛」ですね。気圧が下がると血圧が下がりカラダだけでなく脳内の血流量が低下してしまうために本来の働きが出来なくなってしまいます。そのストレスが頭痛として症状に現れます。

つまり、「急激な気圧の低下は、体調を崩す方が意外に多い」のです。

思い出してください。台風が近づいてくるとカラダが気だるくなったり、強い眠気がおそってきませんか?体調を崩されている方は、様態を悪化したりします。「台風が近づくとお亡くなりになる方が増える」ってレポートを見たこともあります。


(例えばですが、晴天の日や南国のリゾート過ごしている時)気圧が高いと交感神経が優位になり、顆粒球が活発になり、晴れやかに元気になってきますよね。

(例えばですが、台風の日や北国のどんより曇の下で過ごしている時)気圧が低いと副交感神経が優位になり、リンパ球が活発になり、おもだるく緩慢な動きになりますよね。

人間も自然の一部だと実感するときですね。

しかし、原因が分かれば治療をするのがMTS治療です。

人工的に気圧を操作して、患者さんに負荷をかけて治療が出来るのです。

あきらめていたその痛みを治療して笑顔になってみませんか?

「あぁ、今行きたい!!」「すごく今ツラいんだけど・・・」という方も
お電話頂ければ対応致します。
 

カラダのお悩みがございましたら黒田治療室へご相談ください。

TEL:045-321-0565
お問合せフォームはこちら



横浜駅西口より徒歩5分【黒田治療室】
MTS 脳・脊髄神経機能調整
黒田治療室webサイトはこちら(web予約24時間受付中!)
 

TEL:045-321-0565
住所:神奈川県横浜市西区北幸2-5-13西口幸ビル401