飯山市を流れる千曲川に架かる中央橋は、飯山市の中心街福寿町と木島地区上新田を結ぶ全長365mの橋です。

この橋は、エクストラドーズド橋という種類の橋で、コンクリート桁橋とコンクリート斜張橋の中間的な性状を持っています。

斜張橋に比べ主塔の高さが1/3だとのこと。

中央橋上流に千曲川の中流にまで広がる砂利浜が出来、その砂利浜から中央橋の主塔を見ることが出来るようになりました。