今年、最初で最後の | 防浪堤は壊れても ~たろうの海から~

防浪堤は壊れても ~たろうの海から~

「防浪提に抱かれて磯の香りも生き生きと」
田老一小校歌の歌い出しです
津波が来ても二重の防浪提が守ってくれると思っていました
津波はその防浪提までも破壊して、ふるさとを壊滅さた
それでも、やっぱり海は麗しいし、川は清い

 今日は天然コンブの口開けでした

 「コンブがない」

 と言われてましたが、やはり全く無いというわけではなく

 オトーサンがんばってます

 「オメー、海と山には無いなんて言葉は使われねえんだ」

 って言われます

 ですよね

 確かにちゃんと採ってるもの

 コンブに棒を絡めて捻る

 取り込み

 

 皆さん天然コンブを採りつつアワビを見て来たと思うんですが

 「いない」

 という声しか聞こえません

 が!

 これは鵜呑みにできない

 アワビを見なかった人は声を大にして

 「いない」

 と言います

 が

 漁期直前

 アワビがたくさん居た場所を発見した漁業者が「いた」なんて言うはずありませんから

 「あの場所を誰も見てませんように」

 ってドキドキが止まらない人もいるはず

 

 本当のことはアワビの口開けにならんと解らん

 

 


農林水産ランキング