まー the "blog" plant

Everyone is mania in general


テーマ:
 皆さんおはよう、こんにちは、こんばんは。The life plant ドラムス まー です。

今日もライブのブログを書いていこうと思う。


2016年4月27日 吉祥寺warp
我々The life plantのライブがありました。
まず初めに関係者の方々、お疲れ様でした。
そして当日足を運んでくださった方々、ありがとうございました。

この日は僕達The life plantにとっては珍しいオープニングアクター。
そして初めてのライブハウス。

ライブ前夜、楽しみさと不安でドキドキして寝れなかった。翌日のライブをしてる絵が目を閉じればそこには広がり、津波のように押し寄せる感情と戦う事になるだろうなと予想をした。

無理矢理に体を休めて少しの眠りに就けば、あっという間の4時間。
目覚めてみればもう数時間後にはステージに立っているんだという感覚と、本当にステージに立ってるのか?という疑心で息がつまる。

文字通り今日ライブすると言うのは勘違いかもしれないという謎の不安に苛まれ、居ても立っても居られなくなり私は急ぎ足でライブハウスへ向かった。

ライブハウスへたどり着くまでの間は「今日本当にライブだよな?寝過ごしてないよな?日にち間違えてないよな?今2016年だよね?」そんな浮ついた足元で歩きながら、『本当に今日ライブがあるという事』をこの目で確かめなければという脅迫観念に駆られた。

ライブハウスにつく。一目散に扉を開ける。ギラついたアートに囲まれた階段を足早に降りる。


{743FFA54-34C6-4C3B-8762-8FADE73EC747}

ドキドキする。



フロアの扉を開けると、そこではカスリキズがリハーサルをやっている最中だった。

「良かった。今日で間違ってない。…いや、でもまだだ。今日俺たちが出ることの確認なんて何1つできてない。」

そして周りを見渡す。

今日のイベントは吉祥寺warpと新宿アンチノックの合同2daysイベント。その仕掛け人でもある関川さんa.k.a新宿アンチノック社長の後ろ姿を発見する。

ちょうどwarpに入ってくるまでに椎名林檎のアルバム「勝訴ストリップ」を聴いていた。ライブがある時は、この日聴くアルバム、と言うのをライブの前日までに考えて、それをスタートさせてから家を出るのだが、この日のアルバムは勝訴ストリップだった。

ギブスを最初にかけて、気分でシャッフル再生にする。
関川さんに話しかける時丁度耳元ではアルバムの一曲目が流れていた。「虚言症」。

ドキドキしながら話しかけた。関川さんの肩を叩きながら、
「関さんおはようございます。今日はよろしくお願いします(…だよな?あってるよな?)。」

「おー!ばんちょ(私の事)、おはよう。今日よろしくね。早いね来るの!」
いつものナイススマイルで返してくれた関川さんの言葉にやっと安堵する。

そして一気にこみ上げてくるこの感覚。
『っしゃー今日ライブだ!!ライブだ!』

この一連の流れだけでも1本ライブをしたような精神的な疲れてが襲ってきた。

カスリキズの次にリハーサルを控えたesolaを筆頭に
次第に揃う共演者達。
あれくれ者のzovが入ってきて、次にMUSHS、操り人形。

我々The life plantのメンバーもその間に集まっていた。

自分達のリハーサルを終えて順々にその場を離れる演者達。物販スペースで支度を始める。

{F58EF901-94AD-4455-951E-16353CDD2405}


そして我々がリハーサルを迎えた時には、多くの演者がフロアに戻ってきていて、見ていた。

The life plantはこの日のオープニングアクター、一番手だからか、顔合わせに合わせて戻ってきたからか。見られてんなー。さてこいつらは一体今日どんな音をだすんだ?一ヶ月どうすごしてたんだ?そんな事を言わんとする顔。

その言葉にならぬ言葉に心で返答をした。
『お前ら今日のライブは俺たちがぶっ壊すからな。歌モノとかほざけ、歌がなくてもこれだけ出来るんだぞ。』

ひとしきりリハーサルを終えて顔合わせをして、いよいよオープン。この時やっと心が落ち着く。オープンと同時に我々が呼んだお客さんたちが次々に集まる。スタート前にはかなり人がいた。一番手としてはここは上出来だろう。呼んだ人たちは皆間に合った。フロアも期待の目で待っている。後はやるだけ。

いよいよライブがスタートする。
The life plantのステージです。


{8038161A-1BF8-4918-B4F5-0ED890B0B2D6}

{84347430-C6F3-4634-B232-633E72255E28}

{FC604E39-0F89-4119-9571-C52B6CF31754}

この写真は篠原海澄氏に撮影してもらったもの。
写真達だけでは表せないライブだろう。
それは見た人たちだけのもの。

ライブはあっという間だった。
予想してた通り津波の様に押し寄せる感情と、演奏という理性の狭間で揺れたライブ。トラブルもあったけど皆は気づいただろうか。無論、そんなものは関係ない。それすらも楽しんだ。トラブルは処理。それは仕事。そんな所は見せちゃいない。

ライブを終えて、しばらく突っ伏していたら、声が聞こえた。

おそらく俺たちが呼んだ客じゃない。
「1バンド目からこれかよ、やばくね?この後のバンドやりずらそう。すげえ。」

The life plant一同の心の声『当然です。』

この日の為にある種の思いを馳せてライブをしてる。
そのライブを観れた人たちは何かしら感じてくれたと思う。それは別段特別な事ではない。

魂削ってライブするのはシンドイ。
そんなバンドが1番手を飾れば、そしてそれを二番手、三番手と超えていけば間違いなく良い日になる。

出来れば自分らのライブを蹴散らすくらいのライブを、この後の全てのバンドに見せて欲しい。というかそうじゃないとやってる意味もない。

そう思いながらセッティングを片付けた。

その後のライブは見た人たちの通りです。

ライブ見に来てくれてありがとうございました。

The life plant ドラムス 梁 雅弘

{D559E01B-B35A-47ED-9C77-B4F08D0973B3}

{AD2DAC33-793D-4B48-89C3-53512A5C735C}

{01125B58-5D68-437E-AE2F-1B1B154786A5}

{A6A56AD0-D326-44DA-91F5-7329EFEC1AF3}

オープン前の機材達。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。