「MSX Cartridge Shop」ご紹介(その2)・買い方編 | MSX研究所日記

「MSX Cartridge Shop」ご紹介(その2)・買い方編

さあ2回も別の話題を挟んでしまいましたが、第2回です。
今回は「買い方編」と題して、サルでもできるMSXカートリッジの注文法をまとめてみました。
英語は一切書かなくても大丈夫です。住所と名前がローマ字で書ければ平気!

なお、クレジットカード必須です。
「MSX Cartridge Shop」では銀行振り込みにも対応しているのですが、振込先が「Caja Madid」というスペインの銀行で、いろいろ調べてみましたが日本から振り込むと手数料が超高い(3,000円~)のと、振り込む手続きが非常に分かりにくいらしいので、パスさせて頂きます。
かつてヨーロッパへ通販を挑んだMSX界の偉大なる先人たちは国際銀行送金の壁を乗り越えて、あるいは現金を封筒に入れる(ブラジルなど、銀行送金不可の地域への唯一の方法だったそうな。当然パクられたら終わり)といった手法に頼ったと言い伝えに残っていますが、今はラクちんかつ安全なのでPayPalを使いましょう。

1.PayPalへの登録
PayPalのサイト にアクセスします。
「アカウントの開設」→「パーソナル」→「個人情報の入力」と進み、住所や名前を入力します。
この時、全てローマ字で入力しましょう。
ローマ字での表記の例があるので簡単だと思います。
クレジットカードも登録します。
このへんは企業のサイトなので大丈夫でしょう。
PayPalから届く完了メールでは「PayPalアカウントの認証」が薦められますが、送金額に制限がつくだけなので、特に必要ありません。
ちなみに制限があっても30万円くらいは問題なく送金できます。

2.MSX Cartridge Shopへの注文
MSX Cartridge Shopのサイト にアクセスします。
注文と同時に代金を支払うわけではありません。先方からのメールを待ってPaypalでの振り込みを行います。ご安心を。
トップページ。
まずは左の「Games」をクリックして、注文したいゲームを探しておきましょう。
「Flash」は何なのかは僕に聞かないで下さい。これが何なのか理解できる方ならどうぞ!

注文したいゲームが決まったら、「Order」をクリックします。
Orderページ。
①Name。ローマ字で入れましょう。例:「西和彦」→「Kazuhiko Nishi」。
②E-mail address。メールアドレスです。携帯のは避けた方が無難でしょう。自動応答の確認メールは来ないので、間違えないように!
③Choose product。どれが欲しいかプルダウンメニューで選び、「Add to list」をクリックすると下の「Order list」へ一つずつ追加されていきます。
 間違えたら④「Clear list」を押せばいいんですが、いくつ入っていても全部消えます。終盤で間違えても泣くな!涙を拭いてやり直せ!
⑤Payment。支払い方法です。「Paypal」にします。他は知りません
⑥Shipping address and comments。発送先とコメントですね。ここ一番大事。
 発送先は英語方式で書きましょう。番地から逆に書いていきます。
 例:「〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7」→「7, Nagatachou 1 cho-me chiyoda-ku, Tokyo 100-0014, Japan」 ※ちなみにこれは国会議事堂の住所。
 番地以下が「1丁目2番地3」だったら、「2-3, 1 cho-me」でOK。

 まあ分かんなければ「Japan」と書いてあれば日本には来るはずなので(超適当)、後は日本郵便の中の人に読めればなんとかなります。
 だからと言って漢字で書かないように。読むのはスペイン人だ。
 コメントは特に不要。
最後に「⑦Submit Order」で完了、メールが彼の地へと飛んでいきます(イメージで)。

3.注文確認
数日待つと「MSX Cartridge Shop」からメールが届きます。
前回注文したときのメール(現物)。
個人情報に属するところはボカしています。
①に「128 euro」とあるので、ここでは128ユーロを次の行の末尾にあるメールアドレス(②)に対して支払えばOKです。
このメールは人力応答らしく、「Majikazoが在庫切れなのでちょっと待っててね」みたいな事が書かれています。

