liverpoolfc.comより。

 

ユルゲン・クロップは、サウサンプトンを2-0で下してプレミア・リーグの3位に浮上した後、リヴァプールのパフォーマンスがアウェイにおける教科書通りだったと喜びました。

 

Q.リヴァプールのパフォーマンスと結果について

 

「ブリリアントではなかったと思うが、我々はハードワークする為の準備ができていたし、適切なタイミングで適切なことをやったし、後半には良い形でリアクションを見せることができた。前半ではあまり上手くやれなかったことがいくつかあった。それでも我々はファンタスティックなゴールを決めた-それこそがアウェイゲームでどういうことをすべきかってことさ。率直に言って、どちらも素晴らしいゴールだった。ただ、いくつかのシチュエーションで、我々のフォーメーションにおいて十分な動きができなかった。どういうことかと言うと、センターハーフとフルバックのところへ、相手にかなり簡単にダイアゴナルにボールを通されてしまったということだ。対する我々のフルバックは、クロスの後だけでなくクロスの前も相手を放っておいてしまった。だから、我々にはキーパーが必要だってことさ-だが、問題はないよ。それが彼がいる理由だ。あの場面で彼はファンタスティックな仕事をした。相手はそういうシチュエーションでチャンスを作り、ポゼッションをして、良いフットボールをプレイしていたよ。後半に入ってからは、我々は試合をコントロールした。本当にね。そういったハーフスペースで、我々はかなり活発にやれたし、活かし切れなかったが素晴らしいチャンスを作ることができた。だがまぁ2-0とした後だから、そう大きな問題じゃないよ。」

 

Q.トップ4争いについて

 

「我々にできるのは、自分たちの試合に勝つことだけさ。今後も何度か、我々は強大な相手と対戦することになるだろうが、それほど何回もある訳じゃない。トッテナム戦のような引き分けもあるし、“OK、前にもあったさ。”なんていう風に考えるだろう。だが、唯一できることは自分の試合に勝つことだけさ。この争いは最後までタイトなものになるだろう。ライバルたちのクオリティは凄すぎるものさ。私はそう確信している。興味深いのは、私がここに来てから数年になるが、シーズンの中盤だがいくつかのチームが既に自分たちの目標-リーグ残留とか何とか-を達成している。レスターやバーンリーが別だとは思ってはいないし、今朝のボーンマスは既にフィックスされたのかもしれないがね。だから、彼らは、直接関わりのない人間にとって、シーズンの最終局面を本当に興味深いものにしてくれるだろう。まぁ最後までタイトなものになるだろうね。」

 

Q.カリウスのパフォーマンスについて

 

「サウサンプトンのチーム全体は本当に良かったと思う。後半は彼らはチャンスを作れなかったし、我々は本当に良い守備をしたが、前半には2つのチャンスは彼らにあった。だが、ロリスはあそこにいてくれたし、そのことには本当に満足だよ。間違いなく、リヴァプールのゴールキーパーとして、皆を納得させる為に特別な場面が必要だし、少なくとも2つはあった-先制ゴールの為の最初のパスもそれだし、自分の手形を得る為のシチュエーションが3つはあったかな。」

 

Q.クイック・カウンターについて

 

「我々のやり方はさほど複雑じゃない。我々にはそういった選手たちがいるんだ。単にスピードがあるだけじゃなく、強い欲望を持つ選手たちだ。ロベルトがモーほど速くはないことは誰もが知っている。だが、適切な場面で彼はそこにいる。彼の身体の各部がそこにいることを望んでいるからね。それはサディオももちろん同じだ。我々にはそういう選手が何人かいるんだ。このスタイルが何よりも重要だ-最初のスプリントはとても重要だった。オックスへのスロー、これもとても重要だった。それからパスがあって、ちょっとしたミスがあった。そして我々は皆そこにいたって訳さ。もちろん、そういったことはトレーニングしている。していなければ、馬鹿になってしまうよ。」

 

Q.フィルミーノとサラーのどちらがリーグでベストか?

 

「アグエロやケインや他の何人かも本当に良い選手だと私は思っている。本当さ。100%だ。我々の選手たちは我々にとって重要な存在だ。私が大好きなのは-もちろん、彼らのスキルだとか姿勢もそうだが-その運動量が際立ったものだってことさ。2人ともそのプレイスタイルから恩恵を得ているし、それは確かなことだろう。相手がボールやら何やらそういったものを持つのを好むようなエリアで我々はプレイする。この強力なリーグでは、ファンタスティックな選手たちがいなければ3位になんかなれない。そうだね、彼らはそういった選手の2人だよ。」

 

Q.サウサンプトン帰還を果たしたフィルジル・ファンダイクのパフォーマンスについて

 

「彼は本当に良くやったよ。素晴らしい形でシチュエーションに取り組んでいたね。試合前にちょっと話をしてね。彼に尋ねたんだ。“どんな気分だ?”ってね。彼は“いいえ。平気ですよ、監督。”って言ってきたよ。彼にはナーバスになってほしくなかったし、彼がナーバスになっていなかったかというと、間違いなくなっていなかった。それは良いことだね。私はフットボールのすべてを理解している。観客は対戦相手の人生を難しくする為にそこにいるものだが、その点において、彼にとってはさほど難しいことではなかったと思うし、そのことには満足しているよ。」

 

Q.2位フィニッシュへの戦いについて

 

「我々は躊躇することなく、得られるものはすべてを得るつもりだが、最終的な手形が今決まるものではない。試合前にユナイテッドが負けることが分かっていた訳じゃないが、さほど離されている訳じゃないことは分かっている。だが、それは我々と彼らの間の戦いじゃない。まぁ少なくとも今シーズンはもう一度彼らと対戦するがね。我々にとって、勝ち点54ってのは重要だよ。他のチームが持つものに対して、我々には影響力を持ち合わせてはいない。だから、我々は勝つ必要があるんだ。今の我々にはチャンピオンズ・リーグがあって、それからホームでウェストハムと当たる。なかなか難しいね。彼らはおそらく、アルナウトビッチが戻ってきて、ランシーニも戻ってくる。彼らは良いランニングを見せるんだ。どれもエキサイティングなもので、激しいものだ。我々はすべての勝ち点を必要としているし、今日に関して言えば、本当にとても難しい勝ち点3を獲ることができて本当に満足しているよ。」

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら