炉ばた焼き器専用秘密兵器

テーマ:

昨年、仲間の結婚式の引出物として入手したイワタニの「炉ばた焼器 炙りや(旧 炉ばた大将)」・・・。コンビニやホームセンターなど、どこでも手に入るカセットボンベで網焼きと串焼きができるという逸品である。言わば今流行りの二刀流の大変便利なモノなのだが、不満な点もいくつかある。中でも気に入らなかったのが、付属の焼き網がチープであり、しかも替え網が一枚600円以上することだ。いろいろネットで見ていて、この不満を解消する素晴らしいアイテムを発見した。とやかく書く前にまずは見てもらいたい。

 

炉ばた大将専用 極厚グリル

(6㎜厚鉄板 By M.M. factory)

 

写真ではわかりにくいが、そこら辺の焼肉屋にも決して負けない極厚鉄板で作られたグリルで、滋賀県は栗東市にある「鉄板工房  M.M. factory」さん謹製である。これは炉ばた大将専用に設計・製作されているためシンデレラフィットするのは当たり前で、この6㎜厚(他に9㎜厚もある)だとユニット高が一致し、天面がツライチとなって大変に美しい。

 

写真はグラム300円の「アンガス牛・中落ちカルビ」を焼いているところで、これがまことにもって具合がいい(一人でやっているので天面の肉の数が淋しいが・・・)。これだけの厚みの鉄板だから蓄熱量は相当なもので、しかも隙間からの輻射熱も加わって中までじっくりと火が通るのだ。また使っていて気づいたのだが、これを使うとガスの使用量が格段に少なくなる。網で焼く場合は、細い網の蓄熱量などたかが知れている。そこへ冷たい肉を載せるのだから、そのわずかな蓄熱もあっという間に冷えてしまう。だとすると輻射熱のうち、直接肉に当たってこれを焼く作業に鋭意参加している熱以外は、全部周りの空気を温める以外の仕事をせずに、網の隙間から空中へ逃げていってしまうのだ。もちろん、網の上に隙間なく肉や野菜を並べれば、空中へ逃げる輻射熱も減って燃費は向上するだろうが、ソロでやる場合にそんなに忙しい焼肉をしたいとは思わない。

 

これに対してこのグリルは、網では無駄に逃げていた熱の多くを鉄板内に蓄えている。なので一度グリルが熱くなってしまえばコンロの火力を半分くらいに絞っても十分に焼けるのだ。今までその重さとメンテナンスの必要性から敬遠していた鉄板だが、こんな素晴らしいモノだということを知ってしまった以上、もう網には戻れない。こういうことを考えながら焼肉をするのもまた楽しいのだ。

 

さて焼いたのはタレ付きの肉なので、しばらく焼いていると当然コゲが付着する。だがそこは頑丈な鉄板のこと・・・少々のキズなど気にせず金コテでこそぎ落として、また少しアブラを塗ってやればいい。つまり網を替える必要がない。ということは替え網を用意する(買う)必要もないということだ。

 

Amazonなどで見てみると「専用替え網5枚セット」で3600円くらいしている。今回入手した鉄板はそれより少し高くて4600円・・・、だがこの鉄板の頑丈さからして、おそらく一生モノとなるだろう。実際この一回の使用でかなりコゲが付着して黒ずんだが、M.M.factoryさん推奨のメンテナンスをしたら新品の様に美しくなった。これから先、使い込んで育てる楽しみもあるというものだ。

 

と、ここまでいいことばかり書いてきたが、難点が無いわけではない。まずはこれまで鉄板を敬遠してきた理由であるところの、その重さである。炉ばた大将本体が2.2㎏なのに、この鉄板(6㎜)だけで1.8㎏もある。これが9㎜厚になると2.8㎏になって本体より重くなってしまう。9㎜厚の方が当然蓄熱量が多いため、より美味しく焼けるのはわかるが、これでも網とは比較にならないくらい美味しく焼けるし、6㎜厚がツライチであることと併せて考えると個人的には6㎜で十分だと思う。それでも十分重いことは確かだが、今の時代は車で移動することがほとんどだからあまり気にしなくていいだろう・・・。

 

もう一点、これはネットでも見てわかっていたことだが、網と違って脂やタレが鉄板を伝って周囲にも垂れるのだ。そうすると炉ばた大将の本体内側の汚れがひどくなる。今回は内側に垂れるのを防ぐ目的でアルミ箔を敷いてみたが、いま一つスマートではない。そこでいま、M.M. factoryさんに「汁ダレ防止キット」の作成を依頼している。これは他の人が考案したものだが、かなり汚れに対して効果がありそうだ。正直、こうしたらどうか・・・という部分はあるけれど、これについては機会があれば鉄板工房さんと相談してみよう。

 

今回はこれとは別に、キャンプ用のガソリンストーブで使える6㎜厚の鉄板(オリジナルSサイズ)とフタもオーダーした。明日には受け取れるということで、楽しみはまだまだ続くのだ・・・

 

追加注文した鉄板(Sサイズ)とフタ

(画像はM.M Factoryさんからお借りしました)

 

なお、「M.M. Factory」さんでは「炉ばた大将」だけでなく、スノーピークやユニフレームといった一流どころの焚火台・BBQコンロの他、七輪に対応する製品までラインナップされている。その他のオリジナルオーダーも可能ということらしい。そのHPを拝見してるだけでワクワク感がじわじわと湧いてくるのだ。ひとつひとつ真心こめて作られる一生モノの鉄板やグリル・・・。自分でしっかりメンテして育てていって愛着がわかないはずはない・・・と、まだ一回しか使ってないクセに偉そうなことを書いてみた。

 

「鉄板工房 M.M. Factory」

http://mm-factory.jp/