4.PayPalから支払い
ログインしたら「送金」タブをクリックします。
「送金」ページ。

①は相手のメールアドレス。上のメールの②に書かれているやつです。「msxcartridgeshop.com」のほうではありません
②は振込額。上のメールの①の額そのままで。右のプルダウンは当然「EUR-ユーロ」にしておきます。
③は「商品」を選びます。
最後に④を押せば完了。PayPalからメールが届きます。

で、あとは待っていれば発送されます。
私の時は小包の番号を書いたメールがこの後で来ました。

5.荷物の追跡
これはオマケだと思って下さい。
Correosのサイト。
Correosというのはスペインの郵便業者です。Wikipediaによると 創業300年超(!)。
日本の郵便のように、サイトで小包番号を入れると現在の状況が表示されます。
サイトは地元業者であるため容赦なくスペイン語ですが、一応英語にできます。右上の①をクリックしましょう。

これは英語にした状態ですが、なんか下のほうにスペイン語が残っています。これは仕様っぽいです。
②がスペインでの受付、③が私のところへの到着です。(これは受け取った後の状態)
注意点としては、スペインは年月日の表記が「日/月/年」だということです(フランスやベトナムと同じ)。アメリカとかだと「月/日/年」ですが。

ちなみにここでは1週間程度で着いていますが、スペインに詳しい人のサイトを読むと「スペインから日本への発送は早ければ5日、遅ければ3ヶ月かかる」というテキトーぶりなので、ココロにゆとりを持ちましょう。表をよく見ると分かりますが、スペイン国内で待ってる時間が一番長いようです。


6.FAQ
Q)送料は事前に分かりませんか?PayPal fee(+5%)って何?
A)分かりません。日本どころかヨーロッパ宛ですらサイトに書いてません。ぶっちゃけると送料もフィーもあちらさんの言い値です。僕の時はカートリッジ6本の代金に20ユーロが乗っかってました。ただ、送料としては妥当な額だと思います。

Q)メールが返ってきません。
A)もしかしたら入力したメールアドレスが間違っているのかもしれませんが、知る手段はありません。あるいは単に忙しくて返事ができないだけかもしれません。まあ2週間くらいは待とう。サイトは立派ですが、相手もアマチュアです。

Q)発送されたけどなかなか届きません。
A)上にも書きましたが、どのくらいで来るかはかなり運がからみます。東洋のとある島国の宅配便なるサービスは全国翌日配送とか当たり前ですか、世界的にはクレイジーの部類です。相手はお昼にシエスタを取って全く仕事をしないことで有名なスペインだということを忘れずに。現地を見てきた友人は「まさかあんなに働かねえとは夢にも思わなかった」と語っておりました。

Q)今はユーロが安いっていうけど、どのくらい安くなったの?
A)2010年11月に注文したら約1万5千円でしたが、4年前の2008年頃だと2万円くらいだったはずです。ユーロ暴落バンザイ!まさに今がチャンスですよ奥さん!(誰だ)

Q)何かあった時の問い合わせは?
A)サイトにメールアドレスが書いてあるので、英語で頑張りましょう!文法とか適当でも何とかなります。多分。

Q)英語を全然書かなくてもいいなんて、素敵ですね!
A)そうですね!でも届いたらその事を(英語で)伝えてあげると日本人への好感度がアップするかもしれません。あとは日本のMSXで動いたかどうか、なども喜ばれます。多分。

Q)ところで所長宛のメールの「Regards,」の上がボカしてあるのは何ですか?
A)よく気がつきましたね!なんと相手は僕の本名だけで身元を当ててきやがりました
 ここには、遠い遠い昔(15年くらい前)に僕が作ったMSX2向けクソゲーのことが書かれておりました。
 ドキュメントには確か本名をローマ字で書いてましたが、Web検索にも出てこないような東洋人の名前を覚えてるとは!世界は広いのに、世間が狭いです。

オチがついたところで、おしまい。みんなもROMゲームを買おうぜ!