WWE Live Tokyo Day2

テーマ:

 

年に一度のお楽しみ、2日目です!


~開始前~

 

 

ちなみに今年もリングアナはジョジョでした。
あ、もう1人、男性が帯同していて、盛り上げ役?みたいな感じのお仕事をされてました。

 

~1試合目~

 

 

 

なんといきなりフィン・ベイラーとクリス・ジェリコのシングル!
最初の試合からお互いが得意技を繰り出す大熱戦でおなかいっぱいな気分です。試合はクー・デ・クラを決めたフィンが勝利。

 

 

試合後はジェリコが連日のマイク。

 

「フィンありがとう。素晴らしい試合だった。アイシテマスニッポン!」

 

ジェリコに促されたフィンもマイク(日本語)

 

「オツカレサマ。Y2Jスゴイネ。センパイ、アリガトウ。」

 

そうそう、東京がリスト・オブ・ジェリコに加わりました!(笑)

 

~第2試合~

 

 

 

昨日は対戦したボー・ダラスとタイタス・オニールがタッグを組んで、ヒース・スレイター&ライノと対戦。
この2人は完全に便利屋的な扱いですね。

タイタスとライノの迫力あるぶつかり合いなどはなかなか見ごたえがありました。試合はスレイター&ライノの勝利。

 

~第3試合~

 

 

 

続いてはエンツォ・アモーレとヒデオ・イタミのシングル。
ただ、すぐにビッグ・キャスが乱入して2人を攻撃した為ノーコンテスト。
このツアー直前にビッグ・キャスのヒールターンがあったとはいえ、エンツォとビッグ・キャスの扱いはちょっと可哀そうでしたね。
ヒデオの扱いも凱旋だというのにちょっと不憫なものでした。

 

~第4試合~

 

 

 

 

前日に続いてのトリプルスレッドのクルーザー級王座戦。
試合はネヴィルがまたしてもうまいこと漁夫の利を得ての王座防衛という結果でしたが、前日を観た者(私)の予想を上回る展開を見せてくれたと思います。

 

~第5試合~

 

 

 

 

休憩前にブレイ・ワイアットとセス・ロリンズのシングル!贅沢!
これもまた見ごたえある素晴らしい試合でした。試合はキング・スレイヤーを決めたセスの勝利。

 

~インターミッション~

 

~第6試合~

 

 

 

 

 

 

休憩明けはこの日もDIVAのタッグマッチ。
この日はサーシャがアレクサにバンク・ステートメントを決めて勝利。
この6人だったら10分どころか20分くらいはできるだろうになあ~もうちょっと堪能したかったというのが正直なところです。

 

~第7試合~

 

 

 

 

セミはカール・アンダーソン&ルーク・ギャローズとシェイマス&セザーロのRAWタッグ王座戦。
多分、この日一番の試合だったと思います。カウント2の応酬という日本向けなテイストの大熱戦でした。
どちらにも応援が飛ぶ試合でしたが、シェイマス&セザーロの方が意図してヒール色の強い試合をしていましたね。
試合はシェイマス&セザーロが多分普段は見せない合体技で決めて王座防衛。

 

~第8試合~

 

 

 

 

 

メインはロマン・レインズ&ディーン・アンブローズとミズ(w/マリース)&サモア・ジョーのタッグマッチ。
正直あれほどの熱を帯びたセミの後でどうするんだろう?と思ったんですが、そこはさすがWWEスーパースターズ。セミとはかなりテイストの違う盛り上がりの試合を見せてくれました。
ポイントは言うまでもなくミズ。彼がいるからこそお笑い要素の強い試合が構築できたんだと思います。本当に素晴らしいレスラーになったんだなと思いました。彼はもっと評価されてしかるべきですね。マリースも素敵でした。
試合はそのミズにアンブローズがダーティ・ディーズを決めて勝利。

 

 

試合後はレインズのまさかのマイク。

 

リスペクトしてくれることへの感謝を述べて最後は「アリガトウ!ジャパン、イチバーン!」

 

という訳で至福の2日間が終わってしまいました。
顔ぶれを見て少々不安な思いもありましたが、今のWWEを見せるという意味では良かったのだと思いますし、大満足のショーだったと思います。
9月には大阪にSMACKDOWNチームが来日しますが、そちらはさすがに行けない(死ぬほど行きたいけど)ので、また1年後を楽しみにしたいと思います。

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら