ミニシュナ コタハネ日記

ミニシュナ コタハネ日記

趣味はストーキング、不憫なほど陽気でおバカな小太郎くん(S&P)と
超早食いで薄毛のワガママアイドル、小羽ちゃん(BK)のブログです

Amebaでブログを始めよう!
先日は小太郎さんの手術の記事に
コメントをいただきありがとうごさいました。

もう歳だから…
と油断せずに気をつけなくてはいけませんね。

ちなみに、小太郎さんは元気です。







トリミングに行かれず
300歳の仙人のようになっていますが
元気です。

真上から見るとツチノコみたいなの
(見たことないけど)






こんなことになってしまって…
と、しばらく凹んでいた飼い主ですが。



先日近所の手作りフードのお店に
買い物に行った時に聞いた
背筋も凍るような誤飲の話。



その方のお知り合いが
誤飲でワンちゃんを
なくしてしまったんですって。


まだ若いワンコで、
引っ越しの時のテープ(ひも)を
食べてしまっていたらしく。


でも食べた所を見ていたわけではないので、
気づかなかったそうです。


最近フードをあまり食べないな。
元気が無いな。

と思いしばらく様子を見ていて、
おかしいなぁ…
と病院に連れて行った時には
もう腸が壊死していて手遅れだったんですって。


私もたまたまコタが嘔吐して
口からリボンが出てきた所を目撃したから
リボンの誤飲と気づいたけれど。


私が切った部分以外はあっという間に
飲み込んでしまったし。


夜中だったから、
部屋を暗くしていたら
誤飲だとは気づかなかったかもしれません。


あまりにも吐いていたので
どちらにせよ病院には連れて行ったと思うけど
誤飲と気づかなければ
近所の小さな病院に行ったでしょう。


そうしたらリボンの誤飲を
発見してもらえたかどうか。。


私の不注意でコタに辛い思いをさせたことに
変わりはないけれど、
すぐに原因が分かったし
何より本人が元気なので
まだ不幸中の幸いだったのかな、と。

レスリングの選手ぢゃないのよ





さて、話は戻りますが
コタが入院中のこと。

毎日一回、病院から電話が来て
コタの様子を知らせてくれていました。

その日は退院前日。
お昼頃電話が来て、
コタちゃん元気なので
明日予定通り退院で大丈夫です、と。

コタが帰ってくる!
安心と喜びでウキウキな私。

もう仕事が手につきませんでした。
(いつもでは)


ところがその日の夕方
病院から着信が。

えっ、今日の様子はもう連絡もらったし…
なんで2回目の電話!?

コタに何かあったのかしら…
やだ怖い…どうしよう…

とオフィスを出て廊下に猛ダッシュして
電話に出ると、開口一番、
先生がこう言いました。

「コタちゃんは白とグレーの毛色だと
思うんですけど…。」

は?毛色?
そうですけど何?
えっ?えっ?

まさかほかのワンコと取り違え!?

どういうこと?

私「は、はい。」

先生「実は、抜歯の影響でヨダレが結構
出ていたせいなのか…」

私「…?はい…?」

先生「エリザベスカラーの首の部分に
緑色の塗料が付いていたみたいで、
コタちゃんの首周りの毛が
緑色になっちゃったんですー💦」

私「えっ。」
(なんだそれだけかぁぁぁ。
もう、焦ったよー!)

先生「すみません、すみません。
洗っても落ちないのでカットするしか…。
全身はできないんですけど
顔まわりだけカットさせていただくので、
今トリマーに電話をつないで良いですか?
希望をおっしゃってください!」

とのことで、
トリマーさんに電話を
つないでもらいました。。笑笑

緑でも黄色でも紫でも(おしゃれ!)
なんでもいいよー💦

コタに何かあったんじゃなくて
良かった…!

その後、
「コタ緑になっちゃったってー」
と事のてん末を話すとみんな大笑い笑い泣き


かくしてコタは
緑色のシュナウザーになったのでした…








え?分からない?
じゃあもっと寄ってみて…

なんかカビみたい…



笑い事ではありませんが、
みなさんも誤飲には
お気をつけください…💦









自分への戒めと記録を兼ねて…

実は我が家の長男、小太郎さん



先々週、開腹手術をしました…。



原因は誤飲です。


私の誕生日祝いにもらった
プレゼントに付いていたリボン。

危ないから、と捨てた記憶があるのですが、
ちゃんとゴミ箱に入っていなかったのか。

それとも息子(人間)が
リビングに持ち出したのか。

はたまたフタが付いていないゴミ箱に
捨ててしまったのか…

とにかく私の不注意で
コタがそのリボンを食べてしいました。

その夜は帰宅後からだれかが吐いた跡があって。

吐くのは大抵ハネなので
フードを変えたせいだろうと
特に注視していませんでした。

ところが私以外の生き物が寝静まった後
家事を済ませて寝室へ行くと
ベッドがびしょ濡れ。

この時もまだハネが吐いたものだと
思っていたのですが、
とにかく異常を感じた私は
コタとハネを連れて
リビングで寝ることにしました。

しばらくして、
吐いているのはコタだということが
判明したのですが、
この時もフードを変えたせいだと思って
悠長にネットでフードを検索していました。

そして何回目かの嘔吐の際、
コタの口から緑色の長いものが…

瞬間、「わ!ネギ食べたんだ!」と思い
口から出た緑色のものを掴んだのですが。

ネギじゃなくてリボン!

