戸狩工業団地

飯山市戸狩工業団地は、現在「農村地域工業等導入促進法(昭和46年法律第112号)=略称「農工法」の適用地区です。
農工法は、平成29年6月「農村地域への産業の導入の促進等に関する法律」=「農村産業法」に改正されました。

農村産業法では、電気業が立地可能になります。

しかし、長野県が策定する「基本計画」は、現在策定中であること、長野県の策定する「基本計画」に基づいて、策定する必要がある「飯山市実施計画」は未策定です。

なお、「飯山市実施計画」策定の適用工業団地は、戸狩工業団地だけではなく、長峰工業団地・東栄工業団地なども該当します。

また、長野県は「基本計画」策定に当たって、パプリックコメントを実施しています。

この例に倣えば、飯山市も「実施計画」策定に当たって、パプリックコメントを実施する必要があります。

いづれにしても、現状の「農工法」の下では、戸狩工業団地へのバイオマス発電所は立地できません。
「農工法」で戸狩工業団地に立地可能なのは〜工業、道路貨物運送業、倉庫業、こん包業及び卸売業のみなのです。