まー the "blog" plant

Everyone is mania in general


テーマ:
皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。The life plant ドラムス 梁雅弘です。

今回のブログは、先日お世話になったイベント…

2017.0619 
代々木MUSE音楽院presents
下北沢CLUB QUE
『その情景に溶けた音色』


{97C9362D-8EE8-4F5F-8E21-1553F8ADAE77}




これを振り返ろうと思います。まずは当日足を運んでいただいた方々、ありがとうございました。それから何よりMUSE音楽院よりイベント主催 橋本唯さんを始めとしたスタッフの方々も、ありがとう、お疲れ様。

この日は予てよりお会いしたかった『なぜアーティストは生きづらいか』でお馴染みの手島将彦先生( @masa_hiko_t )にもご挨拶できて、6月の中でもとても有意義な一日だったと思っています。

それからあの日対バンしたバンドも。

The life plant セットリスト
1.WAT is DADA?
2.do over again

我々は大トリを務めさせて頂きました。rem time rem timeから我々の盟友esolaへ流れて、そのバトンを僕らThe life plantが受け取り締める。

ライブ当日を迎えるにあたり、各バンドの音源や動画を見聞きしていてこの流れを想像しながら足を運んだのはまだ記憶に新しいです。

今回のこのイベント『その情景に溶けた音色』ではイベント主催者の橋本氏がこまめに連絡をして下さり、HPを設立してそこにバンド紹介ページを設けたり、告知用動画を作成してくださったりと、僕らの周りでは"意外とありそうで少し珍しい"やり方で宣伝していた様に思います。今回の様なイベント告知の仕方は、ポツポツとイベント単発では見かけた事がある手法ですが、同じ主催者が毎回それを行うと言うのは見た事がないですね。

何かを売りにすると言うのは継続が大切だそうです。僕は個人的にこのやり方は手間はかかるのだろうと思いますが、嫌いじゃありません。売りにする内容って、初めてやる時みたいな単発でやるだけだと大体が「大して必要じゃない様に見える」事だと思うけど、定着すると必要不可欠になったりして。橋本さんのイベントに人を誘うときに、「毎回出演バンドの告知動画や紹介文章があるんだよ〜見て見て〜」「このバンド良さそうー!」なんて会話が繰り広げられるようになったら嬉しいですね。

なので僕は是非継続して欲しい手法だなって思いました。(かなり手間と時間がかかると思いますけど、だからこそ。)

あくまで僕の感想です。

僕は個人的にバンド代表としてやりとりしている中で、このイベントに何らかの思い入れを感じたのでそれに真剣に応えようとメンバーとも何度も話しました。
それで今回最も意識したのが「時間厳守」でした。(セットリストを見て頂ければ分かりますね。)

大型フェスやライブハウスフェスでもたまに見かける時間オーバーや転換オーバー。ライブハウスのブッキングやイベントでも多々見られる「押してる状態」。観てる方はあまり気にしない部分かもしれませんが、実は意外と『押してたせいで目当てのバンドを最後まで見れなかった。』なんて声は過去にお客さんから聞いたりもしてます。それ以外にも、イベントに関わってる人達、ないしは主催者様がとても気にするところの1つではないかとも思います。

また、ライブハウスは音による近隣からの苦情と言うのも経営には大きく関わるそうで、ライブハウススタッフさんも大いに気にしている事だろうと思います。

その点では、大トリを任されていたのできっちり22時に音止めが出来たのを確認した時は安心しました。それも大トリの大切な役割だろうと、改めて認識した一日でもありましたね。

お仕事をしていると、時間にお金が発生する事を痛感します。それは何をしていてもです。それには、恥ずかしいのですがここ最近になってやっと実感して気付きました。

僕自身経験あるんですよね。

楽しみにしてたライブを観に行って、22時に終わるはずが押しに押してラストのバンドが22時半スタートだったなんて事。
仕事が朝早い僕はいつもより1時間睡眠時間が足らなくてフラフラしながら出勤した思い出があります。それを思い出したんですね、メンバーと話していて。

僕らの音楽に人の(お客さんやスタッフさん、対バンもそう)時間を"頂く"事はしても、時間を"奪う"事は、したくないなあってライブを振り返ってて思いました。

まあ極論言えば、音楽だけに限った話ではないんですが、、、、せめて音楽だけはしっかりしなきゃなぁなんて。笑

そうそう!
ちょっと真面目な話をし過ぎたので最後に。

イベント当日にスタッフさんがカメラで各バンドのライブを撮影されてました。その写真が先日、届いたんです。

イベントを通して、この写真を振り返りながら僕もあのステージを思い出しました。お客さんの後ろ姿も一緒に写ってる写真があるのが、とても嬉しいですね。



撮影:中谷奏美 氏

{F4ADE74B-40BD-47B1-8AE3-55DC1AE114DD}

{17F8A29F-F2BA-4809-B914-0C77BE71BDDA}

{BB9B9DC2-37F6-4031-9529-B2E91F1FF9B5}

{A7C55E56-0FFF-4C4A-A854-A3EEE0B4C80A}

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。