え…
捨てたはずなのに…

しかも長い!

慌てて引っ張ったのですが
何か引っかかる感触がして抜けない!

コタも慌ててリボンをまた
飲み込もうとするので、
急いでハサミを取って
私の手に持っている分だけはカット。

その先にあったリボンは
またコタが飲み込んでしまいました…。

時間はもう夜中の3:30。
近所の夜間の救急病院も3:00で閉院。

かかりつけの動物病院は
翌日は定休日。

でも何とか診てもらえないものかと、
電話して留守電を残しました。
(自宅に転送されてるようなので)

とりあえず吐き気はおさまったものの、
落ち着かない様子で一睡もできない小太郎さん。

翌朝、7時すぎだったでしょうか…
かかりつけの病院から電話が来て
助かった!と思って事情を話すと…

口から出たリボンを引っ張った時に
引っかかって出てこないとなると
うちでは診られない。

内視鏡のある病院に行った方が良い、と。
別の病院を教えてくれました。

内視鏡って…
手術…?

この時はまだ胃の内容物を
吐かせるか薬か何かを出してもらえば
大丈夫なんじゃないかと思っていたので、
まさかの手術というワードに
動揺が隠せません。

その病院は小さな個人病院なので
近所のもう少しだけ設備が整っていそうな
病院に電話しましたが、
やはり同じ見解。

「うちだと内視鏡ないから
開腹手術になっちゃうんだよねー。」

か、開腹手術!?

突然の展開に
もう動揺しまくりな飼い主。

「隣駅の◯◯病院に行ってごらん。
口が悪くてビックリすると思うけど、
腕は確かな先生だから!」

と。
いやいや、
もうすでにメンタルが豆腐の飼い主。
いくら腕が良くとも
私の不注意でコタが
こんなことになってしまったのを
責められたりしたらもう
その場で液状化(なんだそれ)するわ…

とおよび腰になり、
いつものかかりつけ医に紹介してもらった
病院に行くことに。

説明を担当してくださったのは
院長先生。

これからCTを撮ってみるけれど
おそらくリボンの大半はもう
腸に行ってしまってるだろう、と。

そうなれば内視鏡では取れない。

紐状のものが腸に行くと
ストローの袋のように
腸がぎゅっと収縮して腸閉塞になってしまう。

するとぎゅっとなった部分が壊死するので
開腹手術するしかないと…。

でももしまだリボンが胃にも残っていたら、
胃も切開しなくてはならないと。

もう、この時の私、
漫画で表したらあしたのジョーばりに
真っ白。

とにかく、とにかくお願いしますとしか
言えません。

半泣きになって
色んな書類にサインするうちに
麻酔するのならついでに歯石を…。

などと看護師さんにお願いし、
病院を後にしました。

数時間後、
開腹手術したものの
胃にはもうリボンは残ってなかったので
腸の切開だけで済み、
麻酔からも目覚めて元気だと。

でも歯は相当悪かったので
22本抜きました。

ついでに結石もあったので
取りましたと。
(最初に結石らしきものがあると
言われましたが頭が真っ白で
よく覚えていませんでした。)

実は先日、
親類が飼っていた6歳のワンコが
ヘルニアの手術で麻酔をしたら
体質に合わなかっのか
術後に亡くなったという話を聞いたばかり
だったので、
病院から電話をもらうまで
もう、もう、気が気ではなかったのです。

歯石も取らなくちゃとは
思っていたのですが、
かかりつけ医から
年齢もあるので専門の病院で
やった方が良いかもね、
と言われていたのもあって。

コタが目覚めてからは
ホッとしたのと罪悪感とで
豆腐のメンタルが豆乳に…

会えますよ。
会いに来ますか。

と言われましたが、
最低5日間も入院しなきゃいけないのに
今会いに行ったら
帰れると思って泣き叫ぶ…

お腹の傷にもさわるし、
そんなの辛すぎて見ていられない。

と、豆乳メンタルの私は
結局5日間、会いにいきませんでした。

長くなりましたが、
小太郎さんは元気です。

無事に最短の5日間の入院で
帰宅することができました。

長くなりましたので
続きはまた…
毎日暑いですね

こう暑いと
いぬも家中のいたるところに
落ちていますよね
こわっ!
半目こわっ!










そこで(?)
我が家のワンコあるあるを
川柳にのせてひとつ…









クッションを
積むと気づけば 
コタいるよ









高く積めば積むほど
コタハネが乗ってる率が高い







みなさんのワンコも
積んだクッションや
お洋服の上がすきですか?

そして高ければ高いほど
いいかんじですか?
のぽち↓




にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村