何故人間はここまで残虐なのか…? ~風習の中に潜む病理~ | どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
2007-05-12 15:09:36

何故人間はここまで残虐なのか…? ~風習の中に潜む病理~

テーマ:中国を斬る!

別にオカルト趣味というわけではありませんが、

あまりにも気が滅入ってしまったので、
今回このブログで取り上げてみようと思い起ちました。


これは人間すべてに潜在する本性なのか、
それとも、

ある特定の人種だけが有する特徴なのか、
それを判断することは私にはできませんが、
これからここで書き綴ることは
間違いなく
今この世で実際に起こっていることなのです。


こういうことが
日常の常識としてエートスに組み込まれている人種がいる
ということを知った上で、
我々は然るべき事態に対して備えていかねばなりません。


さて、
では本題に入りましょう。


中国では、

死者同士を結婚させる「冥婚」や

人肉を食するという因習が今も残っています。


1949年に現在の中華人民共和国が建国されて以来、
共産主義イデオロギーのもとに
撲滅されたはずの中国固有の土着信仰だったのですが、
近年急激に変化した社会体制の中で
内陸の農村部を中心に相次いで復活する

という事態が起こりました


数千年の歴史を持つ風習が、

そんな簡単に変わるはずがない
といえば確かにそうなのですが、
アルビン・トフラーの言葉を借りるなら、

情報革命という第3の波の洗礼を受けた

現代のような高度情報社会という時代においても尚、

中国内陸の農村部では、
凄惨を極める猟奇事件が繰り返し起こっています


2つほど実例を御紹介しましょう。


1988年くらいから、

中国四川省の開江県では、
原因不明の「死体盗掘事件」が頻発します。


死者の遺体を埋葬しても、
次の日には何故か掘り出されていて、
酷い場合には、

バラバラに切断されて、
墓地周辺の木々にぶら下げられる
ということもありました。


2004年に漸く犯人を捕まえてみると、

妻の頭痛を治すために、
掘盗した遺体の一部を持ち帰り、

人骨スープをつくっていたというのです


2002年には雲南省で、

癲癇の妻に少年の脳を食べさせていた36歳の男が

逮捕されたこともありました。


また、
2005年4月に、

江蘇省東海県の農村で、
瀕死の女児が発見されます。


生後間もないこの赤ちゃんは、
後頭部から鉄くぎが打ち込まれていて、
その鉄くぎは頭蓋骨を貫通して
右眼にまで到達、

加えて、

両足にも同様の釘が打ち込まれていて、
この状態のまま、
丸2日ほどの間ずっと放置されていたのです


発見されたときにはまだ息はあったのですが、

搬送された病院で絶命してしまいました。


この女児に鉄くぎを打ち込んだ犯人は、

女児の実父と祖父母です。


6歳で脳炎によって死亡した長女と

生まれつき背中に瘤ががある次女
とりついた悪霊を祓うために

三女となる被害女児の頭部に

鉄くぎを打ち込んだというのです。


何たる…、何たる残虐ぶりでしょうか…!


これは単なる
科学的な知識の欠如から起こる愚行なのでしょうか?


実は鉄くぎで悪魔祓いをするのは、
民俗学的な背景があるのです。


古来から中国では、

霊鬼を封じるという目的のために、

死んだ赤子の心臓と手足に鉄くぎを打ち込む
という風習がありました。


それが都市部の近代化と相反するかたちで、

内陸の村落では、
中国固有の呪術風習として復活し始めたのです。


「女ばかりが産まれる」ことを嘆く辺境の村では、

魔女狩りさながらの集団殺害も行われています。


世界のスタンダードから隔絶された‘忘れられた地’は、
近年成長著しい中国が抱える不可分な一部です。


近代を迎えるまでの日本においても、

各地で残虐な殺害行為が行われていた
というのもまた事実ですが、

私は同じ赤い血が流れている人間の中に、
何故こんな残虐行為を平気で行えるものがいるのか

というのがどうしても理解できません。


誰か教えてください。


産まれたばかりの実孫の脳に鉄くぎを打ち込めるのは、

個人的性質によるものなのですか?

民族的性質によるものなのですか?

知識の蒙昧によるものなのですか?

それとも、
民度の如何によるものなのですか?


少なくとも私は、

中国などに絶対住みたくありません。


そのことだけは揺るぎない決意となって、

私の胸に込み上げてきます。




爆弾真実を求めて日々格闘しています!

 闘える勇気を私にお与え下さい…。

       ↓

  人気blogランキングへ


メラメラ人類に潜む残虐性から決して目を背けてはなりません。

マンガでわかる中国100の悪行/東亜細亜問題研究会
¥900
Amazon.co.jp

漫画 アブナイ!中国/曙機関
¥1,000
Amazon.co.jp

わが祖国、中国の悲惨な真実/陳 惠運
¥1,365
Amazon.co.jp

次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈上〉技術・諜報篇/ヴィクター ソーン
¥1,785
Amazon.co.jp

次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈下〉謀略・金融篇/ヴィクター ソーン
¥1,785
Amazon.co.jp

激辛書評で知る中国の政治・経済の虚実/矢吹 晋
¥1,575
Amazon.co.jp

SHOWDOWN(対決)―中国が牙をむく日/ジェド・バビン
¥1,575
Amazon.co.jp

世界殺人鬼ファイル 殺人王実践篇―鬼畜たちの残虐レッスン
¥1,470
Amazon.co.jp

知れば知るほど残酷な世界史―拷問、処刑、殺人…禁断のファイル/桐生 操
¥780
Amazon.co.jp

日本残酷写真史/下川 耿史
¥2,100
Amazon.co.jp

身の毛もよだつ日本残酷死刑史―生埋め・火あぶり・磔・獄門・絞首刑・日本の残酷刑罰史/森川 哲郎
¥880
Amazon.co.jp

残酷世界史血に飢えた悪女たち/桐生 操
¥500
Amazon.co.jp

禁断の世界残酷史―歴史に刻印された戦慄の快楽/岡田 英男
¥530
Amazon.co.jp

「拷問・処刑」戦慄の世界残酷史/岡田 英男
¥630
Amazon.co.jp





アナベル・我党さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。