(画像=当店の冷蔵庫)

 

 近年、 「クラフトビールメーカー」 が長野県内各地で産声をあげています。

 

 東御市の「OHLAHO BEER」・軽井沢の「よなよなエール」や「THE軽井沢ブリュワリー」など、

 

 長野県の東信地域(上田東御・佐久軽井沢)には、有名実力派クラフトビールメーカーが

 

 点在しています。(美味しくて、人気もうなぎのぼり!)

 

 

 さて、今回ご紹介させていただくのは、松本のクラフトビールメーカーさんです。

 

 2016年に会社を設立、2018年に醸造免許取得。そして本日、当店に並んだのがコチラ!

 

                 松本ブルワリー

 

 

 当店は相変わらず、日本酒を軸に 「信州長野県の地酒」のみを取り扱う店ですが、

 

 『顔が見える作品』(生産者やそれに関わる人々)を品揃えとして特化していることは、

 

 変わりありません!

 

 今回、ご紹介に及ぶことになったのは、関わっている、ある「漢(オトコ)=顔が見える」が

 

 居たからです。

 

 福澤 崇浩氏 (松本ブルワリー常務取締役)。

 

 当時、わたくしが立ち上げさせていただいた、酒販店の若手・後継者の情報交換&発信

 

 を目的のひとつとする団体、「県酒青」 (経緯や活動、ここでは割愛)の、メンバー(役員)

 

 でもあります。

 

 今回、いただいたパンフレットの最初には、こう書かれています。

 

 『松本産のビールであること』・『偽りのないものであること』

 

 

 当店では、以下が店頭に並んでおります。

 

 ★  グレープエール 330ml   450円(税別)

 

 ★  ペールエール  330ml   450円(税別)

 

 ※要冷蔵・賞味期限アリ

 

 これから宜しくお願い致します。

 

 

 ※早くもグレープエールが品薄です。

 ※当店のネットショップには反映しておりません。

 ※予告なく完売する場合がございますので、ご了承ください。

 

 全てのビールメーカー様に、礼を欠く表現なのかもしれませんが、

 

 これからわたしは、出来る限りこう言います。

 

 「とりあえず ビール」 ➡ 「とりあえず クラフトビール」

 

 

 地酒屋宮島