no movie no life

・・・映画を見て思ったことをツラツラと。ネタバレです。

かなり昔に書いたのも。


テーマ:

他人の悪夢を見るほど辛いことはない・・・


2つの自殺体。その共通項は、まるで悪夢を見たかのように、自分の胸や首を刃物で何度も刺して死んでいることと、最後にはケイタイ番号「0」と通話をしていること。警察はこの番号にリダイヤルし捜査をしようとするが、一方で他人の夢の中に入ることが出来るという特殊能力を持つ影沼(松田龍平)に捜査を打診する・・・。


他人の夢の中に入るって言うのは、最近では「パプリカ」と言うアニメ映画がありました。
パプリカは極彩色で明るかったんだけど・・・影沼は暗くて、苦しい。
しかし、このダークなキャラクターが松田龍平にぴったり合っている。一風変わった役といえば思い出すのはオダギリジョーだが、彼もこの路線でなかなかいけてる。


「こんな世界に生きている意味がない」
蔓延する自殺願望がずっしりと感じられる。まるで自殺願望が無い方がマイノリティであるかのようだ。
そこへ侵入する悪夢は、やはり「共感」なのかもしれない。
自殺したいけど、ひとりでじゃイヤだよ。
この世界への未練はないと思っているが、最期は誰かとの繋がりを求めてる。


自殺サイトなるものが存在する中で、こういう感覚は現実的に感じられる。
心の闇は多分誰にでもある。そしてその闇を映し出すのが夢なのだ。
「悪夢探偵」は他人の夢に入っていけるが、それは必ずしも解決に繋がらない。
それどころか「悪夢探偵」ですら自殺願望があり、苦しみを背負っている。


そういう、「なんだかリアル」な設定は理解できるのだが、リアルじゃないのが警察や霧島刑事(hitomi)の存在だ。お粗末感が否めない。特に霧島刑事は映画のキイになる人物なのだが、ものすごく強引な流れで影沼を巻き込み、自分が当事者になってゆく。そして悪夢のなかで、犯人とされるものと対峙するのだが・・・そもそも彼女は死にたいのか?死にたくないのか?彼女自身の抱える問題が曖昧なままだ。


そして、話の展開もさることながら、塚本監督がどうしても出演して欲しいと引っ張ってきたhitomiだそうだが、演技が・・・(苦)。全然敏腕刑事に見えないし、あんなミニスカで出てくるって一体・・・。


と言うことで、「悪夢探偵」キャラははまってたと思うけれど、第2弾はないでしょう・・・


ブログランキング に参加しています 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

カオリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。