liverpoolfc.comより。

 

ユルゲン・クロップは、フィリペ・コウチーニョの移籍について、メディカル・チェックと個人条件の合意を前提として、リヴァプール・フットボールクラブがFCバルセロナと合意したという発表を受けて、次のようなコメントを発表しました。

 

「チームとしてもクラブとしても今回のことは非常に名残惜しいことだ-良き友人であり、素晴らしい人物であり、ファンタスティックな選手でもあるフィリペ・コウチーニョとサヨナラを言わなければならないなんてね。」

 

「バルセロナが初めて彼に関心を示した7月以来、フィリペがこの移籍を望んでいたことは秘密でも何でもない。」

 

「フィリペは強く主張していた。私にも、オーナーたちにも、チームメイトにさえもね。この移籍を実現させたいと必死だった。」

 

「それにもかかわらず、我々は夏の移籍期間の後も彼を残すことができたし、彼がそのままここに留まって、我々が成し遂げたいことを一緒にやってくれるよう説得できることを期待していた。」

 

「私がリヴァプールのサポーターに言えるのは、我々はクラブとして、LFCの一員として留まることがスペインへの移籍と比べても十分魅力的だとフィリペに納得させる為にあらゆる手段を講じてきた。だが、彼は自分の未来-そして彼の家族のそれも-100%バルセロナにあると確信していた。それは彼の夢であり、もはや彼の心を変えられるものは何も残されていないと確信に至った。」

 

「フィリペは5年間を通して、このクラブに素晴らしい貢献を果たしてくれたし、彼がこれ以上、我々と築いた関係を続けたいと思ってくれなかったことには失望している。我々は悲しみに沈んでいるものの、彼の今後の活躍を祈りたいと思う。」

 

「彼は夏の移籍市場が閉じた後は、メルウッドで毎日ハードなトレーニングに臨み、見事なパフォーマンスを披露して試合の勝利に貢献してくれた。その期間に移籍することが叶わなかったにも関わらずだ。そのプロフェッショナリズムは素晴らしいものだった。」

 

「もちろん、サポーターの皆さんが失望していることは完全に理解できる。特別な人に対してサヨナラを言わなければならない時はいつだってそういうものだ。だが、時には受け入れ難いことであろうとも、それは人生の一部であり、フットボールの一部でもある-人はそれぞれ自分の夢と自分の目標、人生の目的を持っているものなんだ。」

 

「来る選手がいれば、去る選手もいる。それがフットボールだ。だが、クラブとして、我々は重要な選手を失った時であっても、ピッチ上でアグレッシブな進歩を続けていく上で十分な大きさな十分な力強さを持っている。我々は最近も、クラブとして、正しい形でリアクションを見せる上で、より良い立場に立つことは決してなかった。我々は、自分たちの規模や力強さをもって、このような瞬間を乗り越え、さらに前進を続けていく。」

 

「私は、リヴァプールの歴史を知るには十分なくらい長くここにいるが、かつても重要な選手が去ったことはあったはずだ-それでもクラブは前進を続けている。リヴァプール・フットボールクラブの心や魂を移籍させることなんかできやしない。それを欲しがるクラブは山のようにあるだろうがね。」

 

「私は既にここにいる選手たちの才能を非常に信じているし、それはさらに増している。我々のオーナーも共にあり、更なる成長と改善を可能とする為にスカッドへの継続的な投資を行ってくれるだろう。」

 

「だから、フィリペにサヨナラを告げた後も、我々はトロフィーをアンフィールドへ持ち帰るという共通の目標に向けて、進歩と発展の道を歩み続けるんだ。」

 

コウチーニョ移籍に際して、クロップがコメントを発表してくれましたが、本当にこの人が監督でいてくれて良かったと思います。

 

コウチーニョが抜けるダメージは少なくはありませんが、振り替えるとスアレスが抜けた時ほどではないとも思います...とは言え、何らかの補強は行うでしょう。
コウチーニョの代わりは探すだけ無駄で、彼の代わりになるような選手がいれば、きっとバルセロナが狙っていたでしょう。
彼とはまた違う形でチームに貢献してくれる選手をきっと見つけてくれると信じています。

 

クロップやマイケル・エドワーズらリクルート部門の手腕に期待したいですね。

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら