liverpoolfc.comより。

 

ユルゲン・クロップは、木曜日に行われた“本当にタフな試合”だったウォルバーハンプトン・ワンダラーズ戦でリヴァプールがやっとの思いで勝利した後、自身の満足感を語りました。

 

Q.結果を次々残しているリヴァプールのキャラクターをどう思われますか?

 

「我々は以前から分かっていたし、試合前にも言ったんだが、本当にとてもタフな試合に当然なるだろうってね-誰もが分かっていたことさ。ウルヴズは信じられないくらいに良くやっているし、彼らは今シーズンを通して対戦する他のどのチームとも本当に違う。ヌーノがやっているチーム作りは本当に素晴らしいね。昨シーズンに我々がここでプレイした時から、彼は3人か4人の選手を入れ替えていた-そうした選手に代わる訳じゃないが、ベネットとボリーがプレイしていたところに今はサイスとデンドンケルが入っている。そして今度はトラオレだ。ある時には彼はほとんど競技に適していないと言えただろう。それは何度か言ったことがあるが真実だったよ。だが、彼はもはやウィンガーというだけじゃない。今はボールをキープできるし、ボールを収め、ゴールをお膳立てできる。それは難しくさせるね。相手はああいう守備をしてきて、こちらがボールを失えば100%カウンター攻撃に繋がって、半分ゴールってところまで行かれるんだが、そうしたチャンスは彼らにはあまりなかったね。彼らはゴールを決めて、まぁスーパーゴールだったが、他にも本当にビッグチャンスもあった。アリがセーブしてくれたがね。我々にはゴールキーパーと1対1になったシチュエーションが4回か5回はあったと思うし、決めることだってできただろうね。」

 

「我々はセットプレイの後にワンダフルなゴールを決めたが、2点、3点と続けられなかったことですべてオープンになってしまったし、それじゃ試合も激しいものになってしまうさ。相手がゴールを決めて、それから5分か10分はウルヴズの時間だったが、その後は試合を落ち着かせて、コントロールすることができた。ウルヴズもインテンシティは感じていただろうし、我々もいくつかチャンスを作れていた。モーはまた、ボビーも単独でゴールキーパーの正面に出たりもしていた。それからボビーのワールドクラスなスーパーでスーパーなスーパーゴールだ。それは我々が試合をコントロースし直すことができるってことだし、我々にはセットプレイがあること、プレッシングのシチュエーションやカウンター・プレスのシチュエーションがあることであり、選手たちに試合に踏み止まるチャンスを与えてくれるってことでもある。それが必要なんだからね。それは我々にとって大変なだけじゃなくて、対戦相手にとっても大変なんだ。これまで最もたくさんフットボールをやってきた2チームがお互いに対戦したんだと思うし、誰にもアドバンテージなんてなかったし、誰にもディスアドバンテージなんてものもなかった。まぁ君らも想像できるように本当にとても喜んでいるよ。」

 

Q.選手たちは落ち着いて決勝ゴールを決めてくれましたね?

 

「選手たちはこれまでのキャリアで1つか2つのゴールを決めているんだが、あのゴールの影響がスタンドに広がっていってね。あのサウンドは我々も知っているよ!ゴールを決める為に様々なオプションがあるっていうのは、試合に踏み止まるチャンスを与えてくれる。それぞれのコーナーは、まぁコーナーを作ることができれば、我々にとっては良い感じになるし、対戦相手にとってはあまり良い感じはしないものさ。その点では我々は優れているし、本当に何かが起こり得るからね。我々はもう一度試合を落ち着かせなきゃならなかっただけ-それが必要だったってことだ。相手が決めたゴールはカウンター攻撃だったね。我々は1-0でリードしていたが、カウンター攻撃だった。そのことにはあまり意味はないよ。我々は完璧を求めている訳じゃなくて、可能であれば完璧なリアクションを求めている。それが我々がやろうとしていることさ。試合の難しいシチュエーションでしっかり反撃するってことだね。選手たちはそれをまたやってくれた訳だし、我々は試合に勝ったってことだ。本当に信じられないね。」

 

Q.ヘンダーソンの先制ゴールとパフォーマンスはいかがでしたか?

 

「(ユナイテッド戦のゴールが)トレーニング場のコーナーで生まれたってことは先週言ったね。繰り返しになるが、ヘンドがそいつだってことだ。ヘンドが攻撃のセットプレイに関わるのがいつ以来かは分からない。普通ほとんどの場合は彼は守備に回るからね。今回は彼をまた関わらせる方法を見つけ出したって訳だ。彼が決めたゴールは信じられないくらい見事だが、あの瞬間は彼の際立った調子を見せつけるサインの1つに過ぎない。彼は今夜またしても難しい試合で信じられないくらいのプレイを見せてくれたし、皆に向かって叫んでくれていたね。いつでも動けるよう待ち構えながら、皆に指示を出してくれるんだ。それは叫ぶってことじゃなくて、皆に言えることなんだが、彼は自分にも期待することだけを求めるんだ-それは“自分の為に走る”ってことでも、あれをやるとかこれをやるってことでもないのさ。ただただ素晴らしいね。こう言ったキャラクターの持ち主がいなかったら、こういう状況にはできないよ。」

 

Q.負傷したマネとの交代で南野がプレミア・リーグデビューを果たしましたが?

 

「スーパーだったね。我々はサディオを下げるシチュエーションになって、今夜は普段とは少しばかり違うプレイをすることになった。4-4-2で守備をしなくちゃならなくなって、それから普段のシステムで攻撃的にプレイしたんだ。ディヴが交代で出たとしても、100%それにふさわしいさ。彼は信じられないくらい状態が良いからね。だが、それでは試合のかなり早い段階でとても攻撃的になってしまうんだ。タキは我々と一緒に2、3週間トレーニングをやっているんだが、少なくともトレーニングの中では様々なポジションをやってきたし、FAカップの試合では中央でプレイして、今回は左右のウィングでプレイした。彼はそれができるし、我々に必要な存在さ。ただ、彼はこういう条件でのウィンガーという訳じゃないし、ライン間でプレイする選手だ。それでオックスレイドをちょっと高い位置に出すことで、相手の背後を脅かしたことで、我々はフォーメーションを拡げたままにできたという訳さ。まぁタキにとっては本当に大変だったろうし、彼は出てすぐにふくらはぎに違和感を感じてね。ハーフタイムに治療が必要だったんだ-我々は何事もないことを願って、彼は切り抜けることができた。だから大丈夫なはずだよ。最初のプレミア・リーグの試合で思いの外上手くやってくれたし、彼は完全にチームに融和している。本当に良いことだね。」

 

Q.ジョー・ゴメスのパフォーマンスはいかがでしたか?

 

「彼は文句なしに信じられないくらい良い調子だ。だが、ジョーには今日の試合で私が目にしたプレイよりもっと良くやってくれることを期待しているんだ。私も言ったように、選手たちが良い調子になってくれなければ、このリーグのフットボールの試合に勝つチャンスなんてない。誰もが間違いなく我々を倒したいと思っていて、それは普通のことさ。まぁ彼ら皆が、ジョーも素晴らしい調子でいてくれている。だが、彼には、このチームのように、もっと良くできることがある。我々にもっと良くできることが山ほどあるようにね。」

 

Q.かなりのリードで首位に立っていますが、昨シーズンのタイトル争いよりプレッシャーは少ないですか?

 

「我々にとってプレッシャーがより高まったのは今シーズンと昨シーズンのどっちだね?人間ってのはそういうものさ-そんなことは考えちゃいない。私が正確に把握しなきゃならなかったのは、我々の勝ち点が明確にいくつなのかってことで、それが真実さ。今週の試合数を本当に忘れていたし、そんなことは考えちゃいなかったよ。日曜日にシュールズベリー戦があって、水曜日にウェストハムとやるし、土曜日にもプレイするね。7日間で3試合だ。たくさんあるもんだね。今夜はサディオ・マネを失ったことは分かっている。私が考えているのはそのことだし、それが私にかかるプレッシャーさ。その他のすべてはプレッシャーなんかじゃないよ。我々はフットボールの試合に勝ちたいし、私が数年前にここに来た時から我々はフットボールの試合に勝ちたかった。じゃあそれがプレッシャーなのかって言ったらイエスだ。そう感じているよ。それは別とすれば何にもない。ただのフットボールさ。」

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら