老子 第四十一章

  原文
    上士聞道、勤而行之。中士聞道、若存若亡。
    下士聞道、大笑之。不笑不足以爲道。故建言有之。
    明道若昧、進道若退、夷道若纇。
    上徳若谷、廣徳若不足、建徳若偸。
    質眞若渝、大白若辱、大方無隅。
    大器晩成、大音希聲、大象無形。
    道隱無名。夫唯道、善貸且善成。

  書き下し文
    上士は道を聞きては、勤めてこれを行なう。
    中士は道を聞きては、存(あ)るが若(ごと)く亡(な)きが若し。
    下士は道を聞きては、大いにこれを笑う。
    笑わざれば以(も)って道と為(な)すに足らず。
    故に建言(けんげん)にこれあり。
    明道は昧(くら)きが若く、進道は退くが若く、
       夷道(いどう)は纇(らい)なるが若し。
    上徳は谷の若く、広徳は足らざるが若く、
       建徳は偸(おこた)るが若し。
    質真(しつしん)は渝(かわ)るが若く、
       大白(たいはく)は辱(じょく)なるが若く、
       大方(たいほう)は隅(かど)無し。
    大器は晩成し、大音(たいおん)は希声、
       大象(たいしょう)は形無し。
    道は隠れて名なし。そ
    れただ道は、善く貸し且(か)つ善く成す。

  英訳文
    A superior person tries to practice “the way”.
    A normal person doubts of “the way”.
    A inferior person laughs at “the way”.
    If a inferior person does not laugh at, it is not qualified
      as “the way”.
    They say, “A light road looks dim.
    A forward road looks going backward.
    A flat road looks uneven.
    A superior virtue looks like a low valley.
    A broad virtue looks not enough.
    A firm virtue looks lazy.
    A pure thing changes flexibly.
    A whiter thing looks blacker.
    A great square has no corner.
    A great vessel matures late.
    A great sound is hard to hear.
    A great figure has no form.
    ” So “the way” is hiding behind things that we can see
       and we cannot name it by nature.
    But still “the way” gives power to all things
       and lets them be.

  現代語訳
    優れた人間が「道」の事を聞くと、
       努力してそれを実行しようとする。
    普通の人間が「道」の事を聞くと半信半疑である。
    くだらない人間が「道」の事を聞くと馬鹿らしいと笑う。
    そうやってくだらない人間に笑われるくらいでなければ
       「道」とは言えないものだ。
    こんな言葉がある、
       「はっきりと明るい道は薄暗く見える。
        しっかりと前進する道は後退するかのようである。
        ほんとうに平坦な道はちょっとした起伏を大きく感じる。
        高い徳のありさまは低い谷川のようである。
        広く行き渡る徳は物足りなく感じる。
        確固とした徳はだらけきっているように見える。
        純粋なものほど柔軟に変化する。
        真っ白な物ほど黒く見える。
        大いなる四角には角が無く、大いなる器は完成が遅い。
        大いなる音は聞き取りづらく、大いなる形には明確な
        形が無い。」
     つまり「道」とは目に見える事象の裏側に隠れているもので、
        もともと名づけようがないものなのだ。
     しかしそれでも「道」は万物に力を貸し与え、
        万物の存在を完成させている。

        (参照・・・・ちょんまげ英語日誌)

「道」とは目に見える事象の裏側に隠された物事の本質を見抜くことだと、
説明している。
私にも少しは理解できる。
しかし、それを理解できない人を”下士”と言ってしまっている。
老子先生ともあろう人が、
「自分の主張する考えを理解できない人物を愚か者と決め付ける」
のはいかがなものか・・・・?

自民党総裁選の安倍さんと石破さんの討論会は、
どちらも自分の方が正しいと主張するので、全くかみ合わない。

国民に目を向けず、自己中の二人とも新しい総理になって欲しくない。
やっぱり小泉新次郎になってもらいたいなぁ!

2018年9月19日
2018年9月17日、スペースXは、
2023年の打ち上げが予定されている月周回飛行計画で、
月への旅行客として前澤と契約したと発表した。
     前澤 友作(まえざわ ゆうさく、1975年11月22日 - )は、日本の実業家。
     ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの創業者であり、
     代表取締役社長。
     フォーブス誌によると2017年3月時点で、総資産は3330億円で、
     世界長者番付630位、日本長者番付14位。
     2018年4月25日発売の「女性セブン」で剛力彩芽との交際を報じられ、
     その後自身のTwtter、「情報ライブミヤネ屋」で交際を認めた。
     剛力もインスタグラム上で交際を認めている。

         Instagram(インスタグラム)は、無料の写真共有アプリケーション。
         日本では略して「インスタ」とも呼ばれることもある。

         よく聞く「インスタ映え」がこのことだと最近知った次第である。

運賃は明かされていないが最低でも?十億はかかるだろう?
夢がある話だが、素直に喜べない。
貧困に困っている子供への支援など、もっと他にする事があるだろう・・・!!

私は当初「ホリエモン」かなぁ、と思っていたのだが!

午前中はエッセイ教室に。
この金曜日は徳島コートベールでコンペがある。
午後は今週最後のゴルフの練習に行くつもりだ。

追伸
先ほどテレビでは宇宙旅行代は一人100億、
10人分の1000億円を払ったそうな・・・!