相手に思いや気持ちを伝えるとき

言葉だけじゃけっこう伝わらないことが多い。

 

言葉の数も表現も限られているから、伝えたい思いや気持ちをドンピシャに当てはめる言葉が見つからないことも多い。


言葉に私なりの意味合いや気持ちをいっぱいこめたとしても、相手は相手の解釈やその時の気分があるので、伝わるとは限らない

 

返ってくる相手の言葉で、相手の、私のことや私の悩みに対する重みや軽さを、見て取れることもある。

 

 

勇気を出して悩みを話したとき

そんなふうに思わなかった、そんなことないよ、だってあんな風にしてるからまったく見えないし…などと言われると、なんだかカクンッとくる

 

こう言ったからといって、私のすべてにおいて、そうなのでは無いし、そう見えていても心の中には別の感情が渦巻いていることもあり、嘘言ってないし。

 

悩みって、表向きとは違う心が動くから悩みであって、微妙で繊細なのだよ

 

 

人との交流は、こちらの状態とあちらの状態が絡み合うので、なにかと難しい。

 


伝わらないことがあることを知って、その時どんな気持ちになるかわかって、だから、少しでも相手をわかるために尽くしたいと思う

 


話を聴かせてもらったとき、わたしだったらと想像したり、その人の悩み事の中に入ってみるという空想をしたり、何ならその人になった気になってみたり…できる限り理解したい

 


わからないから、わかりたいという気持ち

 


わかりたいと思う人のことを、深く探求しながら、時をかけて大切に見守っていく

 

 

じぶんのことも、か。を、か。



自分の気持ちは相手にすべては伝わらないこと、相手のことをわかりたいというわたしについて書いたつもりの相変らず思いつきな文章