山羊男のKOPスタンドブログ


liverpoolfc.com より。


ブレンダン・ロジャースは、スティーブン・ジェラードが30代でのキャリアを広げることでライアン・ギグスのようになれると考えています。

日曜日のヴィラ・パークでペナルティを成功させて勝ち点3を得たジェラードが、ライアン・ギグスやポール・スコールズのように30代でも活躍できるか尋ねられた監督は次のように答えました。


「ええ、その通りですね。問題ありませんよ。そういった選手たち-大事なのは彼らが今やっていることではありません。彼らがプロフェッショナルとして生涯ずっとやってきたことです。そのお陰で彼らはプレイすることができるんです。彼らはガリー・マカリスターのようですね。彼は30代後半でもプレイしていました。彼らが17、18、19、20歳の頃にやってきたことが重要なんです。」


「スティーブン・ジェラードを見てください-彼は30代でも良いプレイができるあらゆるチャンスを得ています。素晴らしいプロフェッショナルですからね。彼は日々トレーニングを受けていて、怠惰な日を過ごすことがありません。ソックスを汚して働き、改善することを望んでいます-これは重要なことです。彼は32歳で、キャプテンでもあり、今もなお試合において改善することを望んでいます。フットボールに対する彼の情熱は注目に値するものです。彼にはもっと長い年数残ってもらいたいですね。」


「私がリヴァプールの監督に任命された最初の時に、彼は私に会う為に休暇を切り上げて来てくれました。私が最初にやって来た時に彼は私の部屋のドアをノックして、私をクラブに歓迎してくれたんです。彼自身とキャラは私がやることの全てを150%支持すると言ってくれました。その日以来、彼らは200%の力を発揮していますよ!」


「彼らは本当に素晴らしい男たちです。本物のリヴァプールの人間であり、クラブが良くなることを望み、監督の役割を尊重するクラブの為の男たちなんです。」


「彼は本当にインスピレーションを与えてくれる男です。彼はトッププレイヤーであり、彼の貪欲さやリヴァプールで成功したいという願望は素晴らしいものです。外からやって来た者として、私は彼のことを十分には語ることはできません。私は生涯を通じて彼を見てきましたし、彼がどれほど優れた選手かということに唸らされていました。そう、それからここへ加わって、一緒に働くことになりました。それは大きな喜びに繋がることですし、こういった選手を指導することができるのは特権でしょうね。」


「監督としての私にとって、キャプテンの彼は素晴らしいものでした。彼は注目に値する男です。フィットネスレベルや走る能力を見てほしいですね。彼はシーズンの大部分でそういった状態を維持してきました。」


「彼はグループにおける本当のリーダーシップを取る役割を引き受けてくれました。彼がチームをオーガナイズしたことは(アストン・ヴィラ戦での)後半のポイントでしたし、重要なことでした。皆さんはインスピレーションを与えるキャプテンとしての彼について語るでしょうが、彼は同様に試合において声を上げて本当に責任を持ってやってくれています。」


「ライン上でのクリアは、彼がスペースをマークしていました。ポストにはいませんでした-彼はスペースをマークしていたんです。選手というのは、(ボールが)頭を越えていくやいなや、そのエリアに入ってくるのに備えてポストの位置に戻ると言います。10回のうち9回は選手はボールが頭を越えていくのを見ても戻りはしません。しかし、(ジェラードは)彼のプロフェッショナリズムとチームに対する責任感を示してくれました。彼は自分自身をそこへ投げ入れました。そうしてボールをライン上からクリアしたんです。彼は私たちにとって本当に影響のある選手ですし、これからの数年が楽しみですね。」


「監督としては、グループにおけるバランスを望みます。明日にでも選手が欲しいと言うでしょうが、今日選手がいることが不可欠です。人々はスティーブンが好きです-そして、ベンテケに対するジェイミー・キャラガーの今日のパフォーマンスを見てください。それは素晴らしいものでした。ダニエル・アッガー、ルーカス・レイバ-こういった経験のある選手たちは、クラブの将来にとってとても重要です。」


日曜のメディアでは、ロジャースがジェラードに新契約を提示するつもりだと報じられました。


このことについて尋ねられた北アイルランド人は次のように答えました。


「それは課題としているものですね。そのうちに起こることでしょう。」


ロジャースはジェラード大絶賛ですね。
まぁメディアがそういう質問ばかりしたからこういう話になったのだと思いますが、1点目に繋がる絶妙なパス、ペナルティの成功、危険な場面でのライン上でのクリアと印象的な場面が多かったですから、そういう質問が集中したのかもしれません。

ここまでリーグ戦全戦フル出場と絶好調と思えるジェラードですが、実は踵に痛み止めを打ちながらのプレイだそうで...それであのパフォーマンスなのですから脱帽です。
大きな怪我はしないままシーズンを終えてほしいですね。


おひとつポチっと応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