なちゅの市川綜合研究所

「別に勝たなくてもいいので、負けないこと」を志向しております。
本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報等に基づき、作成されています。
当ブログの情報に全面的に依拠することはお控えいただき、最終的なご判断はご自身でお願いいたします。


テーマ:

IMG_6427.JPG

【4298】プロトコーポレーション (東証1部) ---

 

現在値 1,741円/100株 PER11.7  PBR1.32  3月配当優待 9月配当 

 

中古車情報誌発行。中古車販売等の広告収入とタイヤ等物販が柱。

配当は3月9月の年2回・50円配当のため、配当利回りは2.87%となります。

 

プロトコーポレーションは株主優待制度を導入しており、3月末に100株を
保有する株主に対して、2,000円分のカタログギフトを進呈しております
ので、配当優待利回りは4.02%となります。

 

業績を確認していきます。

■2014年3月期 売上高 547億円、経常利益 50億円、EPS 128.4円 

■2015年3月期 売上高 486億円、経常利益 45億円、EPS 116.8円 

■2016年3月期 売上高 542億円、経常利益 41億円、EPS▲19.3円
■2017年3月期 売上高 567億円、経常利益 28億円、EPS 75.0円 

■2018年3月期 売上高 655億円、経常利益 45億円、EPS 148.6円 ce

□2016年9月中 売上高 293億円、経常利益 15億円、EPS 50.2円 ce 

 

2017年3月期通期の売上高は前期比4.5%増の567億円、経常利益は同31

.2%減の28.8億円となり、計画比で減収となったものの利益面は予算通り

となりました。主力の「グーネット」とバックシステムの強化を進めるとともに

情報誌「Goo」の雑誌とネットの最適化を進め、販売店とエンドユーザーへ

の対応を強化しました。その他物販事業の好調や、介護等を行う生活関

連事業の業容拡大が収入増に寄与したものの、海外子会社2社の不調や

整備工場向けシステムが前年割れで推移したため、減収となりました。

 

進行期である2018年3月期の売上高は15.6%増の655億円、経常利益は

57.2%増の45.2億円と2桁の増収増益を見込んでいます。顧客安心のため

の中古車鑑定サービスである「iD車両」「Goo鑑定」の浸透により、主力運

営サイトである「グーネット」の魅力強化と中古車販売店の新規加盟拡大

を図るとともに、課金会員化が遅れている車検ポータルサイト「GooPit」の

認知度向上と整備工場への送客数強化に注力する計画です。

 

今期は3年中計の中間年度となっており、最終年度の2019年3月に売上高

767億円、経常利益68.4億円を計画しています。既述の通り、初年度から

「GooPit」や海外事業において課題の残る結果であったため、最終計画値

は据え置いているものの、今期予算に即したマイルストン数値に関しては

営業利益ベースで10億円ほど減額しております。複数の事業で計画割れ

しているため、オーガニックでの数値達成はやや難しいかと思われます。


ということで、今期は急回復を見込むものの、数期前の巡航水準の利益の

復元で精一杯という感じであり、急な業容拡大が見込みずらい介護事業

以外の新規事業の開拓(ないしMA)が求められています。財務的には依然

としてネット無借金状態であり、名古屋の準一等立地に本社ビルも保有し

ていることから、業績頭打ちのわりに余力を余している印象です。ただ、

株主還元についてはある程度しっかりしており、下値での自社株買い傾向

にくわえ、通期50円配と増配基調を継続しているので、この辺の資本政策

まで全部勘案して、投資先としてはまずまず及第点かな、という印象です。

 

*参考記事 2016-08-31 1,174円 ---

減益基調継続も、今期は大増配。プロトコーポレーション(4298)。

 

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

新品価格
¥2,060から
(2017/6/11 06:43時点)

 

 

*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 
特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 
基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。


このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

IMG_6333.JPG

【3175】エー・ピーカンパニー(東証マザーズ) ---

現在値 855円 PER16.2 PBR1.6 3月無配 株主優待あり

都内中心に居酒屋『塚田農場』等を展開。自社農場で地鶏を育成。
配当金の支払い実績はありません。

エーピーカンパニー株主優待を実施しており、3月末に単元株以上を保有
する株主に対して3,000円分の株主優待食事券を贈呈しておりますので、
優待利回りは3.50%となります。

業績を確認していきます。
■2014年3月期 売上高 157億円、経常利益 12.4億円、EPS 91.9円  
■2015年3月期 売上高 192億円、経常利益 14.9億円、EPS 122.0円 
■2016年3月期 売上高 218億円、経常利益 8.2億円、EPS 71.4円 
■2017年3月期 売上高 259億円、経常利益 5.2億円、EPS 17.3円 

■2018年3月期 売上高 275億円、経常利益 8.0億円、EPS 52.8円 ce
□2017年9月中 売上高 132億円、経常利益 1.2億円、EPS 6.9円 ce

2017年3月期の売上高は前期比18.9%増の259億円、経常利益は同36.1%
減の5.2億円となり、計画比では増収となったものの、2期連続の大減益と

なりました。増収要因は主に新店の増分によるもので前期に出店した40店

が通期で寄与したことに由りますが、一方の減益要因は既存店売上高が

94.3%に低下したことが大きく、利益率の減少傾向が止まりませんでした。

前期の既存店売上高が93%だったことも考慮すると、壊滅的な数字です。

 

進行期である2018年3月期の予算については、売上高が5.9%増の275億円

経常利益は51.7%増を見込んでいます。今期は内外合計で出店数を17店

程度にまで抑制する計画であり、引き続き人材教育・体制再構築に注力し

既存店の立て直しを目指します。通期の既存店前提も95%であり、一見保

守的な数字にも見えますが、既に開示されている1Q(4‐6月)の月次は累計

で93%という低水準まで沈んでおり、早くも未達リスクが懸念されます。

業態の展開状況については、主力の「塚田農場」が大量出店により、目新

しさが喪失してしまったうえに、人材教育不足により高単価を維持できなく

なってしまったため、直近では「やきとりスタンダード」などの低価格業態の

展開にシフトしつつありましたが、足許では屋号を変えて高級和食居酒屋

や鴨専門店など再び高単価路線に回帰しているようです。この辺はワタミ

の戦略を周回遅れで真似して、業態戦略が右往左往しているような気もし

ますが、当社は一次産品を売りにしているので、基本は高単価路線で攻

めるべきであり、やっと本来の姿に戻りつつあると捉えることも出来ます。

唯一マシなのは海外事業であり、展開出店数も約1年で7→16店まで倍増

させています。主にシンガポールで地鶏ガラを利用した美人鍋店舗を展開
しており、これを中国やインドネシアにも展開していく計画です。既に海外

売上も32億円を超えており、先行投資も一巡しているのか黒字化手前ま

で漕ぎつけているので、当面の成長の軸は海外ということになりそうです。

 

ちなみに株主還元については今期も無配を予想していますが、業績的に

は一頃の勢いがないものの、毎期黒字で仕上がっているので財務的には

配当可能な水準にあります。ただ当社の場合は二次産業(加工工場)等の

段階などで設備投資が必要となるケースもあるので、無理して配当しない

方が良く、2015年のようにまた自社株買いしてくれればそれで十分です。


*参考記事① 2016-07-12 812円 ---
焼鳥60円の新業態を展開、エー・ピーカンパニー(3175)。

*参考記事② 2015-07-01 1,997円 --
高成長続くも、中計は未達。エー・ピー・カンパニー(3175)の短評。

 

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

新品価格
¥2,060から
(2017/6/11 06:43時点)

 

 

*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 
特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 
基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。


このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏になって訪問した外食チェーン店舗の実査記録です。
 

①路地裏ワイン酒場 BUENO(SFPダイニング)
同店はSFPダイニングの新業態であり、聞くところによるとこのお店は元

からスペインバルだったようですので、居抜き物件ありきで開発した業態な

のかもしれません。言われてみれば確かに内装に経年感がありましたので

なるほど「路地裏」とはうまいネーミングをしたものだと思います。

IMG_6244.JPG

 

ハッピーアワーは飲み物が半額で、その時間帯が終わった後に「飲み放題」に

切り替えるという荒業(⁉)も可能です。飲み放題は準セルフ方式ですが、自家製

のサングリアなども置いてあるので結構満足できます。

IMG_6245.JPGIMG_6246.JPG

 

②回転ずし 魚屋路(すかいらーく) 

すかいらーくに回転寿司業態があることを知っていても、実際に見かけたこと

のある方は少数派だと思いますが、スシローやはま寿司の上、銚子丸の少し

下、徳兵衛と同じくらいの価格帯で、満足できるお寿司がいただけます。

IMG_6272.JPG

 

アルコールやあら汁などは比較的安いいため、結構贅沢したなぁと思っても、

思ったよりはお会計金額がハネません。すかいらーくの優待が大量にきたら、

この業態で消化するのが一番オススメです。お店が少ないのがネックですが、

優待を大量にお持ちなら、電車に乗って行ってもペイ出来ると思います。

IMG_6271.JPG

 


③つぼ八(つぼ八)
元祖チェーン居酒屋の代表格、つぼ八です。ワタミのルーツとしても有名ですが

創業者の石井誠二氏が率いる「八百八町」が今をときめくサブライムに買収され

たことは外食業界を驚かせましたね。

IMG_6228.JPGIMG_6230.JPG

 

チェーン居酒屋の教科書みたいなお店ですので、まぁ奇をてらったことがなく

メニューに当たりはずれがないところが良いです。から揚げも北海道産の鶏を

使用しています。写真の炙りしめ鯖はワタミの定番メニューでもありますね。

IMG_6231.JPG

 

④ダンダダン酒場(NATTY SWANKY)
京王線沿線の方には局地的にお馴染みのダンダダン酒場です。個人的に

SFPの餃子業態はここを参考(!?)にしたと思っています。非上場ですので、

当然優待券はありませんが、2019年に東証マザーズ上場を目指している

ようですので、期待したいと思います。餃子の商品力が非常に高いです。

IMG_6153.JPGIMG_6157.JPG

以上、今回は4業態を訪問いたしました。機会があればまた書きます。

 

 

会社四季報 2017年 1集新春号 [雑誌]

新品価格
¥2,060から
(2016/12/17 07:44時点)

*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。
 特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 
基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。

このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。