liverpoolfc.comより。

 

リヴァプール・フットボールクラブは、フィリペ・コウチーニョの将来について以下のような声明を発表しました。

 

リヴァプールFCは、メディカル・チェックと個人条件の合意を受けて、FCバルセロナとの移籍契約が締結された後、フィリペ・コウチーニョがクラブを離れることを発表します。

 

選手は、通常の手続きを完了した後、即時移籍を完了することができます。

 

遂にコウチーニョの移籍が成立しました。
諸々残ってはいますが、“成立”と言って差し支えないでしょう。

 

昨夜遅くの時点で「移籍がほぼ成立」、「本人がバルセロナへ飛行機で飛んだ」といった情報は出ていて、いよいよかと思ったのですが、意外と早く公式発表が出てきました。

 

移籍金は1.6億ユーロ(約1.42億ポンド)と報じられています。
天文学的な金額ですが、残念ながらおそらく一括で支払われることはないでしょう。
色々と偉そうなことを言ったり、偉そうな態度を取るクラブですが、この金額を一括で支払えるほどの力や度量は彼らにはありません。

 

色々オフレコの情報を聞いていた限りでは、コウチーニョはリヴァプールのクラブも街も非常に気に入ってくれていて、とても心地よく、幸せに過ごしてくれていたようですが、カタルーニャからの誘惑はそういった気持ちをいとも簡単に打ち砕いてしまいました。
夏の時点では何とか残留したものの、既に彼の心はリヴァプールを離れていましたし、多くのファンの心も離れてしまったような気がします。
今回の非常に短い声明からも、クラブ側が持った感情も察せられます。

 

とは言え、今まで多大な貢献を果たしてくれましたし、数え切れないくらい素晴らしいプレイを見せて私たちを楽しませてくれました。
今までありがとうと言いたいです。

 

リヴァプールというチームで間違いなく大きな成長と飛躍を遂げた選手であり、サポーターからも非常に愛された存在でした。
それだけに今回のような形でクラブを離れることになってしまったのは残念でなりませんね。

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら