goal.comより。

 

リヴァプールのフォワードのロベルト・フィルミーノは、モハメド・サラーの今シーズンの鼻息の荒いパフォーマンスを意識することなく、より多くのゴールを決めなければならないというプレッシャーは感じていないと主張している。

 

25歳になるエジプト代表のサラーは、ローマからこの夏に移籍して来て以来、ユルゲン・クロップのチームの為にあらゆるコンペティションを通じて、信じられないような36ゴールを記録している。

 

フィルミーノ自身は、2017-18シーズンでトータル23ゴールというかなり多くのゴールを決めているが、レッズが試合に勝利するのであれば、誰のゴールであろうと関係はないとしている。

 

サラーの功績を踏まえ、リヴァプールの9番というプレッシャーを感じているか尋ねられて、彼はこう答えた。

 

「とんでもない!僕たちはリヴァプールでとても良いケミストリーを起こしているんだ。」

 

「マネのことも加えて、僕たちの攻撃力の強さのことを多くの人が話題にしているけど、僕たちには攻撃に効果的な素晴らしいクオリティに満ち溢れたチームがあるんだ。」

 

「僕たちは集団で考えなければならない。より多くの選手がゴールを決めれば、その方がずっと良いさ。リヴァプールは、そういうシチュエーションで勝つチームなんだ。」

 

フィルミーノとサラーの努力は、クロップのチームをプレミア・リーグのトップ3に進ませるのに役立っている。また、4月にはマンチェスター・シティとのチャンピオンズ・リーグ準々決勝も行われる予定だ。

 

そして、このブラジル人は、彼が自身のキャリアにおいてベスト・パフォーマンスだと主張しており、チームに貢献できていることに満足している。

 

「僕のキャリアの中でも最高の時だね。僕はハッピーだよ。生活の中でもとてもポジティブなことばかりだからね。個人的な面でもプロフェッショナルな面でもどちらでもさ。」

 

「自分たちのチームが良い状態にあることもとても助けになっているね。チームは一緒になって、とても良くフィットしているよ。クロップは素晴らしい戦術家だし、素晴らしいコーチだね。」

 

元ホッフェンハイムのストライカーのブラジル代表のチームメイトでもあるフィリペ・コウチーニョは、結局1月にバルセロナへ売却されたが、フィルミーノは彼のクオリティを高く評価しているものの、彼の退団をいつまでもくよくよ考えたりはしない。

 

「彼が去った後、僕たちはプレイのやり方を変えたんだ。世界のどこにコウチーニョみたいなクオリティを持つ選手を望まないチームがあるっていうんだい?でも、彼はバルセロナで彼の人生を続けていて、リヴァプールは強いままだった。ずっとそうだったようにね。」

 

「そのことをくよくよ考えてはいないよ。僕が気に掛けているのは良いプレイができるかってこと、それとリヴァプールがプレミア・リーグでできる限り上に行くのを助けられるかってこと。それだけさ。」

 

「僕がゴールを決めることで、それを達成できたなら、もっと良いんだけどね。神様に感謝しているよ。ゴールから寄って来てくれるんだ!今シーズンはリーグ・タイトルを勝ち取るのは難しいだろうから、チャンピオンズ・リーグ出場権を確保する為に戦うよ。それがゴールの1つさ。」

 

フィルミーノは最近、エバートンのディフェンダー、メイソン・ホルゲイトに対して人種差別的な発言をしたという疑いをFAによって晴らされたが、26歳のフィルミーノは、自身の無実を強く訴えることを熱望しており、加えて人種差別がフットボールから根絶する必要があると語っている。

 

「そのことについてはずっと冷静でいられたよ。彼らが僕を訴えるようなことは言ってなかったのは分かっていたからね。」

 

「僕だって人種的な偏見には苦しんできたし、それがどんなに苦痛なのかは分かっているからね。皆はこの問題をもっと真剣に受け止めて、人種差別に対する戦いに参加していく必要があると思うよ。」

 

レッズのフォワードはまた、2位との勝ち点差16でプレミア・リーグの首位に立つマンチェスター・シティについても語り、イングランドのトップチームのベスト・プレイヤーの何人かについて自身の意見を述べた。

 

「マン・シティはとても攻撃的なマインドを持ったチームさ。まさに僕たちみたいにね。僕たちは、プレミア・リーグで最多ゴール数を誇る2チームさ。シティは倒すのがとても難しいチームだよ。彼らは30試合のうち26試合に勝利しているし、とても大きなリードを持つんだ。」

 

「彼らはとても機敏なチームで、選手たちはピッチ中を動き回るんだ。シティは、リヴァプールみたいに、監督のイメージが組み込まれている。ペップ・グアルディオラはドイツ・フットボールにおいて、クロップと素晴らしい戦いをしてきた。お互いに知り尽くしているんだ。」

 

「イングランド・フットボール界には素晴らしい選手たちがいる。ベストを1人だけ選ぶのは難しいよ。それこそが、多くのクオリティのあるチームのいる最も人気のリーグだって言われる理由だね。ゴールスコアラーとしてサラーやハリー・ケインのことを話題にできる。」

 

「マンチェスター・シティにはガブリエル・ジェズスにケビン・デブライネ、イルカイ・ギュンドアンがいるし、マンチェスター・ユナイテッドにはポール・ポグバやロメル・ルカクがいる。トッテナムにはムサ・シソコだとかムサ・デンベレがいて、チェルシーにはウィリアンやエデン・アザール、アーセナルにだってメスト・エジルがいるね。」

 

「言うまでもないけど、マネやエムレ・ジャン、デヤン・ロヴレン、他にも多くの良い選手が、僕たちリヴァプールにもいるしね。素晴らしいスター揃いのリーグなんだ。実際、僕が挙げた誰もがワールドカップに出場するだろうね。レベルはとても高いよ。」

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら