liverpoolfc.comより。

 

「復帰が待ち切れないね。」そう語ると、リアン・ブリュースターは長期に及ぶリハビリの状況について語ってくれました。

 

18歳のブリュースターは、1月に足首の靱帯を負傷して以来欠場が続いていますが、この夏にはリヴァプールと新契約を結び、自身の将来に対するポジティブな見通しを維持しています。

 

Q.まず初めにリハビリはどう?

 

「本当に良い感じだね。ランニングの面で進歩し始めたところなんだ。現時点では何の躓きもないし、幸運を祈っているのは同じままさ。復帰が待ち切れないし、復帰して、ベンチ入りを目指したり、多分将来的には試合にも出て行くのが、とにかく待ち切れないからね。復帰した時にはいくつかのチャンスが得られて、それを掴むことができればいいね。でも、現時点でやっていることには本当に満足しているし、怪我が再発しなければ良いなって思っている。ちょっと後退することがあったとしても、前進あるのみさ。すぐに復帰するよ。」

 

Q.欠場中は監督とはどれくらい話をしている?

 

「監督は長い間ピッチに立てていない僕をネタにして何度かジョークを言ってくるんだ!でも、そうやって僕を気にかけてくれる監督がいるのは良いことさ。僕をハッピーでいさせてくれるんだからね。彼にとっては僕を放っておいた方が簡単だろうけど、“リアンがフィットするまで待つよ。”って思ってくれてる。実際に対話することはないけど、彼はそうしてくれてるんだ。彼は僕の士気を高く保ってくれるし、彼には十分に感謝することができないね...まぁそうだね。彼の為にいくつかゴールを決めることができるさ!真面目なことを言うと、監督だけじゃなく、選手の皆1人1人にも十分に感謝できてない。彼らは皆、毎日僕に話しかけてくれるんだ。調子はどうだとか、復帰はいつだとか何とか尋ねてくれるんだ。それは大きな意味があるよ。ただただ復帰が待ち切れないし、プレミア・リーグやチャンピオンズ・リーグでチームが成功するのを手助けできるといいね。」

 

Q.カラバオ・カップのチェルシー戦はスタンドで観ていたね-自分がチャンスを得られた夜だったかもとは思った?

 

「いつも“多分”ってのはあるけど、間違いないのはここのチームでは自分のスペースの為に戦わなきゃならないんだ。もし、僕がフィットネスを取り戻していたとして、どうなったかは神のみぞ知るだよね?多分、ベンチに入ったり、プレイしていたかもしれない。でも、今はもう一度フィットしようとトライするだけだし、僕が作り上げたものを監督に示すチャンスは得られるはずさ。」

 

Q.長期欠場を通じて精神的に強くなる必要はあった?

 

「精神的に最高の状態でいる必要があるのさ。この怪我で-特に僕みたいにずっと欠場しているとね-かなり多くのことが頭の中をよぎったよ。挫折とかそういったものが頭の中をよぎった。だけど、フェアに言って、僕は自分自身にとってとても上手くやって来たと思うんだ。皆が僕のことを話していたけど、正直に言うと、8ヵ月前には今のところまで辿り着けるとは思ってもいなかった。今はもう頭から消え去ったと思うけど、精神的に強くなれたね。ハードワークしなきゃならないし、それをやり続けなきゃいけない。そう思うよ。」

 

Q.7月に新契約にサインしたけど、その後すぐに始動できなかったのはイライラした?

 

「新契約にサインした時はファンの皆に新契約にサインした理由を示したかっただけさ。でも、皆にそれを観てもらうのはもうちょっと待ってもらわないと。僕はまだ怪我しているんだからね。さっきも言ったように、復帰した時に頑張っていきたいだけだし、チームの中の自分の場所の為に戦いたいだけさ。」

 

 

Q.スタンドからビッグゲームを観る時は、経験豊富なチームメイトから学ぶことができる?

 

「僕は自分のスタイルを持っているけど、いつも他の選手たちから学べるものを見てやろうと思っているんだ。良いところも悪いところも両方ね。何か悪いことを目にしたら、自分自身のことを考える。どんな意味があるのか分かっていれば、それをやりたくないと思えるのさ。でも、仲間たちからはいつも良いものを学んでいるよ。ボビー・フィルミーノからも、ダニエル・スターリッジからも、他の皆からもね。彼らは長い間そこにいた訳だし、長い間プロフットボールでプレイしてきているんだ。だから、もちろん、彼らから学ぶつもりさ。僕はまだ若いんだ。たった18歳だし、彼らは2人とも20代半ばから後半だけど、彼らだってまだ学んでいるんだ。多分僕だって彼らから手に入れることができるはずさ。例えば、カラバオ・カップのチェルシー戦でのスターリッジのゴールは、リバウンドからの素晴らしいフィニッシュだったし、何もないところからクロスバーを叩いてもいたね。僕もスタッジが決めたゴールのことを喜んだよ。彼はそれに値しているからね。彼は怪我をしていたけど今はフィットネスを取り戻してプレイしている。今までにないくらい良く見えるね。彼が今の状態を続けて、ゴールを決め続けてくれるのを願っているよ。」

 

Q.スカッドナンバーを57から24に変えたね-どんな意味が?

 

「番号を変えるかって聞かれた時に僕が選べる番号の選択肢を出してくれたんだ。正直に言うと26番が欲しかったんだ。僕にとって意味のある番号なんだ。でもロボがもうその番号のシャツを着ていたから、24番を望んだんだ。選べるものの中で僕の好きな番号に一番近い数字の1つだったからね。」

 

Q.ファースト・チームでトレント・アレキサンダー=アーノルドがチャンスを得ているのはどれくらい重要?

 

「トレントは僕より1学年上なだけだからね。彼だってまだ若いし、学ぶべきことは沢山あるけど、僕も彼からいくつかのことを得られるね。彼は自分の足でチャンスを手にしたんだからね。彼はチャンスをモノにしたし、今じゃファースト・チームのレギュラーさ。ワールドカップにも行ったし、この先すぐにでもイングランド代表のレギュラーにもなれるといいね。トレントからは大切なことを得ることができるんだ。彼は今でも分別があるし、謙虚だし、アカデミーで僕たちが言っていたようなジョークをまだ言っているからね。今の僕はチャンスが来た時に掴む必要があるんだ。」

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら